仕事で怒られる人の8つの特徴と対処法とは?

あなたは仕事で怒られてばかりいませんか?

仕事で怒られる人は次第に元気を失っていき、仕事が嫌になり、「もうどうでもいいや」と思ってしまいがちです。

この状態が一時的なものであれば少しの間の休息と捉えられますが、長い間続くとあなたの人生がぐちゃぐちゃになってしまうほど危険です。

仕事で怒られることは誰にでもありますが、それを自覚してどうやって改善していくかが今後の鍵となります。

そこで今回は仕事で怒られる人の特徴と対処法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事で怒られる人の特徴

 

同じミスを何度も繰り返す

 

どんな人でも、仕事でミスをすることはあります。

とはいっても、「だから、ミスをしても仕方がない」ということにはなりません。

仕事でミスをした場合は、じゅうぶんに反省し、原因を明確にして、同じミスが二度と起こらないようにする必要があるのです。

それがしっかりできれば、ミスによって仕事で成長することもできると言っていいでしょう。

仕事で怒られる人は、それができません。

ミスをして上司などから怒られれば、その場では頭を下げ、反省の態度を示します。

けれど、内心ではしっかり反省せず、「どうしたら、同じミスが起こらないようになるか」を真剣に考えていません。

原因を究明し、改善策を講じないため、同じミスを何度も繰り返してしまうのです。

一度目のミスは大目に見てもらえたとしても、同じようなミスが二度三度と起これば、どんなに優しい上司や先輩でも、いつかは怒ることになるのです。

【関連記事】
仕事のミスが多い人の習慣7つ

 

報・連・相をきちんと行わない

 

複数の人間がいっしょに仕事をする以上、メンバー間のコミュニケーションが大切になってきます。

仕事の結果や進捗状況を報告しあったり、必要な連絡をしたり、仕事の判断をする前に相談をしたり、コミュニケーションを密にとりながら進めていくのが、仕事というものでしょう。

その3つのコミュニケーションを「報連相」と称していますが、この報連相がきちんと行わない人は、怒られることが多くなります。

たとえば、何かアクシデントが起きた時、「もう処理したし、小さなトラブルだったから、わざわざ上司に報告しなくてもいいだろう」と思って黙っていたとします。

そのアクシデントの話が、ほかの人から上司の耳に入った場合、上司から「なんで、報告しないんだ」と怒られるというケースが少なくありません。

仕事の進め方や判断についての上司や先輩への相談を怠ったため、うまく行かずに怒られるというケースもあるでしょう。

密なコミュニケーションを心がけることが、仕事で怒られないために必要なのです。

スポンサーリンク


仕事を早めに処理しないために、締め切りに間に合わない

 

たとえば、会議やプレゼンなどで必要な書類を、期限付きで作成する仕事を受け持ったとしましょう。

決められた日までに作成しないと、会議やプレゼンに間に合わなくなるわけです。

仕事のできる人は、その期限よりもできるだけ手前で仕上げるべく、自分でスケジュールを組んで、スピーディに仕事を進めていきます。

そうではなく、「締め切りまでに間に合わせればいいや」と考え、きちんとしたスケジュールを組まずに、だらだら仕事を進めていく人もいるでしょう。

何事もなければ、それでも締め切りまでに仕上げられるに違いありません。

しかし、仕事にミスやアクシデントはつきもの。

また、予定以外のイレギュラーな仕事が入ることもあるでしょう。

その場合は、アクシデントの処理や飛び込みの仕事を優先しなければなりません。

結果、先に任されていた資料作成が、締め切りに間に合わなくなり、上司などから怒られるということになるわけです。

早め早めに仕事を進めていくことが、仕事で怒られないためには必要になると考えていいでしょう。

 

ビジネスマナーが守れていない

 

社会人である以上、社会のルールやマナーを守らなければなりません。

ビジネスシーンにおいても、当然守るべきマナーがたくさん存在します。

そのマナーが守れていないために、上司や先輩から怒られてしまう人が少なくありません。

ビジネスレターの言葉の使い方がおかしかったり、メールの形式がマナーに反しているといったケースです。

特に、対外的なマナー違反は、怒られやすいと考えていいでしょう。

たとえば、上司といっしょに取引先に行った時、名刺交換の際にマナー違反をしてしまうということがあります。

非常識な名刺交換のやり方をすれば、隣にいる上司も恥をかくことになりますから、あとで上司から怒られることは避けられません。

また、得意先との接待の飲食などでも、マナーが守れていないために、あとから怒られることが多いのです。

対外的なビジネスマナー違反は、いっしょにいる上司や先輩に恥をかかせるために、特に怒られやすいということになるでしょう。

スポンサーリンク


仕事で怒られるのが怖いと感じた時の対処法

 

先に自分から謝っておく

 

まず第一に、先手を打つという意味で、先に自分から謝っておくという方法があります。

例えば相手の上司などが、あなた自身のミスに気付いたとき、カッと血が上ってしまうようなタイプであれば尚更、怒られる前に自白して誠心誠意謝罪をすることが一番です。

自分がしてしまったミスを正直に言い訳せずに伝えて、ミスしてしまった原因、次からはどうやってそのミスを防ごうと思っているのか、どれだけ反省しているのか、そのミスをカバーするために今どういう風に動いているのかをしっかりと相手に自分から伝えることで、相手のカッとなる感情を抑え、怒られるのを防止できることがあります。

自らミスを認め、相手が気付いてしまう前に言いだし、さらに冷静にそのミスを分析した上で謝罪に行くことで、逆に上司から高評価を得る場合もあります。

 

誰か他の人に間違いがないか確認してもらう

 

もし、可能性として「怒られるかもしれない」という段階で怒られることを恐れているのであれば、それは有るかどうかわからないことにおびえているということですから、大変勿体ないことをしていると言えます。

でも、大きなミスをしてしまった後だったり、感情に任せて怒る上司を相手にすると、そういった心理にも落ちかねませんよね。

こういった場合は、例えば同僚や、身近な信頼できる先輩に自分のしている仕事の再確認を依頼しましょう。

そこで指摘してもらえれば、上司からの指摘で怒られることはないですし、指摘が無ければ少しずつあなたの自信にも繋がり、日が経てばきっと「怒られるのが怖い」と思う回数も減ってくることでしょう。

「出来ているか自信がない」という不安材料を取り除くためにも、周りの人に助けを求めるのも一つの手です。

スポンサーリンク


「失敗しそう」などと予めハードルを下げておく

 

上司から何か難しい案件を頼まれて、威圧的に「重要な仕事だから、よろしく頼むよ」なんていわれてしまった場合、断れないですよね。

でも、明らかに自分の実力からして完璧にこなせる自信が無い場合は、失敗する可能性があることをあらかじめ上司に伝えておく必要があります。

なんでもかんでも気合で乗り切る!といったように「はい!任せてください!」というのが部下の在り方ではありません。

「正直なところを申し上げると、完璧に仕上げる自信がありません。尽力しますが、もしかしたら、途中で教えていただきに来るかもしれません…。」

などと最初から言っておけば、相手の上司もあなたの進捗状況を確認してくれるでしょうし、相手もあなたが失敗したとしても、自分のフォローが足りなかったかな、と反省する姿勢になります。

このように、あらかじめ完璧にこなせる可能性が低いということを示唆しておくことは大変重要なことです。

【関連記事】
仕事で失敗ばかりする人の特徴と立ち直り方

 

相手が機嫌がいい時を狙う

 

もし気分で物事を言うような気難しい上司の場合は、ちょっとずるい手ではありますが、相手の機嫌が良い時に話を持ち掛けるようにしましょう。

明らかにこれを報告したら怒られる…と思う案件がある場合、まずは上司の様子を見てみましょう。

顔色を窺うというと少し言葉が悪いですが、はじめから何か他のことで機嫌が悪い状態の上司にわざわざ火に油を注ぐごとく、自分のミスなどの怒られる話題を持ち掛けるのは良い方法とは言えません。

時間が許すのであれば、怒られるような報告は上司などの相手が機嫌のいい時を狙っていくのがポイントです。

場合によっては、その上司の扱いに慣れている同僚などに協力をしてもらって、ご機嫌を整えてもらってからアタックするというのも一つの手です。

相手も人間ですから、怒られるか否かはタイミングにも大きく左右されるということを覚えておきましょう。

【関連記事】
機嫌が悪い人の理由や特徴と接し方

スポンサーリンク


仕事で怒られる夢の意味

 

仕事で怒られる夢は自分を戒めたいという願望の表れ

 

仕事で怒られる夢を見た時には、夢でも怒られなければいけないのかと思ってしまいますよね。

普段の仕事で怒られて夢でも怒られれば、心が休まる時がありません。

しかし夢で怒られるのは逆夢言って、現実では良い暗示を示していることもあります。

また夢は自分の潜在意識によって影響を受けるとも言われているので、もしかしたら自分を叱って欲しいと願っているのかもしれません。

毎日何気なく仕事をこなしている自分に対して、誰かに活を入れてほしいと思っているのです。

誰でも怒られるのは嫌なものですが、自分自身が怠けている時には誰かに叱ってもらいたいと思うこともあります。

自分ではなかなか改善できないので、誰かにきっかけを作ってもらいたいと願っているので、怒られる夢を見たのかもしれません。

潜在意識の中で何かを変えたいと思っているのかもしれないので、自分自身と向き合ってみるのもいいかもしれませんね。

 

嫌いな上司から怒られる夢は仕事に対する意欲の高まりを表している

 

仕事で怒られる夢を見た時に嫌いな上司に怒られる夢は、仕事への意欲が高まっている暗示かもしれません。

普段から怒られる人といえば上司が多いですが、怒られるたびに上司のことが嫌いになっていきますよね。

愛のある説教や教育だと分かっていても、怒られるのは誰でも嫌なものです。

夢で嫌いな上司に怒られた時には、この上司のことを仕事で見返してやろうと思っているのかもしれません。

注意されたり怒られることは、自分を成長させるためにも必要なことです。

怒ってくれる人がいることは、後から考えるとその人にとって幸せなことだと言えることもあります。

嫌いな上司に怒られるたびに自分が成長できて、しかも見返してやろうという反骨精神が芽生えてきます。

このパワーによって仕事への意欲が増し、どんな困難な状況でも突破しようと意識が高まっているのかもしれません。

スポンサーリンク


好きな上司から怒られる夢は仕事への意識が低下している

 

好きな上司から怒られる夢を見た時は、現状の仕事に対してモチベーションが下がっているのかもしれません。

仕事で怒られる夢を見るのは、大抵は嫌いな上司や普段怒られている上司の方が多いものです。

現実に怒られるような人がいれば、夢で見る可能性も高くなるでしょう。

しかし夢では好きな上司の怒られた時には、今の仕事に対して意欲が低下していたり、甘えが出ている暗示かもしれません。

嫌いな上司なら反骨精神で反論することもできますが、好きな上司の場合は素直に受け入れやすいですよね。

好きな上司の場合には優しく怒られる夢を見ることが多いですが、これは自分に対しての警告なのでしっかりと受け止める必要があります。

仕事の意欲やモチベーションの低下は、仕事に対しての不満やストレスが原因かもしれません。

現実でも仕事に対しての不満があれば、早急に対処した方がいいかもしれません。

 

怒られても反論している夢は成長するチャンスを秘めている

 

仕事で怒られる夢の意味にはいろいろありますが、怒られても反論していれば更なる成長が期待できます。

現実でも高い目標を持っている人はどんなに辛い状況でも、反骨精神で乗り越えることができます。

自分で設定した高い目標に向かって突き進んでいるので、まわりに何を言われても反論するだけのパワーを秘めています。

夢の中で仕事で怒られたのに反論していれば、さらに上を目指しているので成長できるチャンスです

自ら設定した高い目標があるからこそ、自分よりも立場の上の人に対して反論することができます。

例え失敗したとしても目標に向かって突き進むパワーは、相当なエネルギーが必要です。

夢の中で反論しているパワーがあれば、どんな失敗でも乗り越えるだけの力を秘めているはず。

夢で怒られても反論しているなら、更なる高みを目指して努力し続けましょう。

スポンサーリンク


仕事で怒られる人から脱却しよう

 

いかがでしょうか。

仕事で怒られる人は必ずしもあなた自身に問題があるわけではありません。

あなたの才能にその仕事がマッチしていなかったり、環境が合わなかったりすることも多々あります。

しかし、だからといって人のせいにして、何も行動しなければ一生言い訳ばかりの人生を歩んでいくことでしょう。

今のあなたに選ぶことができる道は2つだけです。

それは、あなたの好きなこと、ストレスを感じない仕事や職場を探し続けること。

そしてもう1つは今の仕事を続けて、努力し、今の環境を変えていくこと。

このどちらかだけです。

しっかりと探し続けることができれば、今の仕事や職場以上にあなたに合うところはあるはずです。

また、今の仕事にやりがいを感じているのであれば、コツコツと努力し、実力をつけたり、今の先輩や上司が仕事をやめたり、出世したりするのを待てば、必ずあなたにいい風が吹く日がやってきます。

大切なのは決断することです。

先程述べたように、人のせいにして何もなければ、いつまでも未来は変わることはありません。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク