40代で再就職する方法9つ

40代からでも再就職できるのだろうか?

そんな不安や心配を抱えている人は数え切れいないほどいます。

あなたもそんな環境の一人だったらやはり同じような気持ちのはずですよね。

ではいったいどうすれば再就職できるのか。

そこで今回は40代で再就職する方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


40代で再就職する方法

 

再就職を実現するための鉄則がある

 

40代の再就職となると、普通の転職ルートでは就職する事ができません。

今の時代では、40代が再就職するためには、知識も資格も重要で、転職とは訳が違います。

転職は自分の力を試したい、職場に合わないなどの理由ですが、再就職は職を失ってから就職する事になり、この違いは把握しないといけません。

職業訓練を受けつつ、職業支援サービス窓口などに行くのは第一候補で、失業手当なども同時に受けましょう。

他にも雑誌、新聞、転職サイト、人脈、広告で探すなど40代と言う年齢では範囲も広げないといけません。

もしも、自分が採用する側だったら、20代や30代の方が有利に思うはずなので、40代と言う立場を考えて、幅は広げておきたいです。

 

40代は今までとは違う!再就職のためには資格取得も方法の内

 

昔に転職経験がある、30代の頃にも再就職などの経験があっても40代となると全く違います。

再就職のために資格も必要になる可能性もあり、職業訓練校で資格を取得するのも方法の一つです。

もちろん、一年、二年などの時間就職先が決まらずに何もしていないなら、採用側に訴える何かが欲しいです。

就職先をただ探していただけでなく、資格取得に打ち込み、更に日雇いで生活し、必死に色々な勉強をしていたと言った方が印象が上がります。

例え、試験を受けた会社が資格の勉強とは関係のない職場であっても、何をしていたかが重要になり、採用側も怠惰な人と見ません。

中には、40代で持っておくと、有利な資格なども掲載されているため、これを取得しているのも人と差を付ける方法です。

スポンサーリンク


未経験は厳しいのが現状であり、40代ならではの仕事を探すのも手段の一つ

 

40代と言う年齢で再就職先を探すのは現実的には困難で、優秀なスキルを持っていない限り簡単にはいきません。

資格と言っても、人が持っていない様な重宝される資格を持っているなら話しは別になりますが、年齢フィルターに掛かってしまっては元も子もありません。

タクシードライバー、介護施設、トラック運転手の様に40代の人を優先している企業もあり、考えようと言う事もあります。

現実的に見た後に、上記の三つで仕事をしながら別の場所を探す方法が収入も入り、安定します。

就職先を探す際の印象付けにもなるだけでなく、その間に経験を積む事も可能です。

 

条件ばかりに執着しない

 

40代で再就職をするというのは、一般的に難しいと言われます。

求人情報誌や職業紹介所、またインターネットを見ても年齢の条件が付いていたり、これまでの経験を重視された利する場合も少なくありません。

そんな時に求人を見て、あーこれは自分にはできないやと思うこともあるのではないでしょうか。

求人を探すときに、自分の条件をあらかじめすべて決めて探してしまうと、結局該当するものがなく、求人を見つけることが出来なかったと言うこともあります。

そのために大切なことはどうしても譲れない条件を一つか二つだけに絞って探すということです。

それを行うことによって求人を見つけやすくなるでしょう。

スポンサーリンク


職場の平均年齢や上司の年齢にも注意

 

40代で再就職をする場合、その年齢というのは気になるところです。

しかし、日本は昔のように終身雇用制で働くスタイルではなくなってきています。

チャンスがあればステップアップのために転職をする人も多いのです。

反対に不景気やリストラの影響で再就職をしなければならないという人も少なくありません。

そんな時に求人を見つけたら1つ確認しておいた方がいいことは、その職場の平均年齢や上司になる人の年齢です。

全く気にならないという人はいいのですが、自分の上司が自分よりも若いという場合、また平均年齢が自分よりも10歳以上若いという場合は、すぐに職場環境に慣れないということがあります。

そのために40代で再就職を成功させる方法の一つは、上記の年齢のことを参考にするとよいでしょう。

 

やっぱり自分の好きなことをするのが一番いい

 

40代で再就職をする場合、それまで職務経験があるということですね。

これまでどんな仕事をしてきたのでしょうか?

自分に合わない仕事をして嫌で辞めたという人もいるかもしれません。

もしも再就職をすることになったら、40代というと、これからずっと働く可能性が高くなるということでしょう。

50代などになって再就職はまた難しくなりますから、40代のうちにチャンスをつかんでおきたいという人は少なくないです。

そのために再就職を探す方法としては自分の好きな分野で探すということが大切です。

それが一番長続きする方法であり、やりがいを持って働くことが出来るからです。

スポンサーリンク


40代で転職を決める前に

 

40代での転職はヘッドハンティングなどで転職する以外は、なかなか好条件での転職は難しくなってきます。

専門スキルがあるならば、それをさらに伸ばしていくようにしましょう。

転職の場合はほとんどが以前よりも収入が下がってしまうようです。

どの会社に入っても新入社員と同じような扱いです。

そのため、会社の倒産などで転職せざるを得ない状況以外は、転職する前にもう一度考えてみたほうが良いかもしれません。

しかし、仕事が原因で病気などになってしまった場合は、まずはゆっくりと静養して、仕事ができる体力をつけて行くことが先決です。

 

ワークライフバランスの取れた仕事に就く

 

40代は若いころよりも年々体力が落ちてきて、無理が利かなくなってきます。

また身体が変わる時期でもあるので、無理をしすぎないように気をつけましょう。

日頃、不摂生をしている人は、生活習慣病のリスクが高まる世代です。

40代は大病にもなりやすい世代です。

良い仕事をしていくためにも、規則正しい生活習慣を身に付けて行くことが重要です。

また、きちんと休息を取ることも、良い仕事をするためには大切なことです。

ワークライフバランスを考えて再就職をすることも重要です。

過労がたたって、仕事ができなくなってしまうと、将来的に大きなリスクを背負うことになってしまいます。

スポンサーリンク


時間管理を含めて仕事ができる人材になる

 

良い仕事をするためには良い休息や休暇の過ごし方が大切です。

仕事ができる多くの人が、ワークライフバランスを上手く取っています。

さまざまな責任が重なってくる世代ですが、自分の健康管理はきちんと行い、無理をしすぎないように気をつけましょう。

仕事の時間を増やすよりも、効率の良い仕事をする方法を見つけるようにしましょう。

作業効率が上がれば、余計な経費を削減できますし、会社側にもメリットになります。

再就職を成功させていくためには、時間管理も併せて仕事ができる人材になっていきたいものです。

仕事ができる人材は年齢を問わず、企業が欲しい人材になっていきます。

 

40代で再就職する方法のまとめ

 

  • 再就職を実現するための鉄則がある
  • 40代は今までとは違う!再就職のためには資格取得も方法の内
  • 未経験は厳しいのが現状であり、40代ならではの仕事を探すのも手段の一つ
  • 条件ばかりに執着しない
  • 職場の平均年齢や上司の年齢にも注意
  • やっぱり自分の好きなことをするのが一番いい
  • 40代で転職を決める前に
  • ワークライフバランスの取れた仕事に就く
  • 時間管理を含めて仕事ができる人材になる

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク