臆病者の特徴や恋愛と臆病な性格を治す方法とは?

臆病者とは、気が小さかったり、勇気を出すことができない人のことを言います。

また、ちょっとしたことですぐに不安になってしまい、実際に行動することができない人も臆病者の共通点といえるでしょう。

あなたは自分で臆病者だなと感じることはあるでしょうか。

仕事面であれ恋愛面であれ、自分は臆病だなと感じる瞬間は誰にでもあります。

それは人の本能として、やはり傷つきたくないという心理が働いているからです。

では、具体的な臆病者の特徴には一体どのようなものがあるのか気になりますよね。

そこで今回は臆病者の特徴についてご紹介していきますので、あなたや周りの人に当てはまる部分があるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

また、臆病な性格を治したいと考えている人も大変多いです。

そんな人たちに向けた改善方法もご紹介していますので併せてご覧ください。

【目次】

スポンサーリンク

臆病者の特徴とは

 

失敗を極度に恐れる

 

何をするにも失敗を極度に恐れる人は臆病者と言われて仕方がありません。

日常生活から社会の中で自分の役割りが与えられる仕事まで、ありとあらゆる物事に対して「自分はダメな人間で失敗する」と過剰に思ってしまう。

他者から見れば優れた実績、能力を持ち合わせている人間でも、本人は自分のことで精いっぱいで何も出来ないと一方的に考えています。

実際はやれば出来ることでも謙遜して身を守ろうとすること、羨むような能力を所持しているのに一向に手の内を見せようとしません。

失敗を極度に恐れることで引き起こす弊害は多く、人間関係にさえ影響を与えてしまうでしょう。

謙遜のし過ぎも問題で、失敗を恐れて何事も挑戦せず保守的な考え方では成長することはできませんよね。

臆病者と呼ばれてしまうのも、そのような過剰な自意識過が原因となり相手が呆れてしまうからです。

失敗は誰だって怖い、だからみんなが懸命に工夫をしながら乗り越えようとします。

そんな努力を直ぐに放棄してグダグダと弱音を吐き続ければ、良い運もついてきません。

臆病者は失敗を極度に恐れて何も行動しない人を指します。

スポンサーリンク

権力者に屈する

 

どんなに間違った命令でも権力者に従おうと躍起になる人は臆病者でしょう。

過去に権力者に逆らうと何をされるか分からないといった恐怖の歴史はありましたが、現在の日本でそのような現象は少なくなっています。

社会で出て組織の中で働くようになると、必ず横暴な命令や態度を示す上司や管理職の方がいます。

そんな狭い組織の中でしか通用しない権力者に対して、何でも言うことを聞く姿は臆病者ではないでしょうか。

もちろん、仕方がなく権力者の言いなりになってしまうような環境では、逆らうと不利益を生むこともあります。

しかし、一部の権力者の我儘で自分の人生が決まるのは考えようです。

臆病者はそんな権力者に対して意見も言えませんし、どんなに無理難題な命令でも耳を傾けてしまう。

現在問題となっている働き方にも関係しますが、組織の中で良い人間関係を築こうとした結果が権力者に屈することなら、そんな人間関係は優れているとは思えません。

自分の利益を放棄してまで権力者に従う利点は存在するのでしょうか。

第三者から見れば「情けない」や「臆病者だ」と映ってしまいます。

スポンサーリンク

矢面に立てない

 

臆病者は人前に立つことが極度に苦手で、何かに失敗すれば逃げようと必死になります。

たとえ応援してくれる味方が多くても、その味方を身代わりにしてまで楽をするのです。

決して矢面に立とうとせず、自分の仕事や大切にしている事柄まで簡単に放棄する精神。

非難の目が此方に向けば直ぐ言い訳を行い、優れた意見を聞こうともしません。

矢面に立つ人間は人生経験と意見を聞く姿勢、さらには失敗により不利益を受けた者へ誠意ある対応が求められます。

そのように、他者に対する感謝の気持ちや本当に申し訳なく思う精神が、臆病者には根本的に足りません。

どんな状況でも逃げることで頭がいっぱいですし、挙句には他者に責任を擦り付ける行動に出ます。

臆病者と呼ばれる人たちは、相手の立場と自分の立場を天秤にかけても自分を優先し、物事を捉える能力が大変未熟です。

責任逃れは周囲の関係性を崩壊させ、崩壊によって多くの人間たちに悪い影響が出てしまいます。

悪い影響を考慮しても自分の安全が第一。

そんな臆病者の自己中心的な考えにより、周囲の環境が滅茶苦茶になってしまうのです。

スポンサーリンク

臆病者の恋愛の特徴とは

 

片思いの恋で終わることが多い

 

よほど恋愛経験豊富な人は違うかもしれませんが、だれでも恋をすると、好きな人の前ではドキドキしてしまうもの。

そのため、積極的にアプローチできないことが少なくありません。

その傾向が特に強いのが臆病者ということになるでしょう。

臆病者の恋愛の代表的な特徴は、「片思いの恋に終わることが多い」というものですが、この特徴が生まれるのは、自分からアプローチできないからにほかなりません。

好きな人ができたとしましょう。

交際したいという気持ちを強く持っていても、臆病者は「告白して断られたらどうしよう」と考えてしまいます。

失敗して自分が傷つくことを想像し、それに恐怖を感じるために、アプローチすることができません。

二人きりで飲みに行くなど、アプローチしたり告白したりするチャンスが訪れても、失敗した時のことを想像し、二の足を踏んでしまいます。

自分からはどうしても告白できないために、友人に頼んで思いを伝えてもらおうかと考えることはありますが、その場合でも、「断られたときは、自分が傷つくだけでなく、友達にも迷惑をかけてしまう」と考えて、友達に頼ることもしません。

その結果、どんなに強い恋愛感情を抱いていても、結局、片思いで終わってしまうことが多くなるわけです。

スポンサーリンク

恋人を束縛してしまう

 

臆病者でも、意を決して告白して、「OK」をもらうことはあります。

こちらから告白できなくても、両思いで、相手から告白されてつきあうようになることもあるでしょう。

そのようにして交際がスタートすると、恋人を束縛してしまうのが、臆病者の恋愛の特徴です.

臆病者は心配性なために、恋人の浮気をひどく心配します。

「浮気されたらどうしよう」と考え、浮気されて捨てられることを想像して恐れるのです。

臆病者でなくても恋人に浮気されることを心配するのがふつうですが、その心配の度合いが、臆病者は強すぎると考えていいでしょう。

たとえば、自分は仕事で、恋人は休みだったとします。

そのような場合は、「休日はだれとどこへ行くのか」ということを事前に知ろうとしますし、その当日はひんぱんに連絡して、「今、どこにいるのか」「何をしているのか」など、恋人の行動を細かくチェックしないではいられません。

恋人が「友達と飲んでいる」というような返事をしてくると、その証拠の写真を送らせようとすることさえあります。

恋人に浮気されたくない一心から、必要以上に恋人を束縛してしまうのが、臆病者の恋愛の特徴ということになるでしょう。

スポンサーリンク

恋人のご機嫌を取りがち

 

臆病者が恐れるのは、恋人の浮気だけではありません。

恋人から嫌われることも大いに恐れています。

そのため、何かというと恋人のご機嫌を取ろうとするのが、臆病者の恋愛の特徴ということになるでしょう。

デートの行き先や内容も、恋人の希望通りにします。

たとえばドライブデートで、恋人が「静かな高原をドライブしたい」と希望すれば、自分は「海に行きたい」と思っていても、高原を選ぶのです。

食事をする場合も同様で、自分は食べたくないと思ったものでも、恋人がそれを食べたがれば、恋人に従います。

また、誕生日などの記念日でなくても、恋人のご機嫌を取るためにプレゼントを贈ることが少なくません。

さらに言うと、恋人とケンカをすることを大変に恐れます。

ケンカして別れるようになったり、嫌われたりすることを恐れているため、ちょっとでも険悪なムードになると、あわてて謝ります。

自分に非がないと思っていても、自分が悪かったと頭を下げてしまうのです。

それは、そうすることによってケンカになることを避けようとするからにほかなりません。

恋人に合わせたり、プレゼントを贈ったり、すぐに謝ったりして恋人のご機嫌を取ろうとするのが、臆病者の恋愛の特徴ということになるでしょう。

スポンサーリンク

臆病者を治す方法とは

 

開き直ることを覚える

 

恋人や友だちから痛いひと言を告げられ、あれこれ悩んでいるうちに眠れないまま夜が明けてしまった…。

そんな経験をすることが比較的多いのは、やはり臆病な性格の人です。

臆病な人は、基本的に何でも自分に責任があると思ってしまいます。

したがって、少しでも気になるような言葉を投げかけられると、長期間に渡って考え込むハメになるのです。

そういった臆病な性格を治したいなら、まずは「開き直ることを覚える」しかありません。

実は大多数の人は、いろいろなことを他人のせいにして生きているのを知っていますか?

臆病な人は根が真面目すぎるため、そのことに気づかないまま、問題の全てを自分の中に抱え込んでしまうわけです。

もちろん何か指摘されるたびに開き直っていては信用を失いかねませんが、自分の心のバランスを取るためにも、時には他人のせいにして話を終わらせるべきだといえます。

最初は開き直ることに罪悪感を覚えるかもしれませんが、これは臆病者を治すための基本中の基本になりますので、強く意識しつつ勇気を振り絞って、なるべく早く実践に踏み切りましょう。

スポンサーリンク

成功者のマネをしてみる

 

臆病な人に共通する特徴を、あなたは把握していますか?

それは、「自分に自信がない」という特徴です。

自分に自信がないから余計に他人の目が気になったり、小さな問題でもクヨクヨと悩むことになってしまいます。

そんな臆病な人がやってみるべきなのは、「成功者のマネをしてみる」ことです。

なぜかというと、成功者はみんな自信にあふれ、臆病な素振りは一切見せないものだからです。

マネをしろといわれても具体的にどうすればいいのかわからない…と思うかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はありません。

たとえば成功者が高価なスーツを着ていれば同じものを買ってみるのも手ですし、上品な話し方をしていればその口調をマネしてみるだけでも効果はあります。

簡単にいうと、あえて形から入るわけです。

もちろんそうすれば短期間で必ず臆病者が治るわけではありませんが、元々臆病な性格を治すのには時間がかかります。

最初は焦らず形から入り、それに引っ張られるように内面が変わるのを待てばいいのです。

対象とする成功者は誰でも構いません。

テレビでよく見る芸能人や、話題になっている実業家など候補はたくさんいますので、じっくり時間をかけてお気に入りの人を探してみましょう。

スポンサーリンク

主導権を握るよう努める

 

他人と会話をしていると、どうもソワソワして落ち着かないし、自分の考えも上手く口にできない…。

臆病者にとって、他人とのコミュニケーションはたいへんハードルの高い作業です。

常に自分と相手との距離感を気にしながらやり取りをするため、それだけで非常に大きな疲れがたまってしまいます。

では、そんな自分を変えるためにはどうすればいいでしょうか?

その方法はたったひとつ、「主導権を握るよう努める」ことだといえるでしょう。

つまり、相手の出方を待って対応する側に回ってしまわず、逆に相手に対応を迫る側に回ってしまえばいいのです。

最初のうちは難しいかもしれませんが、たとえば相手から何か質問がきそうだなと思ったときは、それを制するように自分から何らかの質問をぶつけたりしてみましょう。

すると当然相手が対応する側に回りますから、自分が何を聞かれるのかとビクビクする必要もなくなります。

そしてだんだん慣れてくると、自然に他人を自分のペースに巻き込めるようになるのです。

これは臆病者を治す上でたいへん効果が期待できる方法ですので、ぜひとも実行に移してみましょう。

スポンサーリンク

臆病な人は仕事ができない

 

いかがでしょうか。

臆病者は仕事ができないとよく言われがちですが、それは単純に間違いと言ってもいいでしょう。

臆病な人だからこそ、すべてのことに慎重になりますし、仕事のミスも減る傾向があります。

もちろん臆病者に向いてる仕事と向いてない仕事があるのも事実です。

性格的に臆病な人は、どのような仕事を選ぶかが重要になってくるというわけです。

例えば管理する仕事だったり、チェックすることが多い仕事などは多くの人が嫌がることですが、ミスを恐れる臆病者は愚直にそれをやり続けるため、職場からは貴重な存在となり得ます。

仕事と言うとやはり営業などをイメージする人が多いですが、決してそればかりではないことをしっかりと頭に入れておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク