横柄な態度をとる上司の対処法6つ

あなたの上司は横柄な態度をとっていないでしょうか。

横柄な態度とは「いばって、人を無視するような態度」を表す言葉として使われています。

こういわれると、そういえばあの上司は横柄な態度かもしれないな・・・と思うかもしれません。

たいていこのような上司は嫌われ者ですが、仕事上ではしっかりとコミュニケーションをとらないといけないこともあるでしょう。

そこで今回は横柄な態度をとる上司の対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


横柄な態度をとる上司

 

与えられた仕事は完璧にこなすようにする

 
横柄な上司は、仕事のできない部下を見下す傾向があります。

そのような上司から、もし「仕事ができない人間」というレッテルを貼られてしまった場合、何かと攻撃され、いらぬストレスを溜め込むことになります。

なので、そんな上司から仕事を与えられたら、完璧にこなすように頑張りましょう。

上司に対する一切の感情をシャットアウトし、仕事を完璧にこなすことだけに集中してください。

自分が与えた仕事をきちんとこなせば、上司の態度もだんだん変わってきます。

横柄だった上司も、「この部下をバカにしてはまずい」と思うようになるのです。

そして、仕事に集中していれば、いつの間にか、上司の横柄さも気にならなくなります。
 

隙を作ることなく、礼儀正しく接する

 
横柄な上司に対して、嫌悪感を丸出しにしたり、バカにしたような態度を取ったりすると、すぐに攻撃され始めます。

又、学生気分がいつまで経っても抜けないような隙だらけな態度も、横柄な上司からバカにされる原因となり、心ない言葉が飛んできてストレスになることも多くなるでしょう。

まずは、隙のない態度でいることが大切です。挨拶はきちんと・言葉遣いは常に丁寧に、と心掛けてください。

常に礼儀正しい態度を取ることで、上司をリスペクトしているように思わせることが大切です。

周りから見れば、横柄な上司よりも、常に礼儀正しい部下の方が、人間的に立派に見えるものです。

スポンサーリンク


頭に来ても、上司の話は最後まで聞く

 

上司から横柄な態度を取られると、ついつい反論したくなってしまいますが、短気を起こしてはいけません。

いくら頭に来ても、上司の話は最後まで聞きましょう。

途中で口を挟んだりすると、このタイプの上司は必要以上に激怒し、トラブルに発展します。

そうなれば、その場にいる他の人にまで迷惑がかかります。

横柄で嫌な上司であっても、所詮は仕事だけの付き合いです。

「一生連れ添うわけではない」と割り切って、会社の中だけは表面的に上司に合わせる、というしたたかさも必要です。

 

横柄な上司の性格を分析する

 

横柄な態度を取る方は冷静に観察してみると割と分かりやすい性格をしている方が多いです。

その為、冷静に観察すれば「どう言えば納得するか」「どういう態度を好むのか」等、相手の性格や好みが少なからず見えてきます。

横柄な態度を取る方とは正論で真っ直ぐぶつかると衝突してしまうだけなので、自分の本音は隠し、素直に表現するのは避けます。

横柄な方はどこか他人を無意識に見下している事が多く、自分の意見に対して反対、意見する人を嫌う傾向にあります。

なのでまずは相手に対してどの様な態度を取るのが正解なのか、それを探してみましょう。

その為、まずは苦手意識があったとしても、その相手に積極的に近づく必要があります。

スポンサーリンク


横柄な上司の自分への評価を上げる

 

横柄な態度に納得がいかなくても相手はあくまで「上司」です。

上司と対立してしまう様なことがあると、ご自身の今後に影響を及ぼしかねません。

ですのでそれだけは絶対に避けるべきです。

上司と対立せず、自分への評価を上げる為には、まず上記にあることが必要になります。

その内容は相手によって変わってきますが、大体共通する部分も存在します。

その中でも多いものとして、「自分に対して忠実な者」に対して極端に甘くなる傾向があります。

まずは相手の発言に対して反論はせず、出来ることなら即答で了解、謝罪をし、その上で更に指示やアドバイスを仰ぎます。

上司に対して自分は「尊敬し、頼りにしている」そういう態度を取るのです。

しかし、全てにおいてそれをし過ぎると、「そんな事も自分で考えられないのか」と言われかねないので注意が必要です。

それと露骨に取り入るような発言や行動を取り過ぎると、上司は良くても周りから反感を買ってしまう可能性があるので同僚へのフォローも忘れないようにしましょう。

 

常に冷静を心がけ、決して腹を立てない

 

どのような形で横柄な上司に対応する時も自分が冷静さを欠いてしまっている状態では何事も上手くいきません。

何を言われようともまずは一旦冷静になり、上記のことを思い出してみて下さい。

相手に自分の感情をぶつけても誰も得はしません。

むしろ自分が損してしまうだけなので、出来ることなら相手の横柄な態度を逆手に取り、コントロールするぐらいの気持ちを持ち、冷静に対処しましょう。

最後に、どのような方法を取っても横柄な上司とのやり取りは常に自分へのストレスになります。

ストレスは溜め過ぎてしまうと必ずどこかで爆発してしまうので、適度に自分なりの方法でストレスを発散しましょう。

横柄な上司を対処する為にも、まずはご自身の精神面を整え、穏やかな気持ちで物事に対応できるよう心がけることが問題に対する何よりの方法なのかもしれません。
 

横柄な態度の上司を持つ部下の対応を覚えよう

 
いかがでしょうか。

意外と横柄な態度をとる上司というのは多いものです。

そんな上司にいちいち腹を立てていてはキリがありませんし、ストレスがたまりっぱなしで精神的にもよくありません。

仕事の評価が上がるわけでもありませんので、ぜひ今回ご紹介したことを参考に、適した対応をしてみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク