あざとい女の特徴的な行動とあざとい女がうざいときの対処法とは?

あざといの意味とは、その行動ややり方があくどかったり、抜け目がなく小利口に振る舞うといった意味です。

そして「あざとい」とセットで使われやすいのが女性です。

あざとい女は特に恋愛や仕事面で本領を発揮するものですが、その行動ややり口は人によって様々です。

そこで今回はあざとい女の特徴的な行動についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

また、あざとい女のことを嫌いだと思っている人も多いことでしょう。

そんなあざとい女をうざいと思っているときにはどうすればいいのか、その対処法についても触れていますのでぜひ参考にしてみましょう。

【目次】

スポンサーリンク

あざとい女の特徴的な行動

 

できないふり、弱いふりをする

 

あざとい女は、わざと自分を実体よりも低く見せ、できないふりや弱いふりをするという特徴を持っています。

仕事を例に説明しましょう。

たとえば、上司からある一定量の仕事を任されたとします。

それを今日中に仕上がるように言われた場合、「自分の力ならこれくらいの仕事は一人で仕上げられる」と思っても、人にはそうは言いません。

同僚の男性がその仕事の量を見て、「大変そうだね。一人で仕上げられる?」と聞くと、「ちょっと自信ありません」と答えるのです。

その答えを聞いた同僚男性は、「手伝おうか」という申し出をするかもしれません。

実は、あざとい女はそうした申し出を相手がすることを計算して、わざと「自信ありません」と答えたのです。

重い荷物を持つような場合も同様です。

体力に自信があり、平気で自分で運べるような荷物だったとしても、軽々と運ぶ姿を人には見せません。

わざと重そうな様子を見せて、近くにいる男性が「持ってあげるよ」と申し出ることを期待するのが、あざとい女の特徴と言っていいでしょう。

あざとい女は、わざと自分ではできないふり、弱いふりをすることによって、周囲の人、特に男性の気を引こうとするのです。

スポンサーリンク

人によって態度や接し方を変える

 

相手と自分の関係性などに応じて、人に対する態度や接し方を変えるというのも、あざとい女の大きな特徴と言っていいでしょう。

あざとい女は、常に自分の損得を考えながら行動します。

損になりそうなことには手を出しませんし、特になりそうだと計算したことは積極的に行います。

その損得勘定が、人によって態度を変えるということにもつながると考えていいでしょう。

たとえば、職場の上司との関係は、良好にしておくことが自分の得になることは間違いありません。

ですから、あざとい女は上司には最高に感じの良い接し方を心がけ、上司の役に立てそうなことは積極的に申し出るのです。

逆に、「できない後輩」など、自分にとってなんの得にもならない相手に対しては、冷淡な対応をするのが、あざとい女ということになるでしょう。

男性に対しても同様です。

自分が好意を寄せている男性には、相手を喜ばせるために最善の努力をし、媚びを売って自分をアピールしようとしますが、関心のない男、好きではないタイプの男性に対しては、そっけない態度を見せるのです。

自分にとっての損得を考えるため、相手によって、まるで別人のような態度や行動を見せるのが、あざとい女のいやらしい特徴と言っていいでしょう。

スポンサーリンク

涙を有効利用しようとする

 

涙を有効利用しようとするのも、あざとい女の特徴の一つです。

涙は女の武器という言葉がありますが、あざとい女にとって、涙はまさに最高の武器になると考えていいでしょう。

たとえば、職場内で、同僚から傷つくようなことを言われたとしましょう。

そんな時、あざとい女はわざと席を外し、部屋の片隅に移動して、そこで一人静かに涙を流して見せるのです。

そんな様子を見ていれば、他の同僚は「かわいそうに」と感じるはずです。

「だいじょうぶ? 元気を出しなよ」と声をかけてくる同僚もいるかもしれません。

人から関心を持たれたい、人から同情されたいと考えているあざとい女にとって、それは計算通りの反応と言っていいでしょう。

同時に、彼女を傷つけるような発言をした同僚も、彼女の涙を見れば、「悪いことをした」と感じるに違いありません。

これも、あざとい女の計算です。

自分を傷つけた相手にそのように反省させ、他の同僚からは同情される、そのことを計算した上で涙を見せるのが、あざとい女ということができるでしょう。

ここにも、「そうすることが自分にとって得」という計算が働いているわけです。

スポンサーリンク

男性を見る目がある

 

あざとい女性で最も多く感じる要素として、男性を見る目があります。

特に、恋愛関係に持ち込みたいと考えている男性に対して、野獣のような欲望に満ちた眼光が特徴的です。

第一印象から感じることが多いですし、男性の言葉や見た目など、表面的な特徴しか見ようとしない様子が伺えるでしょう。

肉体関係を持ちたいと考えることも、あざといと感じる女性で多く、異性にモテたい・目立ちたい考えからの行動も多いです。

ぶりっこ体質と非常に似ていると思いますし、男性を見る目からは強い性欲を感じて、その気がない男性にとっては脅威の存在となります。

あざとさは女性の武器でもありますが、その要素を制御せずに、欲望のままに他者にぶつけてしまう女性がたくさん存在します。

恋愛で悩む女性があざとくなる傾向もあり、行遅れたそうな方や恋愛で充実した生活を送れない女性たちが、あざとさを身に付けているのです。

ですから私生活や恋愛を含めて、多くの悩みを抱える女性があざとさというモンスターを抱えてしまい、なりふり構わず男性を誘惑するといった環境が構築されるのです。

スポンサーリンク

自分のことが分からない

 

女性特有のあざとさには天然も存在しますが、多くの方が「自分のことが分からない」や「自分のことを理解しようとする」意思があります。

誰かに認められたいという承認欲求も存在し、その女性の中で試行錯誤を繰り返している場合もあるのです。

発展途上中の人格から、あざとさ溢れる行動を起こすなど、良い意味でも悪い意味でも成長の途中なのです。

温かい目で見られる大人には、そのような女性を対処する術を持っていますが、厄介なのは、対処する術を持たない若い男性や、同世代や後輩の女性に対する攻撃的な立ち振る舞いが目立ちます。

ヒステリーと呼ばれることもありますが、自己の考えや意思が社会でどう映っているのか、または何故生きているのかなど、自分自身を理解しようと必死です。

家庭を持つ女性が性格的にも落ち着く方が多い理由も、お子さんの存在や社会的な充実度があってこそで、あざとい行動や仕草から卒業したからです。

まず精神的な安定には自分を理解することが大切で、天然以外の作られたあざとさは、女性の社会的欲求や精神面が否応に大きく影響しています。

 

性格の裏表が激しい

 

あざとい女性の特徴として、親しい人や好かれたい人には優しく振る舞うことが挙げられます。

嫌いな人には無視するなど、人間関係の好き嫌いがはっきりと表れ、仕事やプライベートでも性格の裏表が激しいですし、猫を被っているような振る舞いも目立ちます。

あざとい振る舞いをしている姿よりも嫌いな人に対する姿のほうが本当の姿で、二重人格のようにさえ見えます。

要は日頃からあざとい自分を演じている女性が多く、演じることに疲れているともとれます。

一度、荷が下りれば感情が爆発することも少なくありませんし、性格も激しく変化する様子もあざとさが生活に邪魔になっています。

だから、感情の起伏が激しい女性はあざといと感じることが多いのです。

演じることに疲れて心の余裕が無い場合もあって、精神的な疲れは本人以外の他者でも感じられるほどです。

ただ異性にモテたい、認められたいという理由以外でも、あざとさで自分の本性を隠すといった女性も存在します。

そのような部分で、どうしても性格の起伏が激しくなってしまい、人間関係が複雑化することが多いことも特徴的です。

スポンサーリンク

あざとい女が嫌いなときの対処法

 

できるだけ関わらないようにする

 

あざとい女の言動を見ていると、こちらが不快になるばかりです。

そんな女とは関わらないのが一番。

身近にあざとい女がいるなら、できるだけ距離を置いて、関わらないようにしましょう。

あざとい女というのは、あざとさが身に着いてしまっていますから、注意したところでかんたんに直るものではありません。

何か言葉を発したり、行動を起こすたびに、いちいち人を不快にさせてしまうのが、あざとい女なのです。

たとえば、同じ職場にあざとい女がいたとしましょう。

職場の同僚である以上、まったくコンタクトをとらないというわけにはいきません。

仕事上のコミュニケーションは図る必要があります。

時には雑談をするということもあるでしょう。

しかし、その場合でも、必要なコミュニケーション以外は、できるだけ話をしないようにし、あちらから何か話しかけてきても、適当にあしらってスルーするようにしましょう。

その人のことを「あざとい」と感じているのは、あなた一人ではないはず。

他の多くの人も同じように感じているはずですから、あなたがそのように冷たくあしらったとしても、誰もあなたを責めることはありません。

関わらないようにして、放っておくこと、これがあざとい女の対処法ということになるでしょう。

スポンサーリンク

あざとさを指摘し不快感を伝える

 

あざとい女があまりに近いところにいる場合や、どうしても深くかかわらなければならない関係にあるというケースもあるでしょう。

そんなケースでは、実害を受けることもありえますし、その女のためにストレスが溜まってしかたがないということにもなりかねません。

放っておくことができないこうしたケースでは、本人に直接不快感を伝えるという方法がおすすめです。

たとえば、相手が会社の同僚で、デスクを並べて仕事をしている関係だとしましょう。

そんな身近にあざとい女がいると、実害をこうむることもありえます。

その場合は、本人にはっきり「いやな思いをしている」と伝えるのです。

ポイントは、その人のあざとい言動を具体的に指摘すること。

あざとい女は自分があざとい言動をしているという自覚を持つことはあっても、他の人がそのあざとさに気づいていることを知らないケースが少なくありません。

つまり、自分が人からあざとい女だと思われていると思っていないケースが多いのです。

ですから、「あなたのここがあざとい」と指摘するだけでも、かなり効果があるに違いありません。

その上で、「不快だからやめてほしい」と伝えれば、以後、注意するようになるでしょう。

スポンサーリンク

その人の長所に目を向けるようにする

 

人間には誰しも、多面性があります。

あざとい女は「あざとい」という一面を持っているわけですが、それがその人のパーソナリティーのすべてではないでしょう。

どんなにあざとい女でも、たとえば、「明るくポジティブ」とか、「人に親切なところがある」とか「約束はきちんと守る」といったような、長所も持っているにちがいありません。

そうした長所に注目するようにすれば、あざとさばかりが目につくということがなくなるのではないでしょうか。

あざとさというのは、どうしても目につくものです。

そのため、身近にあざとい女がいると、その点ばかりに注目してしまい、不快な思いをすることが多くなってしまいます。

相手のあざとさを変えることはできなくても、こちらの意識を変えることはできるでしょう。

「この人にはこういう良い面もある」というように意識することによって、その人に対する見方も変わってくるに違いありません。

「この人はあざとい一面もあるけど、それはあくまでもこの人のパーソナリティの一部に過ぎない」という見方をするのです。

そうすれば、これまでよりは、その人とのつきあいにおいて不快に感じることが減ってくるはずです。

その人の長所を見るようにすること、これもあざとい女への対処法の一つです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク