美容師の転職先7つ

美容師の転職先にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

多くの人は、ずっと美容師になるために勉強してきたし、美容師の仕事しかしたことがないから、転職したとしても同じ仕事になってしまうと思っています。

しかし、それはとても大きな間違いだということを認識しなければいけません。

美容師ほど応用が利くスキルを持っている人は少ないでしょう。

そこで今回は美容師の転職先についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


美容師の転職先

 

美容師の転職1 結婚式場の美容スタッフ

 

美容院に勤めている美容師よりも忙しくなく、なおかつ美容師のスキルを活かせる仕事としておすすめなのが、結婚式場のスタッフになることです。

結婚式場では、花嫁のヘアメイク、親族や参列者のヘアメイク、着付けなど、美容師のスキルを活かせる仕事がもりだくさんです。

なおかつ、結婚式場の衣装室や美容室を利用するお客様は、遅くとも1ヶ月近く前から予約をしてくださるので、お客様の人数が流動的な街の美容院よりも働きやすいです。

 

美容師の転職2 エステティシャン

 

美容関係つながりということでいえば、おすすめなのはエステティシャンです。

美容関係の仕事の中では、未経験からの転職も比較的しやすいです。

頭皮マッサージやツボ押しなどは、美容院の施術メニューにもありますから、マッサージ技術の習得は早くできるでしょう。

そしてエステは、美しくなりたい人が通う場所ですので、美容師の知識が役に立つ場面も多くあります。

例えば、メイクをする前のスキンケアのアドバイスをする時も、美容師経験を活かしたアドバイスができるはずです。

スポンサーリンク


美容師の転職3 不動産営業

 

美容師からの転職の主な理由が「稼ぎが少ない」という理由の場合、他業種への転職が近道です。

美容業界はどこへ行っても、お給料は少ないので、業界内転職しても昇給の可能性は低いです。

おすすめなのは未経験でも受け入れてくれて稼げる職種。

そういう意味では未経験からでも入りやすい不動産営業はオススメですね。

美容師はお客さんと話しながら施術するので、コミュニケーションスキルはあるでしょう。

なおかつ忙しいので、そこそこ体力もあるはずです。

美容師は、営業職への適性はあるといえます。

大変ですけど、美容師よりお給料は稼げますよ。

 

美容師の転職4 アパレル関係で働く

 

元々美容師として働いてきた人は、ファッションセンスも優れている人が多いでしょう。

そのファッションセンスを生かして、アパレル関係の仕事に転職することで、かなり仕事も進みやすくなるでしょう。

アパレル関係も幅広いので、まずはあなたに合った仕事の環境をじっくり見つけてみましょう。

好きな洋服のブランドがある人は、比較的職場も探しやすいかもしれません。

洋服のセンスを生かして、スタイリストとして活躍していくのもまた良いでしょう。

スポンサーリンク


美容師の転職4 マッサージ師として働く

 
美容室でマッサージを担当してきた人や、マッサージ師の資格を持っている人であれば、ホテルのマッサージ師などへの転職も良いでしょう。

何より今までの仕事を生かすことができますし、接客業で働きやすい職場であると言えます。

マッサージ師もお客さんと1対1で接する仕事なので、個人で美容師として仕事をしてきた人には向いている仕事であると言えるでしょう。

スキルに自信がある人は、マッサージ師の資格を生かして、開業することもまた良いでしょう。
 

美容師の転職5 ネイリストとして働く

 
美容師として働いてきた人達は、ネイルに関しても詳しい人が多いでしょう。

元々の手先の器用さを生かして、ネイリストとして働くことも転職先としてお勧めできます。

ファッションに敏感なあなたのセンスを生かせば、ネイリストとしても仕事をしやすいでしょう。

ネイルのお手入れの仕方など、美容に関して知識が豊富な元美容師であれば、ネイリストとしても重宝される存在になると言えます。

将来的には、ネイルアートショップを開業させることも夢ではないでしょう。
 

美容師の転職6 資格がいらない職場で働く

 
元々美容師として働いてきた人で、美容関係に転職したいと思っても、なかなか良い求人が見つからず、美容関係とは全く異なる職場で働く人もいるでしょう。

美容師をしていたからと言って、美容関係の求人に絞ってしまうと、やはり応募できる求人数も少なくなってしまいます。

会社や企業の総務や、ホテルのフロントなど、資格がなくても応募できる求人はたくさんあります。

美容のスキルを生かせないことは少し残念ですが、給料や福利厚生など、美容師の時よりも条件が良い職種が見つかる可能性はあります。

スポンサーリンク


美容師の転職7 資格をとって異業種に転職

 
転職までに少し時間がかかっても良いという場合は、資格をとる学校を経てから転職をするのもいいでしょう。

例えば医療事務の学校に通って資格をとってから、クリニックの受付で働くとか。

理学療法士や看護学校へ通い直して、資格をとってから働く人も多くいます。

美容師よりもしっかり稼げて、オンオフがしっかりわかれている仕事は沢山あります。

ちゃんと稼ぎたいなら、学校へ行って資格を取った方が、転職先でのお給料も高くなります。

すぐにでも転職して働きたいという場合は難しいかもしれませんが、長期的視野で転職を考えられるなら、このような選択も一つの手です。
 

男性でも女性でも美容師ほど転職が成功する職業はない

 
いかがでしょうか。

このように美容師というのは様々な職業に活かせるようなスキルを磨くことができます。

美容師は多くの企業が求めている人材だと言ってもいいでしょう。

さらに、これから先の将来を考えるのであれば、今の仕事内容や人間関係などの環境、給料に不満があればそれを解消できるところを探すのが賢明です。

そういったことで今、転職をしようと考えている、転職活動をしてるけどうまくいかないという人は、スカウトサービスを利用しましょう。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんなどもスカウトサービスを利用して転職し、どんどんキャリアアップしていった経験があり、利用をすすめています。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率ですよね。

匿名でスカウトを受けることができますし、気になる会社があれば簡単に応募もできるので、転職を考えている人は必ず一度は試しに利用しておかないと損をしてしまいますよ。

リクナビNEXTを試しに使ってみる(無料)

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク