劣等感を克服する方法10つ

劣等感を常に感じてる・・・なんて状態にあなたは陥っていないでしょうか。

もちろん周りの人間がすごすぎるとどうしても劣等感を感じてしまうものですし、もう仕事辞めたいと、その環境に耐えられなくなってしまうこともあります。

しかしそのすごい人たちも初めからそうではなかったはずです。もしかしたら今のあなたと同じように劣等感を感じながら、辛い日々を過ごしていたかもしれません。

そこで本日は劣等感を克服する方法をご紹介しますので、ぜひ今の状態を受け入れずに、もがいてみてはいかがでしょうか。

いつの間にかあなたが劣等感を与えるような存在になるかもしれません。

スポンサーリンク


劣等感の克服法

 

他に負けない自分の特技を磨く

 
劣等感を感じないようにするためには、自信を持って周りに自慢できる特技を見つけるといいでしょう。

そしてその特技を磨けば今まで持っていた劣等感を感じずに済むようになります。

他では負けているかもしれないけど、これだけは誰にも負けないという特技があれば、自分に自信を持つことができます。

探すのはなかなか難しいかもしれませんが、まずはそれを見つけて鍛えましょう。

劣等感を抱かないためには、自分の誇れる特技を磨くことが一番です。

そのためには1つのことに対して、圧倒的な努力をすることが必要不可欠ですが、劣等感を克服するには効果的な方法の1つのです。
 

自分の良い所を探す

 
劣等感を感じている人というのは自分のことを認めていない、自分のことが嫌いな人ということができます。

また他の人と比べてあーだこーだと考えてしまいがちな特徴があります。

なので、人と競うことはせずに、今ある自分の良い所を見つけてみてはいかがでしょうか。

他の人にも良いところがあるように自分にだって一つや二つ良い所があるはずです。

分からないのなら自分の身近な人に聞いて見るなどして、良いところを探してください。そうすると、自然と劣等感がなくなります。

自分を好きになることが一番の劣等感を克服する方法です。

スポンサーリンク


ポジティブになる

 
劣等感を感じやすい人はマイナス思考の方に多いです。

周りから見たら、別に劣等感を抱く必要がないと思う人が意外なことに必要のない劣等感を感じている場合があります。

ネガティブ思考はやめてもっとポジティブシンキングになりましょう。

考え方が前向きでプラス思考になることができれば、悩みはずっと軽くなります。劣等感と言うのはうじうじと考えるからこそ、感じてしまうのです。

時にはパッと嫌なことはすべて忘れたり、カチッと気分を入れ替えて生活すると劣等感を感じずに済みます。

そしてポジティブになれない人は、楽しいことをして誤魔化すのも一つの手です。

楽しいことをしてポジティブな気分になることによって悪いことを忘れられます。

劣等感を感じた時は下手にその気持ちを否定しないで、気分を切り替える努力をしましょう。
 

「ま、いっか」と劣等感を感じてる人を許す

 
劣等感を感じていると思っている人の多くは「劣等感を感じてはいけない」という意識を持っているのではないでしょうか。

あまりにそれに意識を集中してしまうと同じような劣等感を感じる現象が起きてしまうので、劣等感を感じるような事を起こしたくないのなら「ま、いっか」と劣等感を感じている自分を許してあげてください。

そこに意識が向かないだけで問題だった劣等感を感じてる自分がいなくなるのが分かります。

それが無理な場合は劣等感を感じていた自分はそこから何を学ぶ事が出来たのか、と、意識を少し高く持って自分と向き合うようにしましょう。

劣等感と向き合う事は苦しいと思うので、劣等感を感じた時の怒りなどを我慢せず心が静かになって何も出てこなくなるまで書き出すようにしていみましょう。

心の奥底にあった本当の自分の声がわかるでしょう。

スポンサーリンク


本当はどうしたらいいと思っているのかをイメージする

 
劣等感を感じてしまった時は、落ち着いて時間の取れる夜などにその日に感じた劣等感をもう一度感じてみましょう。

そしてそれはどうして感じるようになったのか過去を振り返ってみましょう。大体自分が小さい頃に人に言われた些細な事が原因だったりします。

もし思い出すことが出来たら、本当は自分は何を言いたかったのか、相手にどういう風に言って欲しかったのかを自分なりにシュミレーションしましょう。

劣等感は人から与えられたものではなく、本来は自分の中に内在しているものを他人が「ここにあるよ」と教えてくれているのです。

なので自分の劣等感は他人のせいではなく、その感情を解消できるのは自分だけですので信じて自分と向き合って見てください。
 

劣等感を克服した自分をイメージする

 
劣等感を感じたら、具体的な行動で解消が出来るのなら何度もチャレンジしましょう。

劣等感は強い感情なので、自分は意図していなくても潜在意識に刷り込まれ同じような状況を招き、同じような行動をとってしまいます。

それを解消しようと思っても普段意識している脳では無理に等しいので、劣等感を解消したい時は「解消できた自分」を心と体で感じるまで何度もイメージしましょう。

劣等感に打ち勝てるのは自分の潜在意識しかないので、眠る前などにも「自分は成功しました。ありがとうございます」と言って、劣等感をなくすのではなく、上手くいっている自分を想像しましょう。

スポンサーリンク


他人と自分を比較するのをやめる

 
小さな劣等感ぐらいなら意外と誰でも抱えているものですが、ではなぜ劣等感というものは生まれてしまうのでしょうか?

それは、「他人と自分を比べてしまう」からに他なりません。

大多数の人は、知らず知らずのうちに他人と自分を比べ、その上で自分自身に対する評価を決めています。

もちろん他人と比べることで自分の弱点がハッキリするケースも多いですし、比べるのが一概に悪いとはいえないのですが、それでも劣等感が生まれてしまうようではいけません。

ですから、もしもあなたが劣等感に苦しんでいるのなら、まずは「他人と自分を比較するのをやめる」ことから始めてみましょう。

誰かより優れているのか劣っているのかで自分を評価するのではなく、あくまで「自分がどれだけ努力できたのか」という部分に目を向け、自己評価するようにすればよいでしょう。
 

あえて多忙な毎日を送ってみる

 
強い劣等感を抱えることで毎日つらい思いをしている人は、想像以上にたくさんいるものです。

しかしその多くは、どうすればそんな劣等感から解放されるのかがわからないため、いつまでも頭を抱えて悩み続けるしかなくなっています。

ただ、劣等感というものは、頭を抱えて悩めば解決するという類のものでもありません。

悩んだ先に必ず答えがあるならよいのですが、実際にはそうでないことも多々あるからです。

そこでぜひともおすすめしたいのが、「あえて多忙な毎日を送ってみる」という方法になります。

仕事でも趣味でも、またはその両方でも構いません。

とにかくスケジュールを詰め込めるだけ詰め込んで、頭を抱えて悩む暇さえなくなるようにしてしまえばよいのです。

体力的には少々きついかもしれませんが、その分精神的にはずいぶんと楽になれるでしょう。

スポンサーリンク


実は他人も大したことはないと考える

 
なぜあの人には簡単にできることなのに、自分にはそれができないんだ…

そんな思いがあまりにも強くなってくると、いつしかそれは劣等感に変わっていきます。

そして、自分はどうしようもなくダメな人間だと思い込むようになり、次第に泥沼へとハマっていくのです。

しかし、そういったケースでの自己評価というものは、ほとんどの場合において間違っています。

なぜなら、「あの人ができないのに自分ができることもある」という点を見落としているからです。

つまり、劣等感を抱くほどの能力差などは最初から存在しないのに、勘違いと思い込みによって苦しんでしまっているだけだということになります。

もしもあなたが劣等感に苦しんでいるのなら、「実は他人も大したことはないと考える」よう心がけてください。

考え方をひとつ変えるだけで、今よりもずっと心が軽くなるでしょう。
 

深く考えすぎるのをやめてみる

 
自分の中から劣等感を追い出すためには、まず「深く考えすぎるのをやめてみる」ところから始めなければなりません。

人間というのは世界中にこれだけたくさんいるわけですから、優劣があるのはむしろ自然なことです。

ですから、強い劣等感を持ち苦しみ続けている人は、そんな当たり前のことを当たり前だと受け入れられず、実はただ損をしているだけになります。

そして、確かに人間に優劣はありますが、全ての面において他人よりも優れている人というのは存在しませんし、逆に全ての面において他人よりも劣っている人というのも存在しません。

これも当然のことです。

しかし、深く考えれば考えるほどそういった当たり前のことが当たり前だと思えなくなり、ただ劣等感だけが大きくなっていくという結果を生みます。

深く考えすぎても損をするだけなのですから、一度思考を止めてみるという方法を用いるのがよいでしょう。
 

劣等感の克服法は成功体験の積み重ね

 
いかがでしょうか。

劣等感を克服するのにはいくつかの方法がありますが、最も効果的なのが自信を持つことです。

劣等感を感じてしまう人はどうしても自信がないことが多く、特技も取り柄もないと思っていることが大半です。しかし、自信を持つことによって、「自分にはこの道がある!」と思うことができ、劣等感はおろか、他人と比較することに興味がなくなっていきます。

では、どうすれば自信を持つことができるのでしょうか。

それは、成功体験をするしかありません。どんなに小さなことでもいいので、あなたの決めた目標を努力をして、達成させましょう。そして達成したら、もう1つの上の目標を設定して、成し遂げるように度量をするのです。

この方法は時間がかかりますし、人によっては継続できないかもしれません。しかし継続して、目標達成体験を積み重ねていけば、必ず劣等感は克服できるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク