うつ克服に効果のある方法

うつ克服
by lululemon athletica
 

うつ状態になると頭の中で考えていることが悲観的になり
自分にも他人にも否定的な考え方になってしまいます。

勉学や仕事ができない状態になり
会社を辞めることになったり、不登校になったり。

しかし肉体的な運動を続けると
一時的にであれ、このような考え方の流れを止めることができるようです。

そこで本日は運動によるうつ克服効果と、
運動を続けるコツ
をご紹介します。

スポンサーリンク


うつ克服方法

出典

 

うつ克服には運動

 

アメリカにあるデューク大学の科学者たちは

鬱に対するジョギングと抗うつ剤の効果について比較研究を行いました。

治療の4ヶ月後、2つのグループの患者たちは

どちらも同じぐらい元気になったそうです。

しかし注目すべきはその後。

1年後、抗うつ剤で治療をしたグループの3分の1以上が

再びうつ状態になりましたが、

ジョギングで治療したグループの92%は完璧に元気になり、

それからも自ら運動を続けることを決断したようです。

スポンサーリンク


うつ克服には”早歩き”

 

デューク大学の他の研究で他にもわかったことがあります。

  • 運動から効果を引き出すために年齢も健康状態も関係がない
  • 週3回、30分間、4ヶ月早歩きを続けるだけで抗うつ剤と同じ効果が生まれる
  • 身体運動は治療効果だけでなく予防効果もある

ジョギング治療と抗うつ剤服用の違いは
薬の服用は早めに効果が表れるが深い治療につながらないケースがあるという点だと述べていています。

 

うつ克服には定期的な運動

 

運動が如何にうつ克服に効果的かをお伝えしましたが
気になるのはどうやって”効果が出るまで運動を継続できるか”だと思います。

その続けるコツ、成功させるコツをご紹介します。

 

長い時間運動をする必要はない

 

長時間の運動をたっぷりしないと効果がでないと思っている方もいるかもしれませんが、
大事なのは定期的に運動が行われること。

多くの研究によると、
感情脳に効果を持つことができる最小量は
1回20分の運動を週3回行なうことだとしています。

スポンサーリンク


いきなりハードな運動はしない

 

ゆっくりと始めることが継続させるために重要です。

定期的に運動を続けていて能力が高まってくると
さらに激しく、長くやろうという時期が必ず訪れるそうです。

その時期が来るまでは限界を超える運動はしないようにするべきだと
伝えています。

 

個人よりも集団で運動をする

 

個人よりも集団で行なう運動のほうが
周りの人の支援や励まし、競争心などから効果的であるとのこと。

時間が決まっていたり、
新しい人との出会いがあったりなどで
規則正しいリズムを作ったり、習慣づけることにもつながります。

 

自分が楽しめる運動を選択する

 

なによりあなたが楽しいと感じる運動を選ばなければいけません。

その選択に失敗すると、運動は継続できないでしょう。

今回はジョギングを取り上げていますが、
それに限らないということです。

 

映画を観ながら運動する

 

著者の患者の何人かにとても役に立ったアドバイスは
映画を観ながらエアロバイクやルームランナーで運動をするというもののようです。

映画の内容にもよりますが
アクション映画などは精神を活発にし運動効果も高まるようです。

 

うつ克服のキッカケとなる運動

 

うつ状態になりやすい人、
うつ状態が再発して薬が手放せない人などは
副作用もない運動治療を検討してみてはいかがでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク