ストレス発散できない人の特徴6つ

あなたはもしかしたらストレス発散できない人ではないでしょうか?

ストレス社会と言われている現代、沢山のストレス解消方法が用意されているのに、ストレスを発散したくとも発散できずに苦しんでいる人もいるのが現状です。

自分でストレスが溜まっていると気付けない人もたくさんいます。

ストレスが溜まってしまうと沢山の弊害が及んでしまいます。

他人に当たってしまい人間関係に支障をきたす、暴飲暴食をして身体を壊す、溜め込んでしまい毎日を暗く過ごす、あまりにも溜め込んでしまった人がうつ病などの精神病に陥っています。

そこで今回はストレス発散できない人の特徴についてご紹介しますので、あなたも当てはまっていないかどうか確認しながら最後までご覧ください。

今一度見直してみて、上手にストレスを発散して快適な生活を手に入れましょう。

スポンサーリンク


ストレス発散できない人

 

我慢をしてしまう

 
ストレスの原因はなによりも我慢です。

言いたい事を言えない、やりたい事ができない、他人に頼まれたら嫌と言えない、他人を気にしてしまい他人の言いなりになってしまう人。

他人からすると真面目で都合の良い人、と重宝されますが本人は我慢をしているために苦しんでしまいます。

仕事や学校では我慢も必要になりますし、我慢をしなければ人の迷惑になってしまう事もあるでしょう。

我慢をするのが当たり前、癖になってしまっているので、プライベートでも家族や友達の言いなりになってしまったり、欲しい物や食べたい物があっても我慢をしてしまいます。

せめてプライベートでは我慢から脱却をしてみましょう。
 

自己評価が低い、自分に厳しい

 
自己評価が低いと、私は能力が低いのだからもっと頑張るべきだ、休んではいけない、大した事をしていないのだからストレス解消をするまでもない、と自分に厳しくなってしまいます。

給料で欲しい物を買うのは、本来ならばとても楽しくストレス解消ができる行為です。

しかし自己評価が低い人は、私は買い物をする資格が無い、楽しむ資格が無い、無駄遣いをしてしまった、と自分を責めてしまいストレス解消ができなくなっています。

義務をこなしておれば、たまには手を抜いても良いのです。

毎日のように自分から残業を選ぶ人も自分に厳しい人は上司が休んでもいい、と言った時は素直に休みましょう。

ノルマをこなせば、あとは自由気ままに過ごすとしましょう。

スポンサーリンク


時間が無い

 

物理的な問題ですが、時間が無ければ時間に追われてしまい、眠る時間、食べる時間、リラックスする時間が無いためにストレスの発散ができません。

特に眠りにはとてつもないストレス解消の効果がありますが、時間が無ければ眠る事もできずストレスは溜まるばかりです。

眠ってもすぐに起きなければならないために、緊張してしまい快眠を得られにくくもなります。

食事の時間すら、時間に追われてしまいゆっくりと楽しめない。

仕事を休みたくとも休めない事情の社会人は多いでしょう。

余暇を見つけて仮眠を取る、時々昼食を豪華にしたり、移動中でも楽しめるスマートフォンを用いてストレス解消を、と小さなストレス解消方法を見つけましょう。

時間が無い人に効果的なストレス解消方法がお金を使うことです。

これからも頑張り続けるために、食べたい物を食べたり欲しい物を買ったりとお金でストレス解消をしましょう。

 

趣味が無い

 

特別に楽しめる趣味があれば、どんなに多忙でも辛くてもストレス解消ができます。

眠る時間を割いてでも楽しみたいと思える趣味を持っている人は、多忙でも短時間の睡眠でも趣味でリフレッシュできるためにキラキラと輝いています。

大人になると趣味を作る余裕なんて無い人も多数います。

しかし、無理に趣味を作ろうとせずとも、日常の中で楽しみを見つけると少しは癒えますよ。

スポンサーリンク


恋人がいない、友達が少ない

 
話し相手がいなければストレスは溜まりやすくなってしまいます。

ストレスとは、自分の中に溜まってしまうものです。

他人と会話をする事で、自分の中に溜まっていたストレスを解消する事ができます。

恋人がおれば、毎日恋人とメールをしたり電話をしたり、と交流をしてストレス解消ができますし、恋人がいる、というだけで日常のストレスから逃れられる効果があります。

友達がおれば週末に遊ぶ予定を立て、予定に向かって明るくなれますし、他人と繋がっているとの安心感も得られストレスが溜まりににくくなります。
 

既にうつ病気味になっている

 
ストレスが溜まった挙句、既に精神に支障を来たしている人も少なくありません。

自分はまだまだ頑張れるはず、とストレスを放置をし続けた結果、ストレス解消のために買い物をしても、食べたい物を食べても、好きな人と話しても悲観的になってしまい楽しめない状態になってしまうのです。

本当に何をしても楽しく無い、ストレスが溜まりすぎて解消のしようが無い、と困ってしまったら心療内科を訪れて下さい。

放っておくと日常生活がこなせなくなるまでに陥ってしまいます。
 

ストレス発散できない人は少しずつ自分を解放していく

 
いかがでしょうか。

ストレスを発散させるためには、まずは自分が解放的になる事が肝心です。

ストレスが発散できない人は、自分のルールに縛られていたり、他人の目を気にして自分を閉じ込めている人が殆ど。

たまには自分が何をしたいのか、自分が求めている物は何なのか、自分の心の声を聞いて自分の欲望を叶えてあげましょう。

自分を甘やかさなければ、ストレスが蓄積して身体を壊したり、と後々のツケとなってしまいます。

自分に厳しく、自分を甘やかす事ができない人もおりますが、甘やかす事を自己管理としての義務とすれば少しは気軽にストレス解消ができます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク