転職したい会社の条件9つ

転職したい会社というのはいったいどのような会社を指すのでしょうか。

もちろんその会社や条件は人によって違うものですが、多くの人が求めるものはたいてい似通ってきます。

そこで今回は転職したい会社の条件をご紹介しますので、あなたの気持ちと当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


転職したい会社

 

給料がいい

 

転職したい会社の条件は給料がいいことです。
    
仕事というものはボランティアではないので、給料をもらってちゃんと仕事をしていると言えるものです。

それなので、転職する上の条件で給料というものはとても大事な条件になってきます。いくら前職よりもやりがいのある仕事であったり、会社の労働環境が改善されるような条件でも給料が前職よりもよくなければ、最終的な評価低いということが言えます。

プライベートだったら金銭のことは気にしなくてもいいかもしれませんが、仕事なので、転職の際の条件で給料がいいということはとても大事な条件になってきます

 

残業時間が少ない

 

転職したい会社の条件は残業時間が少ないことです。

転職の際に前職よりもやりがいのある仕事だったり、給料の総収入はあがるという条件でも、労働時間というものをしっかりと転職の条件として抑えておくべきです。    

残業時間というものは1日に人に与えられている時間は平等なので、自由に使える限られた時間をどんどん奪われていることとなるので、自分の使える時間はどんどんなくなっていきます。

残業時間が多いと、転職直後はいいかもしれませんが後々に何のために働いているかということがわからなくなるものですし、残業時間は少ないほうがいいと言えるので、転職したい会社の条件で残業時間が少ないことというのはとても大切です。

スポンサーリンク


若手社員が活躍している

 
転職したい会社の条件は若手社員が活躍していることです。

転職した会社が若手社員があまり活躍していないところだと仕事のやりがいというものがわからなくなります。

仕事というものは給料をもらうのはもちろん大切なことですが、やりがいのある仕事をしているというのはとても大事なことです。

その象徴として若手社員が活躍しているということは若手社員がやりがいをもって仕事をできているということなので、とても会社自体がいきいきとした環境で働けるという環境となります。

そして、転職をした際にかなり仕事にやりがいのある場所となります。それなので若手社員が活躍しているということは転職したい会社の条件として大切な条件だと言えます。
 

美男美女が多い

 
転職したい会社の条件は美男美女が多いことです。
    
どんな会社に転職しても社内の色々な人と関わりを持ちます。また会社員だと大半は仕事にとらえる時間が多くて、1週間間の中で一番多くの時間は会社で過ごすことになります。

そうなってくると1日の一番多く過ごす時間を美男美女と過ごせると、とても充実した気分になってきて仕事がとても楽しくなってきます。それなので、転職したい会社の条件として美男美女が多いことはとても大切な条件となってきます。
 

福利厚生がいい

 
転職したい会社の条件は福利厚生がいいことです。

転職をしても雇われているということは変わりません。雇われている以上少しでもいい条件で働ける方が毎日がとても楽しくなります。そこで重要となってくるのは福利厚生です。

福利厚生がいい会社は住宅手当がしっかりと出たり、提携している宿泊施設を格安で使うことができてライフスタイルが安定してくるので、仕事もとてもやる気が増して来ていい相乗効果をもたらしてくれます。

その結果、仕事もプライベートも両方とも充実した生活を送れるようになるので、福利厚生がいいことは転職したい会社の条件でとても大切な条件です。

スポンサーリンク


業界の中で独自の強みがある

 
転職したい会社の条件は業界の中で独自の強みがある会社です。

どの業界でもそれぞれライバル企業というものがあって、競争することで市場の活性化というものはありますが、シェアの拡大となるので大きく労働環境面や給与面に反映されることはありません。

それが業界の中で独自の強みがあると、その商品やサービスに頼ることができるので、とても会社の戦略としても色々なことができることから、業績に悪い影響を与えずにとても会社としては安定した状態で働けるのでとてもいい環境で働くことができます。

逆にどこでも真似ができるものしか扱っていない会社だと常に競争も激しく大変な状態が続くので、業界の中で独自の強みがある会社は転職したい会社の条件でとても大切です。
 

法律を守ってくれる会社

 
残業するのがいやなわけではないけど、残業したらきちんと手当をもらいたいと思いますよね。

毎日、10時まで働いているのに、残業手当が半分。また、求人広告にお給料が、25万と載っていたので応募したら残業分1日2時間がはいっていた・・・。

こんな経験はないでしょうか。

きちんと法律を守ってくれる会社が条件です。お休みも最低、1週間に1度はとれることも大切です。お休みがないと、疲れがたまり、リフレッシュもできなくなります。

休日に充実した過ごし方ができるから、また頑張れるのです。
 

転職したい会社として定年まで勤められること

 
若い時に、お給料がいい会社はあります。しかし、40代、50代になり勤めづらくなったのでは、その後の転職はたいへんです。

若いときの転職は、スムーズでも年齢が高くなるほど、難しなります。そして、そのころは結婚して子供もいるかもしれない。家庭での責任が重くなった頃、リストラを考えないといけないのはつらいです。

定年まで勤められる会社は魅力的です。できれば、60代になっても再雇用で延長してくれる会社ならもっといいですね。

中小の中にも、65歳まで働ける会社もあります。心地よく働けることができれば、年齢が高くてもストレスは溜まりません。

スポンサーリンク


今は安くてもお給料が上がっていく

 
昔のような、年功序列型のお給料は難しいにしても、20代とずっと変わらないお給料では長く働いていて、いやになるものではないでしょうか。

少しでもお給料が上がったり、業績がいいときはボーナスにプラスしてくれる会社が働きやすいですし、ずっと長く続けていこうという気持ちにもなります。

あとから入ってくる経験がない若い方と、同じ給料では、長続きしないです。

若い人と話をするときも、自分の会社に長くいてほしいと思うと、指導する内容もちがってきます。
 

転職したい会社はランキングよりも中身をみよう

 
いかがでしょうか。

よく転職したい会社ランキングが発表されますが、はたしてそれらの会社は本当にあなたが転職したいと考えているような会社なのでしょうか。

こういったランキングに載るのは当たり前の話ですが、ネームバリューで選ばれているのが大半でしょう。

運よくその会社に入ったとしても、なんか違う・・・という気持ちになり、すぐにまた転職したいと思うのがオチです。

そんな無駄なことをするぐらいなら、最初からしっかりと会社をチェックして、自分を分析し、あなたが本当に転職したい会社の条件を明確にしておくことを強くおススメします。

また、転職しようかどうか迷っている段階の人は「仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ」をよく読んでみましょう。

気持ちが固まるきっかけになるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク