退屈な人生を変える方法6つ

退屈な人生だな・・・とあなたは感じていないでしょうか。そしてそんな人生を変えることを心のどこかで望んでいないでしょうか。

人生を変えるというのは複雑なようで、とてもシンプルです。

そこで本日は退屈な人生を変える方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


退屈な人生を変える

 

考え方の視点を変えることで、退屈さは、幸せな瞬間となる

 
人間という動物は、恣意的な側面が大きい生物です。

つまり、考え方一つで、その意識が180度変化する場合も多く見受けられます。

例えば「退屈」にしても、視点を変えれば、大過なく過ごせた、無事に一日を終えることができた、悪いことはなにひとつ起きなかった、など良いこととして解釈することも可能です。

もしも、一日の中でピンチが何度もあったり、予想だにしなかった不運に見舞われていたならば、「退屈な人生だ」などと悠長に構えてはいられないわけで、ピンチな状況に追い詰められた自分、または、不運の真っ只中に突き落とされた自分、という立場から見える「退屈な自分」は、実に幸福な存在としてあるはずなのです。

視点を変えて考え直してみることは、退屈な人生から脱却する優れたアイディアです。
 

慎重派、堅実派からアクティブな冒険派への転進

 
多くの場合、「退屈な人生」の背景には、他者から見て退屈な性格だったり、退屈なキャラクターであったりするケースが多いものです。

日々をアクティブに暮らし、さまざまなイベントに忙殺されるような環境では、退屈さを実感する時間的な余裕がありません。

自動的、他動的に係わらず、絶えず次の行動に駆り立てられ、常に行動表やスケジュール表には、すべきこと、やるべきことが記されています。

これとは真逆で、イン-アクティブだったりパッシブだったりなど、物事に対して消極的な人の行動表やスケジュール表は、だいたいが空欄だらけです。

行動する行為がなければ、当然のように思考する行為へと帰結しますが、これはしばしば、行動を起こす前に結論へ走ろうとする傾向があります。

「これをやったところで、うまくいくはずがない」とか「やっても成功する確率はとても低い」など、イン-アクティブな人ほどネガティブ志向にはまる場合が多いものです。

周囲から、慎重派・堅実派と評価される一面はあるものの、自身の中の退屈さから抜け出すことは難しいでしょう。

スポンサーリンク


「退屈さ」に目的を見つけて、退屈さからの脱却

 
なにを、どうやっても「退屈さ」から逃れられないようであれば、退屈さと真正面から向き合ってしまう方法もあります。

たとえば、退屈さに悩まされている仲間を探し出して、退屈さについて徹底的に話し合ってみる、あるいは、退屈さについてその手の論文を調べ、深く考察して学術論文に挑戦するのも悪くないでしょう。

退屈さも、それが立派な研究対象となれば、決して退屈な存在ではなくなるはずです。
 

趣味を見つける

 
当たり前のことかもしれませんが、自分が熱中できる趣味を見つけることは人生を豊かにする上で最も重要な要因です。

人間には必ず好き嫌いがあります。

それは裏を返せば人間には必ず好きになれるもの、時間を忘れて熱中できるものがあるということです。

自分が何に熱中できるのか、そのことを焦点にして果敢に色々なことに挑戦してみましょう。

自分には合わないなと思えば、直ぐに止めてもいいです。とにかくたくさんのことに挑戦すること、そうすれば自ずと自分が熱中できる趣味が見つかります。
 

外に出ていく

 
世界は広いです。テレビや新聞では世界の情勢や美しさはほとんど伝えきれていません。

自分自身の目で、耳で感じることで世界の本当の素晴らしさが分かります。家に籠りがちな人は周辺を散歩してみましょう。

買い物や仕事の都合でよく外出する人はさらに遠くに行ってみましょう。

外に出ていくこと、ただそれだけで「何か」が起こります。運命の人に出会えるかもしれません。

忘れていたものを思い出すかもしれません。麗らかな自然があなたを癒すかもしれません。

家に閉じこもっていては絶対に経験できないことが外の世界では多く起こります。

外に出ましょう。暇つぶし以上の効果をそれはあなたにもたらしてくれます。

スポンサーリンク


勉強をする

 
勉学は人生の食事のようなものです。資格勉強でもいいですし、教養の勉強でもいいです。

何か一つ、自分の人生の中で一番頑張ったと思えるような勉強をしましょう。

勉強をするだけで自分の狭い視野が広がり、今まで自分がいた場所がいかに小さく弱弱しい場所であったか分かるようになります。

周りからも一目置かれるようになり、あなたを頼るようになるでしょう。

上記で説明したようにそれがあなたの熱中できる趣味となり、さらに人生を充実させる要因になるかもしれません。自分の成長に繋がるのだと考えれば、勉強をすることほど有益な暇つぶしはないのです。

一つ、お勧めする勉強対象を紹介するとしたら、語学を勉強することをおススメします。

語学を勉強することはプラスにはなれど、マイナスになることは絶対ありません。

語学学習はまた、上記で説明したように「外に出ていく」上で重要な要素に成り得るものです。

世界中の人と会話することが出来れば、それだけで価値観が広がります。話題の種にもなります。

コミュニケーション能力も高くなることでしょう。退屈だと考える人生を変える上でこれほど効果的なものはないのです。
 

退屈な人生を変えるには気持ち次第

 
いかがでしょうか。

退屈だ、退屈だと過ごしている人がいる一方で、退屈な時間など1秒もなく充実した人生を過ごしている人がたくさんいます。

彼らの違いは気の持ちようと、それを行動にうつす実行力に他ならないでしょう。

言い換えれば、それだけで退屈な人生から抜け出せるきっかけをつかむことができるということになります。

自分の人生は自分だけしか変えることができないということをしっかりと覚えておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク