励ましの言葉【仕事・勉強・病気】

励ましの言葉
by Warrick Bayman
 
励ましてあげたい時にはなんて声をかけてあげればいいのだろう・・・、と悩んだ経験はないでしょうか。

励ましの言葉というのは、その時の状況などを加味して適切に伝えることで何倍にも、何十倍にも効果が膨れ上がります。

大げさでもなんでもなく、その言葉一つでその人の人生すら変えてしまうことだってあるのです。

そこで本日はそんな励ましの言葉をいくつかご紹介しますので、適したタイミングで活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


励ましの言葉

 
励ましの言葉には次のようなものが効果的です。

  • 頑張ったね
  • 辛いことばかりではない、いいことがあるから
  • 大丈夫だから
  • 明けない夜はない
  • 人は人、自分は自分
  • この壁を乗り越えたら、自分史上、最高で最強になれるよ

それでは細かく見ていきましょう。
 

頑張ったね

 
人は認めてもらいたいという願望が常にあります。

どんなに変でも、結果がでなくても、一言、「がんばった、がんばった」という言葉で、励ましたいものです。

本人は、不安の中で、様々のことにチャレンジしていることが多いものです。

それを認めてあげることは、本人の心の安定にもつながっていきます。

人生には、様々な体験があり、道路一つでも、同じ道だけ通るわけにはいきませんよね。

今のグローバルな世界では、同じ地域に住み続けることは、数少ない幸運を持っている人だけができることであると言えるでしょう。

その幸運の持ち主は、道を新たに覚える必要はありませんし、あえて覚えることもないでしょう。

つまり頑張る必要がない状況の人です。

しかし、知らない場所では、地図の道と実在の道は違うことが多いものですので、頭を回転させなければ、その危機を打開することはできないでしょう。

つまり「頑張らなければなりません」。

このことから、どんな時でもこの「頑張ったねは」多くの人に状況に当てはまる励ましの言葉になります。

スポンサーリンク


辛いことばかりではない、いいことがあるから

 

「辛いことばかりではないから、前向きにしていけば、危機を打開できる」、「人生、悪いことばかりではない」というものです。

実際に今まで歩んできた人生を振り返ってみると、意外とそうかもしれないなと感じるものではないでしょうか。

危機の渦中にいるときは、先のことは考えられないものです。

しかし、その先には、助けてくださる人もいる、支えてくれる人もいる、という励ましの言葉です。

今、落ち込んでいる人も誰かが助けてくれたり、タイミングが重なったりして悪い状態から抜けだした経験をしてきているはずです。

そのことを思い出させるための言葉として活用するべきではないでしょうか。

 

大丈夫だから

 

「大丈夫、大丈夫」呪文のように唱えることで不思議と前向きになれる言葉です。

この言葉だけで現状打開につながるのが最もベストなのですが、これには、「大丈夫」という言葉を投げかけてくれる人の笑顔であったり、支えだったりが必要になるケースがしばしばあります。

つまりあなたがこの言葉を伝える際には、単純な言葉だけではなく、顔をしっかり見て伝えたり、その場だけでなく、その後もしっかり見守るような態度がとても重要になってきます。

または手を握るなどの触れ合うことも大切になり、相手はそれを無意識に望んでいる場合も少なくありません。

掌からは、暖かい人柄も伝わってくるものですし。応援してくれる人とそうでない人ではなんだか、手のひらの温度も違うような気がしています。

スポンサーリンク


明けない夜はない

 
まさにこの言葉のとおりではないでしょうか。

必ず暗闇を抜ける時がやって来るものですので、希望の光を失わないで欲しいと伝えたい時に添えたい言葉です。

プラス思考マイナス思考で世の中の見え方が変わるとはよく言われるものですが、不思議なものでこのまま悪いことが長く続くと思うと、本当に長く続くものです。

もしかしたら実際には短い期間だけれども、長く続いていると感じてしまいやすくなってしまっているのかもしれません。

その一方で、いつか必ず終わるのだと思いながらできる限りのことを日々積み重ねていると、すんなり希望の朝はやって来るものです。

暗闇は必要以上に不安や心配を呼び寄せます。

あなたが今暗闇を感じているならば、ほんの少し先にある光に視線を伸ばし、未来の希望を想像しましょう。

そしてその経験をあなたの大切な人に、励ましの言葉として伝えてあげましょう。
 

人は人、自分は自分

 
競争社会に常に晒されているせいか、多くの人は誰かと比べることで優越感を感じたり、自信を持ったりします。

もちろんそれが「悪」ではないのですが、よくよく突き詰めて考えていくと、一生懸命他の誰かと比べてもあまり意味がない場合も決して少なくありません。

人それぞれに個性があり、人生があり、そして成長があります。

単純にその比較が成長につながればいいのですが、成長を止めてしまったりすることもあるでしょう。

このように他人を羨ましがったり妬んだりしても、自分を傷つけるだけになってしまうことも多くあります。

あなたはあなたの人生を生きるべきであり、比較の対象は過去の自分ではないでしょうか。

しかし「人は人、自分は自分」と言われても、それを受け入れることが難しかったり、そうは思っていてもいざというときには誰かと比べてしまうことがほとんどです。

やはりこれを励ましの言葉として伝えるのなら、誰かと比較しなくてもいい環境をある程度整えることであったり、あなたがそういった生き方をしているかどうかで伝わりやすさが大きく変わってくるものでしょう。

スポンサーリンク


この壁を乗り越えたら、自分史上、最高で最強になれるよ

 
楽な道へ楽な道へ逃げ続けてきた人は相手を思いやる心であったり、相手の悩みや苦しみを理解する力が欠けてしまいがちです。

一方で苦しい道を選択し続けてきて、実際に苦難を乗り越えた人ほど強く優しい人になっていきます。

つまりカベを乗り越える度に、その人がこれまで生きてきた中で、1番最高の自分になれるのです。

壁にぶち当たらない人はいません。

その壁をどうにか超えるか、引き返すかが人によって違うだけです。

このことから、もしあなたが励ましの言葉として伝えるのなら、壁にぶつかる度に、チャンスだと思って欲しいことをしっかり伝えてあげましょう。

苦しみ抜いた人ほど、人の痛みが分かるようになるものです。
 

励ましの言葉・仕事編

 

相手が仕事でミスをして落ち込んでいるときは「ミスは必ず成長につながるよ」

 
仕事をしていれば、誰でも必ずミスをするものです。

その際「気にすることないよ」と励ましても、大きなミスで落ち込んでいる相手の心には届きにくいでしょう。

気にする性分だからこそ、落ち込んでいるのですから、「気にするな」というのは「性格を変えなさい」と言っているのと同じことなのです。

そこでおすすめしたいのは、「気にして落ち込んでいる現状を、プラス思考で捉える」という励まし方。

たとえばこんなふうに言葉をかけてみてはどうでしょうか。

「ミスをしてもなんとも感じない人は、仕事で成長できない。そんなふうに落ち込んで反省している君は、逆に、必ず仕事で成長できるはず。プラス思考で、前に向かって歩いて行けばOKだよ」

今の落ち込みをバネにして、明日へ向かって前進するよう、エールを送るわけです。

真面目に仕事に取り組んでいるからこそ、そのように落ち込むわけですから、その真面目さが仕事の成長につながることが、実際に多いのです。

スポンサーリンク


上司にひどく叱られた相手に対しては「自分はもっときつく叱られたことがある。鍛えてくれてると思えばいいよ」

 
ミスではなく、仕事の成績が悪いとか、勤務態度に問題があるといった理由で、上司から叱られることもあるでしょう。

中には、説教好きで何かというとすぐに説教し、部下をへこませるのが好きなタイプの上司もいます。

上司にひどく叱られた相手に対しては、「同情」というスタンスで励ますといいでしょう。

つまり、「自分にも経験があるから、君の今の気持ちはよくわかるよ」という姿勢で対応するのです。

例をあげておきましょう。

「自分もよく叱られるし、前には、もっとひどい叱られ方をしたこともある。上司も、悪気があって、きつい叱り方をしているわけじゃないと思う。われわれ部下を、鍛えてくれているんだと考えれば、ポジティブに捉えられると思うよ」

ポイントは、「上司の悪口を言わない」ということ。

つい「ひどい上司だ」とか「あんなことまで言わなくていいのに」といった上司批判をしたくなりがちですが、悪口や批判が上司の耳に入らないとも限りません。

ですから、そこには触れず、同情しながらポジティブな励まし方をするといいでしょう。
 

仕事量が多く、残業や休日出勤をする相手には「それだけ上から評価され期待されている証拠」

 
時間内で仕事をこなしきれず、残業しなくてはならない同僚には、多くの人が「がんばって」という励ましの言葉をかけます。

相手が休日出勤する場合も同様でしょう。

しかし、「がんばって」というのはほとんど社交辞令のセリフになっていますから、相手のハートを動かすことはできません。

つまり、励ましの言葉になっていないわけです。

本当に励ましたいと思うなら、よりダイレクトに、相手の心に届く言葉に使う必要があります。

おすすめしたいのは、「仕事量が多いのは、それだけ上の人に評価され、期待されてる証拠。キャリアアップも遠くないんじゃない?」という言葉です。

実際には、仕事が遅いために残業になるケースも少なくないでしょうが、こうした言葉で励まされると、「そうかな。よし、がんばろう」という気持ちになるものです。

一種の暗示と言ってもいいでしょうが、実際に相手のモチベーションを上げる効果があるわけです。

スポンサーリンク


異動でまったく未経験の仕事に変わる相手には「今までの経験は新しい部署でも必ず生かせる」

 
会社や組織で働いている人には、社内異動がつきものです。

異動によってこれまで経験したのとはまったく畑違いの仕事に変わるケースも多いでしょう。

中には、誰の目にも左遷とわかる異動もあります。

そうした人事が発表された相手には、どんな励ましの言葉をかければいいのか。

おすすめなのは、「今までの経験は、新しいセクションでも必ず生かせるはず。この異動をキャリアアップへの第一歩にしてください」というエールを送る方法です。

どんなに畑違いの仕事に移っても、仕事に対する基本的な取り組み方や心構えは同じです。

ですから、どこへ異動になろうと、それが左遷であっても、今まで働いた部署での経験は必ず生かすことができます。

そこで、努力し、成果を上げられれば、キャリアアップへの道も開けていくことでしょう。

そのことをストレートに伝え、相手を励ますわけです。
 

励ましの言葉・勉強編

 

たまには休憩も必要だよ

 
何かの資格の勉強をしている時、試験の勉強をしている時など、何か目標を持って毎日毎日勉強していると、たまにはもう勉強なんてしたくないなぁと思う時もあります。

しかし、本当は勉強しなければいけないのにしたくないと思ってしまうなんてだらけていると自分では思ってしまいます。

ですが、勉強したくてもなかなか気分が乗らず、できない時もあるのです。

そんな時に身近な人からたまには休憩も必要だよと言われると素直に自分の勉強したくないという気持ちを受け入れることができるようになります。

ずっと勉強漬けだとやっぱり誰でもきついし、もうしたくないなぁと思う時は必ずあります。

そんなのは甘えだと葛藤してしまうのですが、いつも自分のことを見てくれている人に休憩も必要と言われるとそれもそうだよなと思って素直に休憩することができます。

スポンサーリンク


1日位勉強しなくても大丈夫

 
勉強したい気持ちはあっても、親戚の結婚式など何か特別なイベントだったり、身体の具合が悪くなって勉強できない時もあります。

そんな時は、とてももどかしい気持ちになってしまうのですが、1日、2日勉強しなくても、そんなに変わらないんだから大丈夫!と励まされることで、そのもどかしさが無くなります。

確かに、勉強は積み重ねが大切なので、いつもがんばっている人ならば、1日、2日事情があって勉強できなかったとしてもそう響くことはありません。

しかし、勉強をがんばっている方からしてみれば、その1日、2日さえ惜しいと感じているのです。

ですので、いつもがんばっているし、1日、2日勉強しなかっただけでだめだったらもとからだめだったということだし、いつもはちゃんとやっているんだから大丈夫だよとさとしてあげると、落ち着かれます。
 

努力は人を裏切らない

 
勉強を一生懸命していても、なかなか覚えられなかったり、理解できない問題があったりして壁にぶち当たることも多々あります。

そんな時は勉強が自分が思った通りに進まないので、焦ったり、イライラしがちです。

ですが、そんな時に努力は人を裏切らないと声をかけてあげてはげましてあげると効果的です。

どんな勉強の壁にぶち当たったとしても、いつものあなたのようにちゃんと努力をすれば必ず壁は超えることができると教えてあげると、より一層勉強に励むことができるのです。

何もしないで頭がいい人なんてなかなかいません。

何もしていなさそうに見えても頭のいい人は見えない所で努力をしているものです。

努力をすればきっといい結果になるということを人から言われると、やる気がアップしてもうちょっと頑張ろうという気になれます。

スポンサーリンク


今ここで頑張ればあなたの未来は明るい

 
勉強をしたくないなぁと思うことや、勉強につまづくことはどんなに頭がいい人だって、がんばって勉強している人だって当たり前にあることです。

勉強をしていたら、つまづくことは何回もつまづいてしまうことも普通にありえることです。

ですが、そのつまづいてしまった時の対処法で未来が変わってしまうかもしれないのです。

つまづいたらつまづいたままだと、そこは一生理解することができません。
 
そんなときに、今ここで頑張ればあなたの未来は明るいものになるよと励ませば、つまづいたところに立ち向かおうというやる気が出てくるのです。

勉強している人は、憧れのあの学校に受かりたいとか、あの資格をとって憧れのあの職業になりたいと思っている方が多いので、この言葉をかけてあげると、効果てきめんで一気にやる気がわいてきます。
 

励ましの言葉・病気編

 

(入院中の人へ)またご一緒に〇〇に遊びに行きましょう!

 
それまで会社で頑張ってバリバリ働いていたのに、ある日病気で倒れ、心ならずも入院することになってしまった…これは人によっては不幸かもしれません。

自分が同じ病気を経験したことがあるのならともかく、他人の病気や入院の苦労など理解できるわけがありませんから、安易に理解を示すことは相手に対して失礼になるかもしれません。

ですが励ましの気持ちを伝えたいと言うのなら、相手がすぐによくなることを前提にして、「またあの海岸に釣りに行きましょう。次は〇〇を教えてください」とか「またご一緒に映画を観に行きましょう…あなたが好きなタイプの映画もチェックしておきますね」といった言葉が重荷にならないで済むでしょう。

言葉には出せなくても“あなたがすぐに回復すると私は思っていますよ”という気持ちをそれとなく伝えたいですよね。

スポンサーリンク


(入院中の同僚・上司へ)○○さんも「お見舞いに来たい」と言っていましたよ

 
入院をしている会社の同僚や上司などをお見舞いに伺った時には、“会社の他の人たちもあなたのことをずっと気にかけていますよ、あなたが早く良くなって会社に戻ってきてくれることを心待ちにしていますよ”という気持ちを伝えたいものです。

病床の相手に対して、ストレスにならないような言い方がベストです。

「〇〇さんも今日一緒にお見舞いに来たいって言ってましたよ。今度連れてきていいですか?」と言われれば、なんとなく嬉しい気持ちになるでしょう。

入院している間は“いつになったら退院できるのだろう、会社に戻って自分の居場所があるだろうか?”と不安にならない人はいないのです。

「あなたがいないので、あのプロジェクトはどうもうまく進まないようです、みんな何とかこなしていますが“こういう時に〇〇さんがいてくれたら…”って常務もこぼしていましたよ」等、それとなく伝えるとよいでしょう。
 

(よく知っている人へ)わたしでよければいつでも相談相手になりますよ

 
会社の同僚や上司は仕事上のお付き合いですが、そうではなく親戚や学生時代からの友人など、自分がよく知っている人が病気になったり、入院してしまったら、励ましの気持ちをどういう風に伝えるべきなのか?迷いますよね。

心の病気とか鬱病の人に対しては「頑張れ」とか「やる気になればなんとかなる」といった叱咤激励はできるだけ避けたいものです。

そういう一方的な叱咤激励やエールは、受け取った側は“ありがたい”とは思えず、プレッシャーにしかならないことがよくあります。

かといって何も言わなければ何も伝わらず、相手が病気であるということは知っていて、あなたを心配して見守っていますよ…という気持ちは一言伝えたい。

「できることがあればお声をかけてください」とか「あなたの話はいつでも聞きますよ」といった言葉がよいでしょう。

スポンサーリンク


(闘病中の人へ)くれぐれもご無理はなさらないようにね

 
病気の人、特に病に倒れるまで精力的に働いていた人は、病気で動けないとイライラしてきて、無理をしてでも遅れを取り戻そうとすることがよくあります。

焦りから不安が強くなって、病気がさらに重くなることもあるかもしれません。

そういう病者に対しては「ゆっくりと、焦らないで、ご静養なさってください」という気持ちをそれとなく伝えられるといいですね。

病気も怪我も自分の意志力ではどうにもならず、ゆっくりとしたペースでしかよくならないものです。

入院している相手なら会社の仕事はきちんと遂行されているか?主婦であれば、家事はとどこおりなくはかどっているか?気になって仕方がないという場合もあるでしょう。

(長い人生には)生き急いでも仕方ない期間もあるので、たまには道を外れて、ゆっくりした時間を満喫する心の余裕を持ちたいものです。
 

励ましの言葉はわかりやすく伝える

 
いかがでしょうか。

基本的に励ましの言葉は奇をてらうものよりも、分かりやすい言葉で伝えましょう。

その方がやはり自分の身に置き換えて伝えることができます。

それよりも大切なのが、言葉を伝えるタイミングです。

心配するあまりに早めに伝えても、「いやいや、大丈夫だから」とほとんど相手の心には刺さらないでしょう。

適切なタイミングを逃さないためには相手をしっかり見ていることです。

しっかり見ていれば、相手が頑張っていることも、努力をし続けていることも理解しているはずです。

そうすれば自然となんて声をかけてあげればいいのか、どのタイミングで伝えようかというものがわかってくることでしょう。

見守るという行為自体がすでに相手のことを思っているものなのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク