人付き合いを上手にするコツ5つ

人付き合いが上手く行かず悩んでいる人はいませんか?

社会生活において人付き合いは避けて通れない事です。
どうしても人付き合いをしたくない人は山奥に籠って自給自足をし仙人のような世捨て人になるしかありません。

しかし、現実問題としてそれは難しいでしょう。
人付き合いが上手く行かないと悩んでいる人に考えるキッカケとして人付き合いを上手にするコツを読んで人付き合いを上手にするにはどうすればいいか見てみましょう。

スポンサーリンク


人付き合いを上手にするコツ

 

名前で呼ぶ

名前というのは、相手のことを認める一番の「言葉」です。
名前で呼ばれて嫌な人はあまりいません。
「こんにちは」というよりも、「○○さん、こんにちは」と相手の名前を加えるだけで与える印象はグッと変わるものです。
まずは相手の名前を覚え、呼びかけることからはじめましょう。
出典 「味方がどんどん増える人」の人付き合い10のルール

 
人付き合いを上手にするコツは名前を呼ぶことです。

どんな場面でも名前を呼びましょう仕事で分からない事がある時に「すみませんここなんですけど・・・」ではなく「○○さんここがわからないんですが・・・」と名前を呼ぶことで相手に与える印象がグッと良くなります。

学校、職場、取引先、合コンなんでもそうですが、まずは相手の名前から覚えましょう。
すると、相手との距離感は縮まりますので話しかけやすい人だと思われ好印象を与えることが出来ます。

 

挨拶をしっかりする

「挨拶」ともすれば朝の挨拶は無表情でボソッと済ませてしまう人が多いかもしれませんが、
この挨拶こそが会社での人間関係を良くするポイントなのです。
出典 会社の人間関係は悪いことばかりではない

 
人付き合いを上手にするコツは挨拶です。
子供の頃から挨拶はしっかりしましょうと教え込まれた人も大人になるにつれておざなりになりがちですが、挨拶も人付き合いを上手にする為には欠かせません。

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」等挨拶は基本的な人付き合いに必要な言葉です。
特に初対面の人に会う場合、挨拶が出来るか出来ないかで相手に与える第一印象が決まってしまいます。

挨拶が出来ない人は礼儀が出来ていないとみなされてしまうこともありますから、特に社会人の人は注意しましょう。

どんなに仕事のできる人でも挨拶が出来なければ、協調性の無い人とみなされ就職や転職にも影響されてしまうのです。

挨拶の仕方も小さな声で言うのではなく、相手に聞こえる様に明るいトーンで言うと更に好印象です。

先ほども書いた名前よ呼ぶと組み合わせて「〇〇さんおはようございます!」と言うと印象もだいぶ良くなるでしょう。

スポンサーリンク


明るい言葉を使う

明るい人付き合いをするには、明るい言葉を使いましょう。
「好き」という言葉を使うとうまくいきます。
明るい言葉です。
「嫌い」という言葉は、少し暗い響きがあります。
出典 上手に人付き合いする30の方法

 
人付き合いを上手にするコツは明るい言葉を使う事です。
人と話している時に暗い話題をしていると重苦しい空気が流れ、気分が落ち込んできてしまう事があります。

言霊と言うの言葉がありますが、まさにそれです。
なんの脈絡もない雑談でも、暗い言葉を使うよりも、明るい言葉を使う事を意識する事で、相手に明るい人だと言う印象を持って貰えます。

逆に暗い言葉や汚い言葉ばかり使っていると、乱暴で粗暴な印象を与えてしまいますからなるべく避けましょう。

明るい言葉にプラスして丁寧な言葉選びをすると明るく礼儀正しい人と印象付ける事も可能です。

 

他人と自分を比較しない

劣等感をバネにして頑張り、たとえ優越感を得たとしても、あなたは直ぐに別の誰かと自分を比較してしまい、常に劣等感に悩まされることになるのです。
出典 人間関係が楽になる12の法則

 
人付き合いを上手にするコツは他人と自分を比較しない事です。

他人に対して憧れや目標とする事は素晴らしい事です。
しかし、考え方が劣等感から来る比較はネガティブな考えを持ちやすくしてしまいます。

何をやっても「あの人に勝てない」「あの人より上手く出来ない・・・」そんな風に考えていると気持ちも落ち込みますし、その人に対する態度も悪くなってしまいます。

それよりも、「あの人の様になりたい!」と前向きな気持ちで接する事で見えてくるものあります。

人間どうしても他人と自分を比較してしまいがちですが、比較ではなく目標としてその人を見る事で、人付き合いも上手く行くのです。

スポンサーリンク


感謝の気持ちを持つ事

 

人付き合いを上手にするコツは感謝の気持ちを持つ事です。

どんな人に対しても感謝の気持ちを持つ事で人付き合いは上手く行きます。

気持ちを持つだけでは無く伝える事も大切です「ありがとう」この言葉を頻繁に使う人は人付き合いが上手です。

ほんの些細なことでも「ありがとう」を言う事によって自分もまた言われた人も気持ちよく過ごす事が出来ます。

「ありがとう」が口癖になる位言い続けている位がいいでしょう。

 

人付き合いを上手にするコツは継続する力

 

いかがでしたか?

人付き合いは避けて通れない事です。

何時までも人付き合いを避けていては一向に改善されません。

人付き合いが苦手だと思う人は、まず挨拶から始めてみましょう。

ここから始めるだけでも相手に与える印象はだいぶ変化してきます。

すぐさま効果が出るものではありませんが、根気強く続ける事がとても重要なのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク