続けるコツ | 三日坊主の人が知っておくべき4つのポイント

続けるコツ
by UMBRELLA SHOT

 

「今日は疲れているから明日頑張ろ」

こうやって先延ばしにしていたらいつの間にかやらなくなっていた・・・
なんて経験はありませんか?

せっかく決意してやり始めたものほど自分に失望したり、ダメ人間だなと落ち込んだりします。

しかしそれは単純に続けるコツを実践していないからだけの可能性があります。

イチロー選手はかつてこんな言葉を残しています。

小さいことを重ねることが、
とんでもないところに行くただ一つの道だと感じている

 

そこで本日はついつい三日坊主になりがちな人が知っておきたい続けるためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク


続けるコツ

出典

 

続けるコツ1 常に計測・測定を意識する

 

行動がどれだけ増えたか、あるいは減ったかは、
きちいんと計測し、行動を目に見る形にします。

自分の方法の正しさを検証しなければなりません。

 

継続ができない人はこの計測・測定を疎かにしがちです。

本音を言ってしまえば「面倒」ですよね。

しかし計測・測定をして目に見える形にしておくことは物事を続けるためには必要不可欠です。

例えば以下の例がわかりやすいのではないでしょうか。

学生時代、いやなアルバイトをした経験ってありませんか?

仕事内容がどうとかではなく、
職場の雰囲気が悪いアルバイトです。

「短期のあるばいとだから我慢できるけれど、
正社員となって定年まで働くのは耐えられないなー」
なんて思いませんでしたか?

期間を区切ることは、その心理に似ています。

終わりが見えていれば、
少々の苦労にも耐えれるものです。

 

あと何日頑張れば楽になる!
だからそこまで続けよう!

という気持ちを上手く利用することは
続けるモチベーションを維持することにもつながります。

最終的には習慣に落としこんで期間を区切らなくても続けるようにするのが理想ですが、その状態になるまでにはこうした心理を利用するのがコツです。

それに加えてどこまで進んだか、何日継続できているかを「見える化」しておくことが非常に重要です。

スポンサーリンク


続けるコツ2 行動のハードルを低くする

 

何かをはじめる時が一番エネルギーを使うものです。

そして三日坊主の人は続けるためのエネルギーを残していないために途中で挫折してしまう傾向が強いです。

色々なことを継続できている人は、
初めの第一歩のハードルをとことん低くして行動に移します。

「こんなもんでいいのかなー」
ぐらいのレベルからスタートさせましょう。

間違っても途中でメチャクチャ頑張らないように。
そこで息切れしてしまい、それまでの継続がムダになる可能性があります。

行動が止まったら全てが水の泡だと思うことが大切です。

また行動のハードルを下げるということは、
他の妨げになる行動のハードルを上げるということです。

例えば勉強しなければいけないのにスマホをいじったりしてしまう場合は、
スマホの電源を落として、すぐにいじれない場所にしまっておくなどです。

たったこれだけで
物事に集中できる効果があります。

 

続けるコツ3 動機付け条件を作る

 

動機づけ条件とは、要するに、
「行動した時のメリットを考える」
ということです。

専門用語では「確率操作」と言いますが、
自分にとって何がメリットになるかをはっきりさせなければ
動機づけにはなりません。

 

ここでのメリットとは簡単に言うと「ごほうび」を用意することです。

自分にごほうびを用意するのは続けることに効果的であると、
ありとあらゆるところで言われ続けています。

つまりそれだけある程度確立された方法の一つだということですね。

私は学生の頃、よく遅刻をしていたのですが、
朝、ちゃんと起きられたら朝ごはんは大好きな甘いモノを食べようと決めました。

すると単純なもので、
布団に入って眠る前に「明日はアレを食べよー♪」なんて考えて朝起きることに対してワクワクしたりしてました。

結果的にすんなり遅刻魔から脱出できた経験があります。

このように些細なことでもいいので「ごほうび」の力を過小評価せずに一度試してみることをオススメします。

スポンサーリンク


続けるコツ4 行動のヘルプを作る

 

行動のヘルプを作るということは、

あなたが継続させやすい環境を整えるということです。

例えばジョギングだったらお気に入りのウェアを揃える、

勉強だったら図書館に行くなどですね。

また人との交流を変化させるのも大変効果的です。

禁煙だったらタバコ吸わない人と一緒に行動するなどがわかりやすいでしょう。

こうして外堀から埋めていくことも続けるための重要な要素となります。

 

続けるコツのポイント

 

  • 行動を増やす
  • 行動を減らす

どんな人でも平等に分け与えられているのが時間です。

その時間をどう使うかでその人の人生が決まります。

目標を達成させるためにただ行動を増やすだけどこかで無理が生じてしまうかもしれませんし、行動を減らすだけでは目標に近づかないかもしれません。

大事なのはそのバランスです。

続けたいこと、達成したい目標を意識して

どう時間配分していくかがキーとなります。

その上で続けるためのコツを実践するばきっと三日坊主からは抜けだせるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク