気丈な性格の人の特徴6つ

気丈な性格というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。

しっかりした、頼りになるような、そんな性格を思い浮かべることでしょう。

そういう人は、周囲から見ていてもよく分かります。

もしかしたら、あなた自身がそういう人かもしれませんね。

では、具体的にはどのような性格を表すのでしょうか。

そこで今回は気丈な性格の人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


気丈な性格とは

 

  • まっすぐでブレない
  • 精神的ショックに強い
  • 恐れずに意見を言える
  • 血液を見ても倒れない
  • 感情的にならない
  • 表情を出さない

 

まっすぐでブレない

正義感が強く真っ直ぐな性格の「気の強い女性」は、恋愛に対しても一途に尽くすことが多いようです。

もちろん、上辺は自分勝手なことを言ったり、わがままに振る舞って相手の男性を困らせたりするのですが、相手を心底愛してしまうと、急にしおらしくなったりもする。そこが、男性の目線で見ると非常に魅力的なようです。

出典 「気の強い女性」と相性のいい男性は?

 

仕事でも、恋愛でも、気丈な人というのは、自分を強く持っている傾向があります。

そのため、周りに流されることがなく、自分の信念を貫く行動を継続します。

だからこそ、周りの人からの信頼を集めることができたりするのですが、恋愛においては、それが裏目に出てしまうこともあるようです。

スポンサーリンク


精神的ショックに強い

 
気丈な性格といわれる特徴として、一番ポイントになるのは、精神的ショックに強いということでしょう。

人間は何かショックなことがあった時、思わず呆然として何もできなくなってしまうでしょう。

精神的に大きな衝撃を受け、現実を見つめたりそのことに対処する方法が見つからなかったりします。

しかし気丈な性格の人は、その事実を受け止めて、それに必要な対応をすることができるのです。

もちろん気丈な人もショックを受けていないわけではありません。

しかし、メンタル面がしっかりしているので、そのことで取り乱すこともないのです。

そういう風な、精神的ショックに強い気丈な性格の人は、いざという時に本当に頼りになります。

何かあっても自分を見失うことはなく、しっかりと現実を見つめることができるのです。

そういった強さは貴重なものです。

周囲の人も、見ていてその精神的な強さに驚くのと同時に、頼れる人!という印象を持つでしょう。

そんな精神的ショックに強いというのが、気丈な性格の人の特徴なのです。
 

恐れずに意見を言える

 
気丈な性格の人というのは、誰かを恐れたりおびえたりすることなく、自分の意見をはっきり言えるひとでもあります。

誰だって、自分が恐ろしい目にあったりいやな思いをした時には、発言をする勇気がなくなってしまうでしょう。

しかし、気丈な人は、その勇気をなくすということがないのです。

たとえば社内で問題があった時、そのことについてはっきりと指摘すると、自分が何か嫌な目にあうかもしれないということが想像できます。

そのことをわかっていても、必要ならばちゃんと意見を言えるのです。

電車内でトラブルがあった時など、だれもが巻き込まれたくないと思って、見て見ぬふりをしがちです。

しかし、気丈な人は必要ならば、ちゃんとトラブルを起こしている人に対して注意をしたり、場合によっては駅員を呼ぶといった対応ができる人なのです。

気丈な性格の人も、もちろん怖くないわけではありません。

しかし、その恐怖心を乗り越えて、しかるべき対応をとることができる人なのですj。

スポンサーリンク


血液を見ても倒れない

 
気丈な性格の人は、たとえば事故の現場で血液が流れているのを見ても取り乱したり気分が悪くなって倒れるといったことがありません。

人によっては血が流れているのを見ると、貧血を起こして倒れてしまう人もいることでしょう。

ちょっとした出血でも、ふ~っと血の気が引いてしまうという人は結構多いのです。

そんな時、気丈な性格の人は、しっかりと現状を把握して、対応することができるのです。

その他にも、例えばけがをして肉がえぐれているような、そんなシーンを見ても冷静さを失わないということもあります。

あまりにグロテスクな状態を見てしまうと、正視するのが難しかったりしますが、そんな時も目をそらさずに見つめることができるのです。

たまたま事故に遭遇したような時、大けがをした人がいる場合は、ちゃんと手当をしたり救急車を呼んだりする必要がありますが、だれもがパニックになりがちな時でもしっかりと対応できるのです。

そのような気丈な性格は、職種によっては欠かせないという場合もあります。

気丈な性格は、冷静さを失わず対応できるという素晴らしい性格でもあるのです。
 

感情的にならない

 
気丈な性格の人は、パニックになったり感情的になって大きく取り乱したりということがありません。

誰でも嫌なことがあったりしたり悲しいことがあれば、泣き叫んだりパニックになってしまうということもあるでしょう。

しかし気丈な人は、そんな心の乱れた感情を表に出すことがないのです。

もちろん内心は泣きたいばかりな心情かもしれません。

その気持ちに負けることなく、しっかりと自分を保つことができるのができるのです。

例えば身内が亡くなっても、どうしても仕事を抜けられないという場合もあるでしょう。

そんな時に、悲しい気持ちを押し殺して淡々と仕事をこなすことができるのです。

もちろん亡くなった人を悼む気持ちはあり、心の中はとても悲しくてたまらないのです。

しかし、それに対して心を奪われず、なすべきことをなすということができるのです。

気丈な人は、情にこわいわけではありません。

心の中の悲しみや感情を、しっかりと胸の中に収めておくことができるということなのです。

スポンサーリンク


表情を出さない

 

気丈な性格の人は、顔に表情を出さずにポーカーフェイスを繕うことができます。

何かあった時、感情が乱れて思わず顔に出てしまうということはありますが、

気丈な性格の人はそこでストップをかけることができるのです。

人間は誰でも自分にとってマイナスな出来事についてはショックを受けるし弱い部分があるでしょう。

しかし、そのような時も感情的にならずに、顔に出すということをしないで耐えることができるのです。

そんな性格は、人から見ていてもしっかりしているという印象を与えるでしょう。

いざという時に安心して物事を任せられる・・・そういう印象を与えるのが、気丈な性格の人なのです。

 

気丈に振る舞うことで性格がついてくる

 

いかがでしょうか。

以上、気丈な性格の特徴についてお伝えいたしました。

気丈な性格というのは、自分がそうなろうと思っても、なかなかそうはいきません。

日々の生活の中で、メンタルを鍛えていくしか方法はないといえるでしょう。

そのため、まずは気丈に振る舞う行動からスタートさせるのが基本です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク