第二新卒での転職を成功させる人の特徴9つ

第二新卒が転職を成功させるにはいったいどうすればいいのでしょうか。

実際に第二新卒であるあなたからしたら、かならり気になる問題のはずです。

新卒とは違い、第二新卒には武器になる面もあれば、それがデメリットになる面もあります。

これは、転職活動の仕方で大きく明暗が分かれるものです。

そこで今回は第二新卒での転職を成功させる人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


第二新卒が転職を成功させる方法

 

第二新卒での転職成功1 アピールできるポイントがある

 

第二新卒で転職する際には、自分が何か得意としていることがあった方が有利になるでしょう。

例えば、パソコンのスキルがあることや、ブラインドタッチが速いこと、英語が得意なことなどアピールできる点をしっかと伝えられることが重要になってきます。

自分が長く続けてきたスポーツなどの趣味について話すことも良いでしょう。

自分のアピールポイントを整理しておいて自分を上手く売り込み、転職を成功させましょう。やる気があればある人ほど、企業側から採用される確率は高くなります。

 

第二新卒での転職成功2 転職する理由が明白である

 

会社や企業は、転職した後にどのような人間を目指していきたいのかを知りたいと思っています。

なぜ転職しようと思ったのか、目標がはっきりと決まっていて、前職を退職した理由についても胸を張って答えることができる人は、企業や会社側に好印象を与えるでしょう。

また、なぜ他の企業や会社では駄目なのか、理由をきちんと説明できることも大事です。

企業や会社は、自分達にとってプラスになる人材が欲しいと思っています。

まっすぐ前向きに仕事を頑張ることのできる人材を選んで、戦力にしていきたいのです。

スポンサーリンク


第二新卒での転職成功3 前職の経験を生かせる

 

第二新卒で転職する場合、前職のビジネスの経験は非常に浅いです。

しかしながら、社会人として仕事をしていた中で、さまざまな技術が身に付いていることは確かです。

社会人未経験の新卒者とは違って、挨拶などのコミュニケーション能力も高いでしょう。

前職で身に付いたさまざまなスキルを転職後に生かして発揮できる人は、転職後もスムーズに仕事をしていくことができるでしょう。

自分は少しでも少しでも社会人としての経験があるのだからと、自信を持って転職活動を行うことができる人は、転職に成功する確率が高いと言えます。

 

第二新卒での転職成功4 狙いを絞りこむ

 

第二新卒での転職活動は、新卒の就職活動とは全く意味合いが異なります。

とにかくたくさんエントリーシートを提出するような新卒流の活動スタイルをしているようでは、満足のいく転職など成功させられるはずがありません。

転職先の職種は業種は必要最小限に絞り込み、どうしても転職したいのだという気持ちを反映した転職活動を行いましょう。

転職活動のスタイルで本気度を示すことができれば、採用担当者にも熱意をアピールすることができます。

第二新卒からの転職は浮ついた印象を持たれがちですが、転職に成功した人たちというのは狙いを絞り込んでの転職活動で仕事に対する熱意と思いを示し、その成果として採用を勝ち取っています。

スポンサーリンク


第二新卒での転職成功5 企業研究に時間をかける

 

その企業のことをよく知り経営理念に共感しているからこそ転職を希望する、そんな熱意が感じられなければ企業の採用担当者は第二新卒の転職希望者を採用することはありません。

第二新卒の転職希望者は新卒に比べると新鮮度は劣り、ベテランに比べると経験不足というある意味中途半端な人材です。

人材としての魅力で勝負するのが厳しいのですから、その企業に対する思いや転職にかける意気込みを示すことができなければ第二新卒からの転職を成功させるのは不可能です。

第二新卒での転職に成功した人たちは企業研究にじっくりと時間をかけ、これはと思う企業に対して転職活動を行っています。

まずは企業について知ることが第二新卒での転職活動の第一歩です。

 

第二新卒での転職成功6 忍耐強い

 

前職での仕事でも、色々なことがあり乗り越えてきたと思います。

第二新卒で転職した後に、会社や企業側は少しでも長く働いてくれる人材を求めています。

転職後に、どんな仕事でも率先して引き受けて、忍耐強く仕事ができる人は転職しても成功できると言えるでしょう。

同じ場所で長く働いて頑張っていこうという気持ちが会社や企業側に伝われば、あなたも重宝されることになります。

第二新卒で、1つのことを長く続けてきた経験がある人や、忍耐力や体力に自信のある人は、転職が向いている人と言って良いでしょう。

スポンサーリンク


第二新卒での転職成功7 転職動機がはっきりしている

 

第二新卒での転職希望と聞いて採用担当者が最初に思うのは「なぜ第二新卒で転職するの?」という率直な疑問です。

第二新卒での転職を成功させる人は皆、なぜ転職を希望するのか、どんな目的を持っての転職なのかという転職動機をはっきりさせているという共通点を持っています。

動機のはっきりしていない転職に対しては、企業側はどうしても警戒心を強めてしまいます。

仕事が長続きしないタイプなのでは?何か問題を起こして転職するのでは?と最初から警戒心を持たれてしまっては、うまくいくはずの転職もつまずいてしまいかねません。

説明を聞いて納得させられるようなはっきりとした転職動機を持っていれば、第二新卒での転職活動でもハンデを感じることなく成功に導くことができるでしょう。

 

第二新卒での転職成功8 転職活動を始める際の心構え

 

転職を決断することは大きなパワーが必要になります。

現在勤めている会社から頂いてる給料を一旦放棄して、次の転職先の会社が決まらなければ無収入になってしまうという現実が待っているからです。

そのため、「絶対に転職を成功させる!」といった覚悟が転職活動を始める人にとっては必要になってきます。

その覚悟がなければ転職活動の為に必要な転職先の調査、面接へ臨む姿勢、自信などが欠落し思い描く転職活動は中々できません。

まずは覚悟を決めることです。

スポンサーリンク


第二新卒での転職成功9 転職活動で大事なポイント

 

第2新卒で転職活動を行うことは、新卒生と違いある程度の期間は社会人経験を積んだ実績があるということです。

面接官も、新卒生にはある程度の言葉使いや言動、仕草などは甘めに見てもらうことができるかもしれません。

しかし第2新卒は中々そうはいきません。

面接当日は事前に転職先候補の企業研究、情報収集はもちろん、社会人経験の実績や活動内容を深く質問して掘り下げてくる面接官も少なからずいます。

そのため、社会人経験時代に「どういった実績を残してきたか」「どういった活動をしてきて何を得てきたか」といったことも自己分析をして面接当日に臨む必要があります。

社会人経験時代に何も努力せず成果を残すことができなかった人も、何か一つは頑張った、努力したといったことはあるはずです。

そこを如何に分析して転職先で活かすことができるかを考えなければいけません。

やってはいけないのは、空虚の実績を伝えてしまうことです。

どうしても転職を成功させたいという思いから空虚話をしてしまう人も多くいらっしゃいます。

しかし、それでは自分自身を後々苦しめてしまうことに成りかねません。

めでたく転職先を見つけることができたとして、中途採用として入社した暁には「実績を残していた人」というレッテルを貼られて周りから過度な期待をされてしまいます。

そんな中で実績を残すことができなかった場合、周りの目は冷ややかになり結果、自身を苦しめてしまう結果となってしまいます。

そのため、真実を伝え、如何に企業側に貢献できるかといった伝え方を自己分析を通して面接官に伝える事が何より大事になってきます。

スポンサーリンク


第二新卒での転職成功率は高く成功例もたくさんある

 

いかがでしょうか。

第二新卒が転職を成功させるには、行き当たりばったりではなくきちんと計画を練る必要があります。

すぐに前職を辞めてしまったからといって特に悲観的になる必要はありません。

むしろ、あなたの向いている仕事、向いていない仕事が明確になり、どんな仕事であれば全力で臨むことができるのか少し理解している段階だからこそ企業から重宝されるのです。

しかし、どんな企業があなたに向いているか、ちゃんと仕事を続けることができるかどうか不安な人はエージェントを活用しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク