男性が転職するときに有利な資格8つ【20代・30代・40代】

男性が転職するときに有利な資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

転職するときにはやはり何の資格を持っているかで、ある程度評価されるものです。

簡単な資格ばかりを集めていたら、それはそれで悪い印象を与えてしまいますが、これだ!という資格を1つでも持っていれば採用されやすくなるものです。

そこで今回は、男性が転職するときに有利な資格についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


20代男性が転職するときに有利な資格

 

車の運転免許

 
車の運転免許があれば、出来る仕事の可能性が広がります。

営業職や送迎などその可能性は無限大です。

重機やバスの運転手など特殊な運転には、運転免許とは別に更に資格を有します。

それらの仕事就きたいのなら、まずは普通運転免許を要します。

事故や過失さえしなければ一生使えるものなので、取っておいて損はない資格です。

プライべートでも活用できるのでこの資格は若い世代の男性に大変人気です。

足蹴く通えば、仕事をしながらでも3か月もあれば取得することができます。
 

ファイナンシャルプランナー

 
一生使える“ファイナンシャルプランナー”の資格は、保険会社や不動産関係への就職に有利な資格です。

試験自体は誰でも自分できっちりと勉強さえすれば学校に通わなくても合格する可能性がありますが、級が上がるに連れて難関になり長い道のりを要します。

気合いと根性がないと受かりにくい資格です。

持っておくと再就職に有利です。

人の人生をアドバイス出来る仕事は役に立ち、また自分自身の生活にも影響します。

長い人生を考えると持っていて大変得をする資格になります。

スポンサーリンク


パソコンに関する資格

 
これからの時代はITの時代です。

パソコン関連の仕事が急増します。

会社でもパソコンを使ってする仕事がほとんどです。

パソコン関連の資格は今後就職するうえで、有利になります。

様々な分野において IT化され、パソコンを使う仕事が当たり前になってきています。

パソコンを使いこなせたら仕事を円滑に行うことができます。

パソコンの基本的な操作からエクセル・ワードの使いこなし方など、自分でできると思っていても意外と疑問に思うことが多いのがパソコンの操作です。

覚えても次から次へと新しいものへと進化し続けているのがパソコンです。

時間があればパソコン教室へ通い資格を取ることをおススメします。

 

30代男性が転職するときに有利な資格

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 
20代男性のところでも触れましたが、金融や保険の総合知識が必要なファイナンシャルプランナー資格は、取得こそ簡単ではありませんが30代男性が転職する時にも非常に役立つ資格です。

ファイナンシャルプランナーの活躍する場は現在進行形で広がっており、銀行や保険会社といった従来の職場だけでなくフリーの立場で活躍するファイナンシャルプランナーも増えています。

転職から独立開業に成功すれば収入は大幅アップの可能性もありますし、講演や出版で実績を重ねテレビ出演などを果たすようになれば安定して高収入を稼げるようになるでしょう。

ファイナンシャルプランナー資格を取得するには長い時間と困難な試験を突破しなければいけませんが、努力して取得するだけの価値がある資格です。

スポンサーリンク


日商簿記

 

どんな企業であっても経理スキルを持った人材は必ず必要とされます。

日商簿記検定に合格して資格を取得しておけば、30代の転職には必ず役立ちます。

簿記の資格を転職に生かすためには最低でも2級、強みとしてアピール材料にするためには1級を取得しておきたいところです。

簿記視覚だけで好待遇の仕事に転職するのは簡単ではありませんが、どの会社でも能力を発揮できる潰しがきく資格なので食いっぱぐれたくない人にピッタリの資格です。

ただし、同じ簿記視覚でも3級以下では転職でほとんど役に立ちません。

資格を取得するなら上級資格を狙いましょう。

 

社会保険労務士

 

社会保険の専門家であることを証明する社会保険労務士は、転職からのステップアップを目指す30代男性に人気の資格です。

合格率が10パーセント前後と中々の難関資格ですが、資格を取得しておけば実力次第で高収入も望めます。

1年程度の勉強で合格する人もいるので、やる気と努力さえあれば働きながらでも十分取得可能な資格です。

社会人向け専門学校に通う方法もありますが、テキストによる独学で合格する人も少なくありません。

会社に所属して働くのであれば普通のビジネスマンの年収に手当が加算される程度ですが、独立開業して顧客を多く抱える人気社会保険事務所を経営するようになれば年収3000万円も夢では無い資格です。

スポンサーリンク


40代男性が転職するときに有利な資格

 

ビルメンテナンス関連資格

 
ビル管理に必要なビルメンテナンス関連資格があると、40代男性でも転職の可能性は大きく広がります。

建築物環境衛生管理技術者またの名をビル管理技術者と呼ばれる国家資格は取得人数の割に需要が高く、ビルがある限り仕事の心配がいらないとても実用的な資格です。

ただし、建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するためには実務経験が必要なため、いきなり資格を取得して転職というわけにはいきません。

まずは電気工事士や危険物取扱、ボイラー技士など比較的取得が容易でビルメンテナンスの仕事に就ける資格を取ったうえで転職し、実務経験を積んでから建築物環境衛生管理技術者に挑戦しましょう。

建築物環境衛生管理技術者はそれほど好待遇が望める資格ではありませんが、安定性という面から見ればトップクラスの実用性を持つ資格です。

日本全国どこでも需要があるうえに激務ではないので、自分のペースで仕事がしたい方や地方への移住を含む転職を考えている40代男性にオススメの資格です。
 

各種運転免許

 
40代からの転職では運転免許が大きな武器になります。

普通免許や中型免許以外の免許を取得していれば特殊な車両を運転できる仕事に就けますから、転職の幅は一気に広がり難易度も大きく下がります。

大型免許ならトラックドライバー、二種免許ならタクシー、大型二種ならバス運転手と保有している免許に応じた仕事に転職が可能になります。

ドライバー業界は深刻な人手不足が長く続いていることもあり、しっかり勤務できるのならそれなりの報酬と待遇も望めます。

いきなり正社員での採用も珍しくありませんし、体力に自信があるなら勤務時間を増やしてしっかり稼ぐことも可能です。

免許取得には費用も時間もかかりますが、自己投資をするだけの価値がある資格といえるでしょう。

もし時間も費用もかける余裕が無い人は、フォークリフト運転者免許が狙い目です。

フォークリフト運転者免許はホームセンターや倉庫勤務などで役立つ資格で、持っていると転職採用の可能性はグンと高くなります。

すでに中型免許や普通免許を取得していれば学科の一部が免除になりますし、一定期間フォークリフト業務に従事した経験があるならばさらに実技も免除されるので取得が容易になります。

運転免許が必要な仕事は一定の需要があるので転職の幅を広げやすく、仕事の見つけやすさを重視するなら非常に魅力的な資格といえるでしょう。

スポンサーリンク


転職は男性におすすめな資格よりも勢い!?

 
いかがでしょうか。

男性が転職するときに有利な資格は比較的どれも簡単に取得することができます。

しかし、大切なのは、その資格をとってどんな仕事をするかではないでしょうか。

やりたくない、興味を持つことができない仕事をするために資格を取るというのはあまり賢い選択ではありませんよね。

せっかくなら資格を抜きにして、やりたい業界に飛び込んでみるのも1つの手段だと言えるでしょう。

そして資格取得よりもとにかく転職したいと考えているならエージェントを利用しましょう。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

  • リクナビNEXT
    (80%以上の人が利用する日本最大の鉄板サイト)
  • ピタジョブ
    (30秒で見つかる日本最大級のサイト・無料)
スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク