出不精な人の8つの原因や心理と改善して治す方法とは?

出不精とは、外出することを嫌がったり、面倒だと思ったりして、ずっと家の中にいることを表す言葉です。

今は家の中にいても何不自由なく生活もできますし、楽しみも数限りなくあります。

わざわざ用事を作ってまで、外に出る必要はないと考えている人も少なくありません。

しかし、家の中にい続けてしまうのは決していいことではないというのは、何となく理解できるでしょう。

ではなぜ出不精になってしまうのか。

また、出不精を改善する方法はあるのか。

そこで今回はについてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


出不精な人の原因や心理

 

容姿にコンプレックスがある

 

出不精な人は、容姿にコンプレックスを抱えている可能性があります。

外に出ると、多くの人たちと会うことになりますが、出不精の人は必要以上に人の視線が気になってしまうのです。

他人からちょっと見られただけで、自分のことを馬鹿にされているのではないかと思い込んでしまい、外に出かける気持ちをなくしてしまいます。

容姿にコンプレックスを抱えている人は、以前人に容姿を馬鹿にされたことがあり、その傷がいつまでも心に刺さっているのです。

このタイプの人は、他人がいくら説得しても外に出ようとはしません。

自ら心の傷を乗り越えない限り、出不精が治ることはなくなっているのです。

ただし、周りの人が一緒に出掛けてあげることで、徐々に外に出られるようにもなってきます。

最初は、コンビニなど近場に出かけることを目標にしながら一緒について行ってあげると、人の視線に慣れてくるため一人で外に行けるようになるのです。

周りの人が実は自分のことを気にしていないことがわかれば、出不精から一転、行動派に代わる可能性もあるので、周りの人たちはフォローしてあげましょう。

 

怠惰な性格のため

 

怠惰な性格の人も、出不精になりやすくなっています。

元々体を動かすことが好きではない人や、面倒くさがりのタイプはわざわざ外に出かけようとはしません。

外に出かけるともなれば、それなりの用意をすることになりますが、怠惰な性格の人は服を選んだり身支度を整えるのがとても面倒に感じるのです。

そんな用意をするくらいなら、暇な一日寝て過ごしたいと思っているでしょう。

また、怠惰な人は、家の中でパソコンをしたりテレビを見たりしたほうが気楽に過ごせるという価値観を持っています。

インドアの楽しみを満喫してしまっているため、外に出かける必要を感じないのです。

今の時代は、外に出かけなくてもパソコンやスマホを利用すれば、好きな商品を購入することができます。

怠惰な性格の人は、通販の利用方法にも慣れているため、外に出かけなくても必要なものをすべて揃えることができるのです。

いつもは仕事を行っていて、休みの日には家に引きこもってしまう人も多いですが、周りの人たちは働いているだけましと考えるしかありません。

本人も特に不都合を感じていないため、そのままで過ごさせてあげるとよいでしょう。

【関連記事】
だらしない人でも上手くいく5つの法則

スポンサーリンク


疲れや病気が隠れていることもある

 

出不精というと、本人の性格という見方がされてしまいますが、中には疲れが原因になっているものもあるのです。

例えば、前までは元気に過ごしていたものの、最近は元気がないという時には職場で悩みを抱えていたり、仕事の疲れが蓄積しているかもしれません。

心身共に疲れてしまうと、休日に外に出る気力もなくなってしまい、ずっと家の中で過ごすようになってしまうのです。

いつもとは様子が違っている時には、何気なく話をしてみるとよいでしょう。

また、心身の疲れが溜まりすぎてしまうと、うつ病などの疾患にかかってしまう場合もあります。

精神疾患になると、心のエネルギーが減少してしまい外に出たくても出ることができません。

このタイプの出不精になると、食事を摂れなくなったり眠ることができなくなるなどほかの症状が出てくるので身近な人でも気づきやすくなってきます。

万が一、気になる症状が出ている時には、本人を説得して心療内科などを受診してみるとよいでしょう。

早めに専門の治療を受ければ、症状を早く治すことができ元のように外に遊びに行けるようになってきます。

 

お金を使いたくない

 

出不精の人の心理の一つとして、お金にシビアで必要以上に無駄な出費を避けたいというものがあります。

どこかに出かけるとどうしてもお金を使うことになってしまいますし、自制していてもつい油断をして財布の紐が緩んでしまわないとも限りません。

そんな可能性があるのであれば、そもそも財布を出すきっかけを作らなければいいということで外出を控えるようになります。

出かけなければ交通費もかかりませんし、食事も外食ではなく家で済ませたほうがよっぽどリーズナブルです。

そもそも出かけるための準備で外に着ていくための洋服を持っていなければならなかったり、女性であれば仕事用以外に休日用のメイクやファッション道具などあれこれと用意しておく必要が出てくるでしょう。

そのためにもやはりお金がかかってしまいますから、それだけで出かけることを躊躇してしまいたくなるのです。

出費がかさむのであれば、のんびりと家でラフな格好をしてテレビを観たりゴロゴロとしているだけほうがいいと考えます。

出不精は最高の節約方法になるので、出かけようという気持ちが沸きにくくなるのです。

【関連記事】
お金のかからない趣味9つ

スポンサーリンク


何よりも家の中が大好き

 

外に出ることが嫌いだったり面倒なのではなく、家の中の居心地がよすぎて出ようという気持ちが沸きにくいことがあります。

仕事が終わった後の自由な時間、休日で一日中時間があるとき、どう過ごそうか考えてあちこち行きたいところが思い浮かぶ人がいるのと同じように、真っ先に家でできることをあれこれと考えてそれが何よりの楽しみになるタイプだからこそ、自然と出不精になるのです。

人の目を気にせずに自分一人で過ごす時間が大好きで、なおかつ家の中で楽しむことができる夢中になれる趣味を持っていればなおさらです。

絵を描いたり本を貪るように読んだり、モニターに張り付いてゲームをしたりネットサーフィンをしたり映画を観たり、買い物だってネット回線があれば家の中でできます。

自分のスペースで好きなことを思いっきり満喫できるのですからわざわざ家の外にで出る必要はなくなりますし、他人から外で遊ぶお誘いが来ても「楽しみが潰される」と感じて断りがちになります。

最悪の場合、出かける約束をしていても当日が近づくにつれて億劫になり、ドタキャンを選択することもあるくらいです。

 

外出しにくい住環境にある

 

交通の便がいい都会に住んでいるとわかりませんが、地方の郊外にいると外出をするのに不便なことが少なくありません。

食料品や日用品を買いに行くくらいであれば問題ありませんが、ちょっとしたレジャー施設に出かけたり少し大きな商業施設を利用したり、イベント事に参加をしようと思ってもそもそも出かけるための足を用意することすら大変なこともあるのです。

バスや電車の本数が少なすぎて遠くに足を伸ばそうと思っただけで綿密な計画を立てなければいけなかったり、車がなければ生活ができないところに住んでいればガソリン代などを考えてとても費用がかかるお出かけになることがよくあり、都会であればちょっと思い立って実行できるような行動でも、田舎だと小旅行並みに気合を入れて準備する必要が出てくることもあります。

そうなるとそうそうどこかに出かけようという気持ちが起きませんし、ただ遊ぼうと思っただけで長い時間が取られてしまってとても疲れるのです。

結果的に出かけることを考えるたびにその価値を考えるようになってしまい、よほどの外出好きでなければ出不精になってしまいます。

スポンサーリンク


出不精を改善して直す方法

 

外へ出るきっかけを作る

 

出不精の人は外出をしないで成り立っている生活をしています。

出不精を改善するきっかけとして、外出する機会を意識して作ることが効果的です。

例えば、食料品の買い物は週に1回一気に買いだめするなどしていませんか。

スーパー側は少しでも多くの日に来店して買い物をして欲しいので、特売の品は数日に分けて設定しています。

スーパーのちらしやネット情報をチェックして、特売目当てに買い物を週に2~3回に増やすだけで外出の機会は多くなりますよね。

経済的にもメリットがあるかも知れません。

友人の誘いにも敢えて参加してみるのも良いでしょう。

今までは「う~ん、どうしよう。」と断っていた誘いも、徐々に参加するようになれば益々声が掛かる機会が増えることでしょう。

また、趣味を持っても良いでしょう。

とは言え、もともと出不精なのですから、いきなりアウトドアのキャンプなどはハードルが高過ぎてしまいます。

自分の気の向く場所への散歩から始めてみましょう。

万歩計を持つとさらに目的意識が高まり継続できるかも知れません。

最近の万歩計は歩数だけでなく様々な機能があるので意外とはまるかも知れません。

スマホの初期設定に入っていることも多いので、身近なものになっています。

歩くのが負担であれば最初は車でドライブを趣味にしてもいいですね。

スポンサーリンク


各地のイベントなど情報収集する

 

テレビやネットで各地のイベント情報を収集してみましょう。

春ならお花見、夏なら花火、秋なら紅葉狩りや果物狩り、冬はイルミネーションなどなど、各地で様々なイベントがあります。

今まで出不精で全く興味が無かった情報でも、知ってみると少しは興味が湧きませんか。

もし、美味しい食べ物が好きでしたら、グルメ情報も効果的です。

イベントのように期間限定で開催されるものもあれば、メニューを決めて色々なお店を食べ歩きなんていうのも良いですよね。

例えばラーメンやオムライスなど、お店によって様々な味付けや工夫があるものであればなおさら楽しいですね。

美しい景色や動物などを実際に自分の目で見て見る経験は素晴らしいものです。

自分の経験をSNSなどにアップしていけばそれが継続の励みになります。

SNSなどが負担になるようなら自分一人で楽しむ画像として集めていくだけでも良いでしょう。

そういった経験は友人や上司との話題に事欠かなくなりますので、人との情報交換も楽しくなるかも知れません。

人との接点が広がると、外出する機会にもなるかも知れませんね。

 

楽に出掛けられる環境作りに力を入れる

 

「外出してみようかな・・・」という気持ちはあっても、いざ身支度や実際に出掛ける手順を考えるとまたまた面倒になってしまうこともあるでしょう。

何がネックになっているかを考え、それを解消していきましょう。

もし、洋服選びに悩むのであれば外出用の服をワンセット準備しておきましょう。

出不精対策の第一歩として新しく買いに行っても良いですし、家にある服でも大丈夫です。

出掛けたいという気持ちが湧いてきたら、これを着ていくと決めておきましょう。

もし洋服選びがネックであれば、それをするだけで意外とすんなり出掛けられます。

駅まで出るのが面倒な場所に住んでいるということがネックになっている場合。

少し大きな話になりますが、もしお金を時間に余裕があれば駅の近くの物件に引っ越すという手もあります。

さすがにそれはハードルが高いのであれば、駅までの道のりを楽しめると良いよいですね。

今まであまり乗らなかった自転車を入手し駅の駐輪場を使うという体制だけでもかなり出掛けやすくなりますし、徒歩で散歩からスタートして、駅からお出掛けという考え方もありですよね。

自分を出不精にさせている原因を解消すれば、実は外出は嫌いじゃなかったなんていうこともあるかも知れません。

スポンサーリンク


メイクの研究

 

女性は自分に合ったメイクを見つけるとそのメイクを定着させる方って多いですよね。

月に何度かだけでもいいので「メイクの研究」をしてみて下さい。

メイクの研究をすることによって新しい自分の見せ方が分かってきたり、「アイホールをもう少し明るい色にしたら良さそう!」「今のつけまつ毛よりももう少し束感のある濃い物にしたらデカ目になりそう!」などといった自分に合ったメイク方法が少しずつ見つかりちょっと変わった自分を見つけられた事によって楽しい気持ちになってきます。

そして薬局やショッピングモールなどへ新しいメイク用品を買いに行きたくなるのです。

そしてまたメイクの研究をした時に「もう少しラメ入りのシャドーがいいな!」「赤リップにも挑戦したいな!」などと、今までは気にもならなかったラメ入りやラメなしの物などにも興味を持ち、更に今までに挑戦したことのないメイク用品にも手を出したくなるものなのです。

メイクの研究をする事で可愛くて綺麗な自分に出会え、色々なメイク用品にも興味を持ち使用したくなります。

メイクの研究をする事で綺麗になれるだけではなく、自然と出不精も改善できてしまうという一石二鳥なのです。

 

美容院とヘアーアレンジ

 

美容院へ行くと綺麗な髪の毛になり、すぐに自宅へ帰るのではなく、どこかへ寄り道したくなりますよね。

それが出不精の改善なのです。

例えば月に1回「髪の毛のメンテナンス」と称し、月に1度ヘアートリートメントやリタッチ、カラー、カットのどれかを月に1回美容院で行うようにすると自然と髪の毛の些細な部分が気になり美容院へ行く事に対して外へ出る面倒くささがなくなります。

髪の毛を綺麗に保つことにより自分自身のポテンシャルも上がります。

「毎月に何度も美容院には行けない!」「そんなお金が無い!」という女性であれば自分でヘアーアレンジをして楽しむ事も出不精改善に繋がります。

なぜかというと、普段は簡単なポニーテールをしたり髪の毛を下ろしたままでスーパーやコンビニへ行く方も多いと思います。

ですが、自分でヘアーアレンジをする事により「今日は風が強いからこんな髪型にして出かけよう!」「今日は暑いから髪の毛をアップにしよう!」と思え、ヘアーアレンジをして外に出る喜びを知るのです。

そして、ヘアーアレンジが上達すると上手くなり、周囲から「すごいね!」と関心される事が増えて更に外へ出て人に会う楽しさもしるのです。

美容院やヘアーアレンジをするだけで出不精の改善や直すことができます。

スポンサーリンク


新しいファッションを買う

 

出不精の方ってファッションへの関心があまりなく、普段からジャージやラフな格好をする方が多いものです。

なぜ新しいファッションが出不精の改善に繋がるかというと、新しい洋服や小物、靴などを買ったりすることで「早く着たいなー」と新しいファッション達が思わせてくれるのです。

例えば新しい靴だけを買った場合、「良いデザインだけど合う服がないなー」と思って買ったにも関わらず閉まってしまうともうその靴を履く時はありません。

ですが「この靴にはこの服が合いそうだ!」と、自宅にある洋服と合わせたり靴と一緒に洋服を購入することで頭の中でコーディネートが出来上がり、自然とそのコーディネートをして外へ行きたくなります。

バックでも同じです。

バックを買ったものの出かける用事はないが、「ちょっと外に行って使ってみようかな!」と思い、用事もないのに自然と外へ行きたくなります。

これが「新しいファッションを買う」といういつの間にか出不精が改善されているのです。

新しいファッションを買う事でファッションへ興味を持つだけではなく、自分自身がオシャレになれるというプラスもあります。

 

出不精は改善できる

 

いかがでしょうか。

出不精な人には必ず理由があります。

それはコンプレックスだったり、対人関係であったりと、人によって様々です。

その原因を突き止めれば、改善方法は自ずと見えてきますが、それをわざわざ改善しようと思う人はあまり多くありません。

もちろん出不精が悪いことではありませんが、家の中にばかりいる自分に対してストレスを感じる状態であれば、すぐに対処しなければ、どんどん悪化していきます。

簡単なのは外に楽しみを見つけること。

上記のあることでもいいですし、他にもネット通販で注文できるものを、外のお店で買ってみるといったことでもいいでしょう。

とにかく外に出る用事を作ることで、外の気持ちよさを知ることができます。

その小さな一歩があなたを出不精から改善させてくれるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク