働きたくない
by chez_sugi

 

働きたくない

そう感じる瞬間は数多くあります。

その感情に身を委ねてもいいのかもしれませんが、
多くの方は辛い気持ちを抱えたまま現在の仕事を続けているはずです。

しかしどうせ働くなら夢や目標、情熱を持って活き活きと働きたいものです。

そこで本日は「もう働きたくない・・・」「疲れた・・・」と感じた時にポジティブシンキングになれる言葉をご紹介します。

スポンサーリンク


働きたくない人の原因と改善方法

出典

 

働きたくないときこそ向かい合う

 

「目の前の仕事」に真剣になりなさい。
きっと、見えてくるものがある。

 

もしかしたらあなたが入社した会社は仕方なく入った、その会社しか内定もらえなかった、ということはないでしょうか。

中には「今の仕事が本当にやりたい仕事だったらなぁ」と考える人もいるのでは。

しかしどの会社に入っても、どんな仕事をしていても
面白いところもあれば、面白くないところがあるということを認識しなければいけません。

そして仕事の面白さが分かるのは目の前の仕事に本気で取り組んだ時であると本書では伝えています。

ルーティンワークでも効率化をはかって質を高めたりすることで、自己満足かもしれませんが上手くいった時の喜びになったりするものです。

 

働きたくない人は目標がない

 

欲をもちなさい。
欲が磨かれて志になる。

 

「別に今の会社で出世したくない」
「ある程度稼げればそれでいい」

そう感じながら働いている人は多くいます。

しかしそれでは働くための原動力としてはかなり弱いものになります。

「年収1500万稼ぎたい人」と「年収400万のままでいい人」だと今は同じ収入でも、行動がまるっきり変わるのはすぐに予想がつくでしょう。

前者はもちろん一生懸命働いたり、勉強したりして今後に活かせるような行動を積み重ねます。

欲ほどあなたの行動を変えるものは他にないかもしれません。

そして欲は自分でリミットを設けているだけであって誰にでもあります。

その欲を開放して行動につなげれば
「働きたくない・・・」とクヨクヨしている暇はないかもしれません。

 

働きたくない気持ちはやり方次第

 

プアなイノベーションより、
優れたイミテーションを。

 

すごくいい案なのに全然採用されない、こんなに良い自分の意見を受けれてもらえない・・・といった機会はあります。

しかしその案や意見は本当に素晴らしいものなのでしょうか。

多くのアイデアや意見はたいていすでに話し尽くされたものだったりします。

「自分の思い通りにいかない!」とヘソを曲げがちなあなたは、
まずは近くにいる「すぐれ者」たちを真似して能力の底上げをしましょう。

基礎能力の水準が上がれば上がるほど、
あなたの意見が通りやすくなりますし、アイデアなども精錬されていきます。

 

働きたくない人ほど基本ができている

 

仕事で大切なことは、
すべて幼い時に学んでいる。

 

「この会社は礼儀にうるさいし、細かいからもう嫌だ!」
と感じる時はあるでしょうか。

あなたが小さかった時を思い出してみて下さい。

  • 「挨拶をしなさい」
  • 「お礼をいいなさい」
  • 「嘘をつかないようにしなさい」
  • 「仲間はずれはやめなさい」
  • 「自分が悪かったら謝りなさい」

こう教えられてきたはずです。
そして素直に実行していたのではないでしょうか。

これらができる社会人が減ってきているようです。

当たり前の礼儀を以前のように当たり前に行なうと意識が変わります。

 

働きたくない人の習慣改善

 

よい習慣は、
才能を超える。

 

「自分はこの仕事に向いてない」と感じる時があります。

しかし今、仕事ができている、評価されている人たち全員が才能やセンスに満ち溢れているかといえばそうではありません。

もしかしたらその人達も以前はあなたと一緒だったかもしれません。

彼らを変えたのは習慣。

本書では、朝活をしたり、言われる前に動いておく「一歩先の行動」の習慣を身に付けることによってライバルとの差をグングン縮め、いずれ追い越せると伝えています。

 

働きたくない人は失敗するべき

 

せっかく失敗したんだ。
生かさなきゃ損だよ。

 

だれでも失敗はしたくないものです。

しかし失敗からしか学べることができないものが多く存在します。

その学びが大きな収穫となり、成長につながります。

挑戦 → 失敗 → 原因究明 → また挑戦

この繰り返しによってしか、成功には近づけません。

 

逃げる人ほど働きたくない人になる

 

逆風の場こそ、
君を鍛えてくれる。

 

望まない部署への異動だったりして仕事のモチベーションがガクッと下がるキッカケは数多くあります。

しかしそんな時こそチャンスだと思うことが大切だと伝えています。

そこで腐らずにどうやって結果を出すか、行動するかで精神的にかなり逞しくなるでしょう。

また、一生懸命働いているあなたを必ず見ているものです。

世の中は捨てたもんじゃない。

がんばる人、努力するが、最後の最後まで不遇などということはほとんどないですよ。
志があって、周りの人を大事にしていれば、必ず誰かがそれを見ているのです。

だから、職場の良し悪しで一喜一憂しないことです。

 

働きたくない人は今の自分の価値を知ることを最優先にする

 

一度働きたくない状態に陥ってしまったら
抜け出すことが難しいのはあなたが一番ご存知のはずです。

しかしそれはあくまでも自力で抜けだそうとした場合です。

数多くの人は第三者の力を借りたことによって、
「働きたくない」「会社辞めたい
とネガティブ思考だったのがウソのようにイキイキと仕事をしています。

その第三者の力というのが、
匿名のスカウトサービスの利用です。

このようなスカウトサービスを有効活用して
ステップアップや天職と思えるような仕事に就いた著名人がたくさんいるので、
今は一般的な方法としてよく知られているのはあなたもご存知のはずです。

著名人の例をあげるなら、
株式会社ディー・エヌ・エーの創業者である南場智子さん。

彼女はいくつものスカウトエージェントに履歴書を送り、自分が良いと感じるスカウトが来ないか待っていたと講演会などで話されていました。

さらに名前をあげると、
勝間和代さんも同じくスカウトエージェントの力を借りてキャリアアップを重ねてきています。

ドラゴン桜で有名な三田紀房さんも同様です。

さらに勝間和代さんと三田紀房さんはご自身でスカウトエージェントを利用された経験から著作でも、3つ以上のエージェントサイトにはまず登録しておくべきだと伝えています。

働きたくないとネガティブになっている人ほど、環境や待遇が変われば化けることが良くあるので、様々な企業からスカウトがきたりします。

一方で中途半端に仕事ができると天狗になっている人ほどスカウトが来なかったりするのもよくあります。

こういった市場価値はあなたが判断し決めることではありません。

なので、なるべく早い段階で確認しておけばおくほど、今後に活かせる機会や良い環境で働けるチャンスが大きく増えるということです。

また本腰を入れて転職したいと思った時や、
リストラにあった時、もう辞めたいと我慢の限界にきたときなどに、

予めエージェントを使っていれば何とかなるという
メンタル面でも大きな安心感が得られるというメリットもあります。

 

働きたくない人が使うべき匿名スカウトサービス

 

利用者が抜群に多く、手軽に使えて、実績がある代表的なサービスをご紹介します。

2つとも完全に無料で利用できます。

また、「自分の今の市場価値だけでもとりあえず確認しておきたい」
という人はリクナビNEXTが絶対にオススメです。

匿名で利用できるので、あなたがスカウトオファーされたからいって話を聞かなければいけない決まりなどは一切ありません。

お金も時間も全くかからず使えて、
おまけにいつでもすぐにやめることができるため、
得することはあっても、損することは一切ないでしょう。

そのため、得することがあっても、あなたが損することはまずありません。

これはほんの些細なキッカケかもしれませんが、
この小さな行動が働きたくないといつも感じていたあなたから、毎日が楽しくイキイキと仕事をするあなたへ変えるかもしれません。

1つだけ確実に言えることがあります。

それは、
「行動しないといつまでも結論はでない」
ということ。

他人がウジウジ同じ悩みをいつまでも繰り返している中で、
あなたは自分の市場価値を知ることで確実にその人たちより一歩先に進むことができます。

こうしてあなたの同世代の人たちや、あなたと「同じ」だった人たちは
ネガティブな自分だった過去からとっくに卒業して、毎日楽しく仕事をしていますよ。

リクナビNEXT

 



スポンサーリンク