極端な性格の人との上手な付き合い方6選

世の中にはいろいろな人がいます。

職場や友人関係を見渡しても、中にはかなり性格が極端という人もいることでしょう。

もしかしたら、あなたの周りの人にも一人や二人ぐらいはいるかもしれませんね。

そういう極端な人とうまく付き合っていくにはいったいどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は極端な性格の人との上手な付き合い方についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


極端な性格の人との上手な付き合い方

  • 極端な性格とは
  • ある程度話を聞き流す
  • 少し距離を置いて接する
  • 感情的にならない
  • できるだけ複数で付き合うようにする
  • どこかで相手を肯定する

 

極端な性格とは

全か無か思考とは、物事を1か0かに決めつけてしまうことで、一つの方向に考えが偏ってしまっていることをいいます。完璧主義な性格がある人、または、自分の意見が強すぎて頑固な人が陥りやすいです。

出典 極端な考え方をしてしまう時の対処法

仕事を早く終わらせなければならない、

自分は忙しくなければならない、

とにかく急がなければならない、

歩くのが異様に早かったり、足音がうるさい人は、

上記で述べたような”実態”のない理由で、

常に、焦っている状態です。

出典 極端な性格の人と接し方

「妥協したくない」
「中途半端は嫌」
「仕事は、順序だてて効率的に片付けてしまいたい(60%の状態などがいや)」
「自分に必要としない人間性と無理に付き合う必要はない」

というのが根底にあるからです。

仕事の業績でも、二位や三位の中途半端は嫌なので、常に一位(7~80でなく100ということ)でなければ気が済みません。

出典 0か100かしかない、極端な人がいますが、こ

スポンサーリンク


ある程度話を聞き流す

 
極端な性格の人と付き合う時には、ある程度はその人の話を聞き流したり、行動に目をつぶったりすることが必要です。

極端な性格であるがゆえ、時と場合によっては過激な言動や驚くべき行動に出るということもあるでしょう。

そういった時、思わず慌ててしまいますが、その言動を止めようと思うと、非常に大変です。

仮にあなたが注意しても、その注意を理解しないどころか、もしかしたら攻撃の矛先があなたに向かってくるかもしれません。

そうなると、とても厄介なことになってしまいます。

「この人はこういう人なんだ」ということを理解して、あまり過剰に反応しないようにすることが大切なのです。

何か騒ぎ立てても、心の中で「また言っているな」というくらいに留めておけば、そういう言葉や行動にドキドキしたり慌てることもないでしょう。

つまり振り回されなくてすむということになるのです。

極端な人が、激しい言葉を発していたりとんでもない行動をしていても、ある程度はそれに目をつぶって聞き流すということが大切なのです。

それが極端な性格の人とうまく付き合う方法なのです。
 

少し距離を置いて接する

 
極端な人とうまく付き合うためには、少し距離を置いて接するということが必要です。

いくら相手が好意を示してくれても、あまりにも関係が濃くなってしまうと、疲れてしまってうまく付き合うことができないでしょう。

極端なところがあるとしても、その人なりにいいところもあるかもしれません。

たまには一緒に食事に行ったり、休日にどこかへ出かけてもいいでしょう。

しかし、それがしょっちゅうになると、どうしても摩擦が多くなってしまうことでしょう。

ちょっとしたことで揉めたり、言い争いになってしまうこともあるかもしれません。

そういう風なことがたび重なると、上手に付き合っていくことも難しくなってしまうのです。

極端な人からお誘いがあっても、あまり密度が濃いようなら、少し距離を置いて接するようにするのが大切なのです。

それが結果的に長続きする付き合い方となるでしょう。

スポンサーリンク


感情的にならない

 
極端な人と上手な付き合い方の中には、相手につられて感情的にならないということがあります。

極端な人は、精神的にもアップダウンが激しいので、時と場合によっては激しく感情をぶつけてくるということもあるのです。

そういう時、思わずつられてこちらも感情的になってしまうと、収拾がつかなくなってしまいます。

いくら相手がエキサイトして、感情をむき出しで言ってきても、決してつられないようにすることが大切です。

極端な人が感情を上手にコントロールできずに何か言ってきても、決して真正面から相手にしないようにしましょう。

そういう時には一歩引いて、相手が落ち着くのを待つようにするのが得策と言えるのです。
 

できるだけ複数で付き合うようにする

 
極端な性格の人とうまく付き合っていくためには、一人で相手をしないということが必要です。

自分一人でその人と接していると、相手の関心や感情もすべて自分に向いてしまいます。

良い時は良いのですが、マイナスな時にはダメージが大きいともいえるのです。

そういう極端な人と付き合うには、できれば一対一で向き合わず、できれば複数で接するようにしてみましょう。

そうすることで、相手の感情がすべて自分に向かうことがなく、ほかの人にも分散するでしょう。

また、極端な人が何かとんでもないことをしでかした時にも、一人で対応しなくてすむのです。

何人かいれば、一緒にその人を抑えることができるかもしれません。

そういう人と、いつも二人っきりでいるとなると、こちらの神経も結構疲れてしまいます。

くたびれ果ててしまう前に、上手に他の人と一緒に複数で接するようにしましょう。

それが極端な性格の人とうまく付き合っていく方法なのです。

スポンサーリンク


どこかで相手を肯定する

 
極端な人とうまく付き合っていくためには、どこかで相手のことを肯定していることを伝えるのがベストな方法です。

そういう人は、心のバランスが不安定なために、そのような言動になってしまうのです。

そして、それは誰に指摘されなくても、本当は自分の心の底ではよく分かっているのです。

自分の精神的なバランスが悪いということ、そして実は周囲にも疎まれているのでは・・・と、うっすらと感じているのです。

そんな極端な性格の人とうまく付き合うには、その不安を少しでも解消してあげるようにするとよいでしょう。

もちろん直すべきところはたくさんありますが、でもいいところもあるよということを、さりげなく言葉の端々で伝えてあげましょう。

そういう言葉をもらえることで、相手は自分を認めてもらえているということを感じることができます。

そして、その言葉で心が満たされたり、気持ちが落ち着くことができるのです。

極端な性格の人とうまく付き合っていくには、そういったメンタルの不安定な部分をフォローしてあげるということも、重要なポイントとなるでしょう。
 

極端な性格を理解しよう

 
いかがでしょうか。

以上、極端な性格の人との付き合い方をお伝えいたしました。

そういう人は、付き合っていても疲れることが多いですが、意外といいところもあるのです。

そんな相手の良さを受け止めて、上手に付き合っていきたいものですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク