転職に失敗する人と成功する人の違い3つ

転職を成功に導かせるためには、正しいノウハウとしての転職活動を行う事が重要です。

転職活動を行う際に、過去に在職していた会社の退職を鑑みて、面接官の気持ちをつかめるように面接の場で対応する事が成功の鍵です。

つまり、自分の将来を見据えて、多面的な見方をしながら活動を行った人であれば、成功に導く可能性は高いです。

そこで今回は転職に失敗する人と成功する人の違いについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


転職の失敗と成功

 

先輩などの転職失敗や成功の体験談を学んできたか

 

転職活動の成否の条件として大切な事は、

働いている先輩などの先人の失敗や成功の体験談をいかに学んできたかどうかです。

相手の立場に立って物事を考えた時に、

人の言う事に耳を傾けることです。

人の成功談を基本ににして、自分のこれまでの成功談を鑑みる事で、

転職活動に一定の成果が出やすくなります。

他人の失敗や成功談に関して耳を傾けることは、

自己中心な性格を払拭するということです。

つまり、成功談を基にして他の人のアドバイスを受け入れる事で、

転職してからも人間関係などが上手くいきやすいので、転職に関して成功した事を感じやすいです。 

一方で、他人の意見を受け入れない自己中心的な人が転職を希望する場合、他人に受け入れやすいような成功などの体験談を伝えにくくなります。

自己中心的な性格を持ちながらの活動で、面接官から採用の通知を受けたとしても、結果的に人間関係が上手く行きにくい状態になります。

先人の体験談を受け入れない事は、将来において転職の成功につながりにくくなりやすいです。

自己中心的な性格を持ったまま転職をすると、人間関係に苦労して、長期的な目線に立ってみると転職に失敗する人の典型的なパターンになります。

スポンサーリンク


給与を重視して転職活動を行っていないかどうか

 

このご時世において、転職後に給料が上がる事を期待して転職活動を行う事は、

失敗のリスクを重く背負う可能性が高いです。

もちろん、転職後に給料が上がれば、

転職活動に関しては成功したと言えます。

給料の面を重視して転職活動を行う場合、

企業に関してはよほどのスキルやキャリアを持っている人でないと、採用に至る事ができません。

特に中小企業などの規模が小さい企業に転職する場合において、

基本的に人材不足である事と即戦力を重視して採用します。

従って、基本的には給料を上げて採用するほど余裕はない事を認識しておく事が重要です。

給料を重視しないで、自分のやりたいことや実績を会社にアピールして、

転職活動をしていく人が将来的に成功の可能性が高いです。

給料を前職よりも低く提示していたとしても、転職を果たした後に会社の期待以上に成果を出せば、おのずと給料は上がっていくのです。

転職後の業績に関して、会社が求める期待値以上の働きをすれば、

結果的に前職より給料が高くなって、給料が上がった事で転職が成功したことを感じます。

従って、これまでのスキルに応じた給料を提示するのではなくて、転職後に結果を出すために会社の期待に応えられる人が成功する人です。

一方で、転職活動で高めの給料を提示したとしても、新しい会社で期待以上のパフォーマンスを出せない人は、給料の引き下げに遭って失敗する可能性が高いです。

給料を据え置いてでも自分の役割を認知して、キャリアにプラスとなる経験となる会社を選択する事が、転職の成功につながります。

スポンサーリンク


キャリアアップだけを目指すための転職活動を行っていないか

 
転職はキャリアアップを目指すことを蔓延していますが、転職をしてもキャリアアップには必ずしもつながらない場合が多いです。

確かに転職者にとってキャリアアップにつながっている人もいたとしても、キャリアアップに実感をもてない人もいます。

転職活動において、地位や給料などを上げていく前提でキャリアップをアピールすると、結果的に将来に活きてこない場合が多くて、転職が失敗する可能性が高まります。

失敗する人の例として、待遇などの条件でキャリアアップを全面的に出している事で、よい条件の転職先はなかなか見つからなくて、活動が長期化して失敗してしまいます。

成功に導ける人は、転職の目的に関してキャリアアップの一点張りとしないで、現在の状況をよい方向に修正できる人です。

また、ベンチャー企業などに、入社を希望している人に求められる新しい事に挑戦する心構えを持つことが、転職活動の成功の条件です。

異なった環境で心機一転の気持ちで始める気持ちを持ったり、新たなプロジェクトを始める場合のメンバーとして仕事をやる意気込みが必要です。
 

転職に失敗したらフットワークを軽くして次へ行こう

 
いかがでしょうか。

転職活動は、最近は時代とともに変化が著しくて、突き進む技術の進化に対応できる人が成功に導き易いです。

これまでのキャリアや給料に捕われずに、オリジナルのキャラクターとして自分をアピールする事と何事でもチャレンジ精神を持つことが、成功のための条件です。

一方で、自分中心の考えで転職をすると、かえって失敗の確率を上げてしまう結果になります。

世の中の進化とともに、ポジティブな思考で転職活動に望んで、会社の要望に応えられる人が将来的にも成功しやすいです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク