語彙力がない人の6つの特徴と増やす方法とは?

語彙力がある人とは、その人が持っている単語の数が多い人のことです。

ボキャブラリーと言い換えたほうが分かりやすいかもしれませんね。

会話をしていて「この人は語彙力があるなぁ」と感じる人はやはり自分が知らない単語が出てきたり、会話の文脈でほぼほぼ同じ意味なのに違った単語を使ったりするものです。

その一方で語彙力がない人もたくさんいますよね。

そこで今回は語彙力がない人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

【目次】

スポンサーリンク


語彙力がない人の特徴

 

ほとんど読書をしたことがない

 

いろんな言葉を覚えるためには、とにかく読書をしましょう。

あなたも、子どもの頃そんな風に教えられた経験はありませんか?

覚えている言葉が少ないと、当たり前ですが表現力もそれに比例して乏しくなります。

つまり、自分の中で何か伝えたいことがあったとしても、それを上手に相手へ伝達できないわけです。

しかし、毎日ただ会話を繰り返しているだけでは、なかなか語彙力というものは身につきません。

どうしてかというと、会話はあまりにも淀みなく進行するものであるため、その中で出てきた言葉の一つひとつを記憶に留めておくことは困難だからです。

したがって、誰かが話をしているのを漠然と聞いているだけでは、決して語彙力は高まりません。

語彙力がない人は、基本的に言葉を耳でしか確認したことがないのです。

読書によって目からも情報を入れていれば自然と語彙力も上がっていくのですが、残念ながらそういった経験が不足していることになります。

そしてそういった特徴をなくしていくためには、当然ながら読書をすることが必要です。

毎日寝る前に少しずつでも構わないので、何かお気に入りの本を見つけて読むようにしてみましょう。

スポンサーリンク


自分に自信がない

 

伝えたい大切なことがあるのに、上手く伝えられず本当にもどかしい…

あなたもそんな歯がゆい気持ちになったことはないでしょうか?

語彙力がないことによる最大のデメリットは、相手に自分の意思をきちんと伝えられない点にあります。

そして言いたいことがあっても上手く伝えられない状況が続けば、自然と伝えること自体をあきらめてしまいがちです。

つまりどんどん自分に対する自信を失っていき、最終的には自分の思いを相手に伝えようとさえしなくなってしまいます。

これが語彙力のない人の大きな特徴です。

そんな失われた自信を取り戻すためには、語彙力を高めるために己を磨くしかありません。

ただし、短期間のうちに劇的な変化を望むのは難しいので、コツコツと努力を続けていく必要があります。

たとえ同じような感情を抱いた場合でも、その都度意識して別の言葉で表すクセをつけてください。

もしも言葉が出てこないときは、テレビや雑誌などからでも構いませんので、引用して表現するようにしましょう。

語彙力がないことで自信を失っている人は、語彙力を手にいれることでしか自信を取り戻すことはできないのです。

スポンサーリンク


話がムダに長くなりがち

 

語彙力がない人と会話をしていると、ある大きな特徴に気づくことができます。

それは、「話がムダに長い」という特徴です。

本来ならもっと話を圧縮できるはずなのですが、語彙力がない人は文字通り乏しいボキャブラリーしか持っていないため、回りくどい表現などが増えてしまい、結果として話がムダに長くなりがちになります。

あなたの周りにも「いつになったら結論にたどり着くんだろう」と感じるような話し方をする人がいると思いますが、そういった人は語彙力がない人だと考えてほぼ間違いありません。

しかも同じような言い回しが非常に多いため、話を聞いている方が途中で飽きてしまうという点も、大きな特徴になります。

語彙力がない人にとって大切なのは、「とにかくシンプルに話すよう努める」ことです。

難しい言い回しをしようにもその能力がないのですから、そこは清くあきらめてさらに話を簡単にすべきなのです。

このように語彙力がない人は、話を聞かされている方にしてみれば退屈で迷惑にも思えてしまう存在ですが、そのことを自覚して改善を試みていけば、ある程度相手の不快感を軽減することも可能でしょう。

 

知らない言葉の意味を調べようとしない

 

語彙力がない人には、知らない言葉を耳にしたり目にしたりしても、そのままにしてしまうという特徴があります。

どんなに豊かな語彙力がある人でも、「知らない言葉」はあるでしょう。

語彙力がある人は、知らない言葉を耳目にしたとき、できるだけ早くその言葉の意味を調べようとします。

新しい言葉、専門用語など、自分がそれまで関わったことのない言葉、触れたことのない言葉に出会うと、そのままにしておくということができません。

すぐに自分で調べて、その意味を知り、その言葉を覚えようとするのです。

そのようにして1つずつ語彙を増やしていくわけですが、語彙力がない人は、そのように語彙を増やしていくという努力をしません。

知らない言葉に出会っても、自分でその言葉の意味を調べることはしないのです。

その背景には、向学心のなさ、知的好奇心のなさがあると考えていいでしょう。

少しでも言葉に対して好奇心を持っていれば、知らない言葉を知らないままにはしておかないはずです。

勉強をする楽しみの一つは、知らなかったことを知ることなのですが、語彙力のない人にはそうした向学心が欠けています。

「知る楽しみ」を知らないのが、語彙力のない人の特徴と言えるでしょう。

スポンサーリンク


言葉で説明することが苦手で、身ぶり手ぶりが多い

 

語彙力がない人は、使える言葉が限られますから、言葉で人に何かを伝えるということが苦手です。

たとえば、自分の中に湧き起っている感情を表現するとしましょう。

「こんなに深い感銘を受けた」という感情を表現しようと思っても、それを言葉で適切に表現することができません。

自分の中にある強い感情を相手に伝えたいという気持ちはじゅうぶんにあるものの、それを言葉で伝えることがうまくできないのです。

そのため、もどかしい気分になり、言葉の代わりに、身ぶり手ぶりでその感情の強さをなんとか表現しようとします。

よく、英語の苦手な人が外国人と話すとき、言葉ではなくジェスチャーで伝えようとすることがあるでしょう。

あれと同じです。

語彙力がない人は、自国人と自国語で会話をする時でも、自分の感情や状況、出来事などを表現するのに適切な言葉を知らないため、ジェスチャーを多く使おうとします。

つまり、語彙力がない人の表現は大変に派手なものになるということができるでしょう。

派手な身ぶり手ぶりをするものの、結局はうまく相手に伝わらないというのが、語彙力のない人の特徴なのです。

スポンサーリンク


人の話を理解できないことが多い

 

自分の感情などを相手に伝えるのが苦手なだけでなく、語彙力のない人には、人の話を理解することが苦手という特徴もあります。

知らない言葉が多いために、人から話を聞いても、その内容を正しく理解することができません。

たとえば、仕事に関することで、上司からレクチャーを受けるとしましょう。

上司はしばしば、むずかしい言葉や、ことわざや慣用句を使って、仕事の指示をしたり、説明をすることがありますが、語彙力がない人はその意味を理解することができないのです。

わからない言葉を上司が口にしたら、その意味を聞けばよさそうなものですが、語彙力がない人は知らない言葉を耳にしても、知ったかぶりをすることが少なくありません。

そのため、人の話を聞いて、なんとなくわかったような気にはなるのですが、実は、正確には理解できていないことが多いのです。

自分で勝手に、「よくわからないけれど、おそらくこういう意味なんだろう」と解釈してしまうのが、語彙力がない人の困った特徴と言っていいでしょう。

そんなふうに勝手に解釈して、それですませてしまうために、いつまでたっても語彙を増やすことができません。

 

語彙力を増やす方法

 

知らない言葉はすぐに調べる

 

語彙力をアップするためによい方法は、「知らない言葉を知らないままにしておかない」ということです。

たとえば、テレビのバラエティ番組で出演者が聞いたことのない言葉を口にしたとしましょう。

多くの人は、気軽に見ているバラエティ番組であれば、知らない言葉が出てきてもそのままにしてしまうのではないでしょうか。

しかし、それでは、語彙力をアップすることはできません。

どんなシーンであっても、知らない言葉を耳にしたり目にした場合は、できるだけその場で調べて、その意味を確認しましょう。

たとえば、職場で上司や先輩と話している時に、知らない言葉を耳にすることもあるでしょう。

その言葉の意味を知りたいと思っても、「なんだ、こんな言葉も知らないのか」と笑われることを怖れて、直接聞けないということもあるにちがいありません。

その場合は、あとでその言葉の意味を調べればいいのです。

とにかく、目に入った言葉、耳に入ってきた言葉の中で、知らないものがあったなら、必ず自分で調べること。

人に聞くよりも、自分で調べたほうが、その言葉の正確な意味を知ることができるはずです。

これが、語彙力を増すためにはどうしても必要なことと言っていいでしょう。

スポンサーリンク


ことばに関する本を読む

 

本を読むというのも、語彙力をアップさせるための、大変有効な方法です。

読んでいて知らない言葉が出てきたら、先ほどお話ししたように自分で調べればいいわけですが、もっとも効果的な読書の方法を紹介しましょう。

それは「ことばに関する本を読む」という方法です。

本屋や図書館へ行けば、日本語に関して書かれた本がたくさん並んでいるに違いありません。

「間違いやすい日本語」とか、「言葉の由来」と言った類の本です。

こうした本は、読む人の言葉に対する知識を高めるために書かれた本と考えていいでしょう。

「この言葉はこういう意味があり、由来があり、こんなふうに使われます。こんなまちがった使われ方をすることもあります」というような内容が、そこには書かれています。

小説などの本を読んで言葉の意味を調べるのもいいですが、ダイレクトに言葉に関して書かれた本を読んだ方が、より効率的に語彙力を増やすことができるに違いありません。

このような本を読むようになると、自然に言葉に対する興味がわいてくるものです。

言葉に関心を持つようになれば、自分から積極的に言葉を学びたいという気持ちにもなるでしょう。

まずは、読みやすい新書あたりから始めてみてはいかがでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク