できる営業マンの持ち物9つ

できる営業マンの持ち物とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

バリバリ仕事ができるビジネスマンのカバンの中や普段使っている持ち物などはやっぱり気になるものですよね。

そこで今回はできる営業マンの持ち物をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


できる営業マンの持ち物

 

メモパッド

 
商談では、自分のためにもクライアントのためにも内容のメモを取る必要があります。

大事な話をメモも取らずに持ち帰られると、クライアントも不安になるためです。

また、立ち話だけでも直後にメモを取ったり、移動時間中に考えを整理したりするためにもメモパッドは必要です。

いつでもどこでも書きやすい、背表紙が固い紙になっているタイプがオススメです。サイズとしてはA5程度でしょうか。

メモを取る量は個人差がありますが、一時間程度の商談を大体1ページで書ききれるサイズを選ぶと良いでしょう。

一回の商談メモが複数ページにまたがってしまうと、後から見返して振り返りにくくなるので注意しましょう。
 

できる営業マンの持ち物に携帯充電バッテリー

 
充電切れで外出先で連絡がとれなくなってしまうのは、できる営業マンとしては失格です。

急な連絡で外から長時間の電話をすることもあるでしょう。メールやスケジュール確認に使っていれば、なおさら充電バッテリーが必要です。

少なくともスマートフォンを一回はフルに充電できるだけの、容量を持つバッテリーは準備しておきたいですね。

また、スターバックスなど一部カフェではコンセントもあるので、コンセント充電器も持っておくことをオススメします。

外出先でも社内に近い環境で仕事ができるような便利な環境になりましたが、その分、営業マンとして必須の持ち物も増えたといるかもしれません。

スポンサーリンク


身だしなみセット

 
スーツ用のブラシ、ミニ鋏、爪切り、手鏡の4点セットも必要です。朝ギリギリで自宅を飛び出した場合にも、商談前には余裕を持って身だしなみを確認しましょう。

たとえば爪は、資料を示したり、パソコンの画面上を指さしたりする際に相手の目に触れます。伸びていたり割れていたり、些細な事ですが、だらしない人間だと思われてしまうことは避けたいですね。

特に営業が男性で商談相手が女性の場合は、身だしなみをよく見られています。必要以上に格好つける必要はありませんが、不潔な印象を与えてしまうと、発言も商品も評価が下がってしまいます。
 

スマートフォンや各デバイスの充電器

 
スマートフォンは営業の仕事において、本当に便利な文明の利器です。

道に迷ったり、わからないことがあったりすれば、その場で調べることができるので、日々助けられている営業マンも多いのではないでしょうか。

しかし、スマートフォンの欠点は、電池が長持ちしないことです。そのため、肝心な時に使えない、といったことになると、出先での仕事に差し支えが出てきます。

そこで、できる営業マンはそれを事前に阻止するために、常に充電器を持ち歩いています。

スマートフォンが必要な時に安心して使えるように、常に準備を怠らないのです。もちろん、充電器を持ち歩くだけでなく、早め早めに充電しておくことも忘れていません。
 

表示が見やすく、スーツに合うデザインの腕時計

 
最近は携帯電話やスマートフォンで時間の確認をする人が多くなりましたが、取引先のお客様の前で、いちいちそれらを出して時間確認するという行為は、見ている相手が落ち着かなくなってしまいます。

できる営業マンはそれをきちんとわかっているので、腕時計を必ずします。そして一見して時間がすぐわかるように、数字の表示がわかりやすくなっている腕時計を選びます。

又、営業はお客様と接する仕事ですから、身だしなみも大事です。なので、自分が着ているスーツに合うようなデザインの腕時計を選び、外見的にもスマートな印象になるよう、こだわっています。

スポンサーリンク


できる営業マンの持ち物に歯磨きなどのオーラルケア用品

 
前述のように営業は、お客様と接する仕事です。お客様に不快感を与える営業マンはプロ失格です。特に、清潔感に関しては気を配らなくてはならない仕事です。

そのため、できる営業マンは、口元の清潔感や口臭対策にもきちんと気を配ります。なので、歯磨きセットやオーラケア用品も忘れず持ち歩きます。

食事後にお客様と接する時は必ず歯磨きを済ませ、場合によってはブレスケアもプラスし、口元全ての清潔感に気を配ります。
できる営業マンならではの、身だしなみへの細やかな配慮です。”

“できるビジネスマンは、身だしなみとして持ち物にも色々気を配っています。

文房具一つとっても仕事に効果があるという物をチョイスして、持つようにしているのです。そういうビジネスマンは一体どのような持ち物を持っているのでしょうか。その具体的な物をお伝えしましょう。
 

質の良い筆記用具を持つ

 
できるビジネスマンは、質の良い文房具を持っています。

例えばペン一つをとっても、それなりの金額でこだわりのあるペンを持つようにしているのです。そういうペンは、値段が高いだけあって使い心地が良かったり指への負担が軽かったりします。

また、社外で取引先の人と打ち合わせなどを行うような場合、どうしても筆記用具は目につきやすいので、相手がどういった品を持っているかという事に気が付くでしょう。

そういう時、ある程度のポジションについているビジネスマンが、あまりに安っぽい筆記用具を使っているようでは、場合によっては相手の印象を悪くしてしまう事になりかねません。

できるビジネスマンは、筆記用具ひとつとってもこだわりのある物を使っているのです。

スポンサーリンク


できる営業マンの持ち物に使い勝手の良い手帳

 
できるビジネスマンの持ち物で、最も重要な物のひとつに手帳があります。手帳には取引先などの連絡先を始め、様々なスケジュールなどが書かれています。

手帳はビジネスマンにとっては大切な持ち物ですが、できるビジネスマンは使い勝手の良い手帳を持つようにしているのです。

ただ値段が高くてステータスがあるだけでは、できるビジネスマンの手帳としては役不足です。

使い勝手の良さは人によって様々感じ方がありますが、できるビジネスマンは自分自身の使いやすさというのをポイントにして手帳を選んでいるのです。

手帳はビジネスマンにとって大切な物ですが、使い勝手の良い手帳を選ぶという事は、できるビジネスマンにとって大切な事だといえるでしょう。
 

電子機器を持ち使いこなす

 
できるビジネスマンの持ち物として欠かせないのは、携帯できる様々な電子機器であり、それを使いこなすという事が大切です。

スマホやノートパソコン、iPadをはじめとして様々な電子機器がありますが、仕事で必要かどうかに応じてそういう電子機器を持ち、それを使いこなすという事が現代のできるビジネスマンなのです。

仕事によってはあまりそういう電子機器を必要としない職種もありますが、今どきのビジネスマンがガラケーを使っているというようでは、取引先と情報交換をする際にも差し障りがあるかもしれませんし、何より情報化のこの時代に取り残されてしまいます。

できるビジネスマンは、必要に応じた電子機器を持ち、それを使いこなす事ができるのです。
 

できる営業マンの持ち物を真似しよう

 
いかがでしょうか。

今回は、できる営業マンの持ち物とは一体どういう物があるかという事についてお伝えしました。

できるビジネスマンは、持ち物を一つ選ぶ際にも吟味しています。そういう習慣が、仕事においても高評価を取る事につながっているのでしょう。

まずは形から真似してみるのもいいかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク