冷静になる方法6つ【仕事・緊張・恋愛】

生活していると「冷静にならなければいけないタイミング」というものが存在します。

人の言動にカッとなってしまう、思ってもいない状況で混乱してしまう、心がざわざわして正常な判断ができなくなってしまうなど、色々なタイミングがあります。

こういうタイミングは自分の予期しないタイミングでやってきてしまうため、冷静な判断が出来なくなってしまいます。

逆に言えば「冷静になる手段」を持っていたなら、どんなことが起こってもリカバーが可能になるのです。

そこで今回は様々な「冷静になる方法」をご紹介しますので、実践できそうなものはすぐにでも取り入れてみましょう。

スポンサーリンク


冷静になる方法

 

飲食をする

 
飲食を出来る環境であれば、適した飲食をすることで冷静さを取り戻すことが出来ます。

「ガムを噛むと集中力があがる」のが例として挙げられます。

他にも、モヤモヤしている時に炭酸飲料を飲む、心が悲しい時には暖かくて甘いものを飲む、一気に情報が入ってきて冷静に処理できない時には苦いコーヒーを一気飲みするなど、状況に合わせて飲食をすることで瞬時に冷静さを取り戻すことが出来ます。

飲食が出来る環境であるならば、冷静さを取り戻すための飲食物を頭の中で整理しておくといいでしょう。
 

オーバーなアクションをする

 
飲食を出来ない環境、例えば会議中や上司との会話中などでは、オーバーなアクションをすると冷静さを取り戻すための手助けとなります。

具体的には何かを伝える時に、右手に力を入れてアクションをとる、任せてくださいと言わんばかりに右手で心臓を叩くなどです。

このようにアクションをするとどうなるかと言うと、体は動いているのに脳は静かに状況を整理する、いわゆる冷静な状態をとることが出来るのです。

頭で考えて話していたことの一部を体に任せることによって、考える余裕ができ、冷静さにつながります。

また大きくアクションを取ることによって、話している相手に「熱くなっているんだな」と伝えることができ、その後に冷静さを取り戻すための流れを作ることにも役立ちます。

スポンサーリンク


大きな声を出す

 
屋上や公園、体育館など限られた場所でしか使えませんが、大きな声を出すというのは効果的です。

「ここ数日間モヤモヤしていて、どうも冷静になれない日が続いている」という方にはベストな方法と言えます。

一瞬パニックになる方には先述の方法がオススメですが、長時間モヤモヤしていて冷静さを取り戻せないという方もいると思います。

そんな方にはこの方法がとてもおすすめです。

大声を出せる屋上や公園というのは、その場所に至るまでの道のりが既に冷静さを取り戻すためのステップとなっています。

また、大声を出せる場所へ移動している間に心の中で整理がつき、その整理したものを肯定し吹っ切れるために、大声を出すのです。

こうすることによって冷静さを取り戻すと共に、自分の進むべき道が見えてくる可能性もあります。
 

いったん席を外す

 
生活している中で冷静にならなければいけないタイミングは、ほとんどが「人と過ごしている環境」で発生します。

人と過ごしている環境から5分でも10分でも離れることで、ある程度冷静になることが出来ます。

ここで大事なことは、環境から離れる理由をいくつか持つことです。

「ジュースを買ってくる」「タバコを吸ってくる」「ストレッチしてくる」など、これらの正当な理由を持つことで冷静になりたい時に席を外すことが出来るので、冷静になりたいタイミングをコントロールすることが出来ます。

もちろん状況によっては抜けることが出来ないかもしれませんが、日常的に自分のいる環境から抜け出すタイミングを作っておくと便利です。

スポンサーリンク


自分に説明をする

 
プレゼンでの質問や急な事故など、予想していなかったことが起こると冷静でいられなくなってしまいます。

そんな時こそ、自分に説明することが大事になってきます。

今の状況はこうで、自分はこう考えて話して、相手はこう言ってきた。

なるほど、と自分の中で納得してから相手に説明します。

この自分に説明して「なるほど」と自分で納得する「間」が冷静さを取り戻すための「間」となるのです。

今起こっている状況に対して何も考えずに「違う」「そうだ」と反応するのではなく、一度自分に説明して納得することで、冷静さを取り戻すための流れを作ることが出来ます。
 

開き直ってみる

 
5とは逆に、考えすぎて何を言えばいいのかわからなくなってしまい、結果的に冷静さを保つことが出来なくなる人もいます。

そういう場合は逆に開き直ることで冷静さにつなげることが出来るかもしれません。

もちろん「自分は悪くない」というような悪い意味での開き直りはNGです。

大切なのは「いい意味での開き直り」です。

話を聞きすぎて反応などを考えているうちに、もうどうすればいいのかわからないというような状態になったら、一度流れを止めてみましょう。

「ちょっと待ってください、今の自分ではちょっとわかりません。少し時間をください」という感じです。

無理に合わせようとしないで、素直に「冷静に考えるための時間が欲しい」と伝えることでいい結果が生まれる可能性もあるので、状況に応じて使ってみてください。
 

冷静になる方法は環境によって変わる

 
いかがでしょうか。

冷静にならなければいけないタイミングというものは、現代社会で生活していると避けては通れないものです。

この記事では冷静になるためのいくつかの方法を紹介しましたが、自分に合った冷静になれるような方法を探すことが大切です。

何事も試してみて自分に合った方法を探すことが一番なので、この記事を参考にして、ぜひあなただけの「冷静になる方法」を探してみてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク