人脈の作り方や人脈を広げる方法やメリット

人脈の作り方にはどのようなものがあるのでしょうか。

いかなる業種、いかなる職種であれ、仕事の幅を広げ、キャリアを積み、社会的地位を高めていくために不可欠なのが「人脈」です。

すべての仕事が人のつながりの上に成り立っている以上、そのつながりの質と量によって、その人の社会的価値が左右されると言うこともできるでしょう。

そこで今回は、ビジネスパーソンのために、どうすれば豊かな人脈作りができるのか、そのおすすめの方法を6つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


人脈作りの方法

 

社内の人脈作りは同期から広げる

 
まず、社内の人脈作りから考えてみましょう。

入社時に社内になんらかのコネがある人は、その人物が最初の「人脈」となります。

しかし、そういうコネを持っている人は少数派にちがいありません。

ほとんどの人が、社内に誰も知る人のない状態で、入社したことでしょう。

そういう大多数の人にとって最初の社内人脈となるのが、同期入社のメンバーです。

メンバーの中には将来出世する人もそうでない人もいるでしょう。

中には、重役クラスまで出世する人もいるかもしれません。

ですから、同期入社がいる場合は、できるだけそのメンバーと密な関係を結ぶようにしましょう。

同期というのは、ライバルであると同時に「同士意識」を持ちやすいものです。

彼らと良好な関係を結んでおけば、それが有効な社内人脈となって、将来役立つことも大いに考えられるのです。
 

社内のサークルに参加する

 
もう1つ、社内の人脈作りに有効な方法が、社内のサークルに参加することです。

小さな会社ですとなかなかそうした場はないでしょうが、単発的な任意のイベントなどに参加することで、他の部署の人や、社内的立場の上の人と交流をもつことができます。

趣味のサークルやリクリエーションなどの場では、部署はもちろん、年齢や社内的地位などは関係なく、人間同士のつきあいができますから、結果として濃い人間関係が構築できます。

これは、かなり強い社内人脈となることでしょう。

スポンサーリンク


学生時代の友人との関係を保つ

 
ここからは、社外の人脈作りになります。

まず、学生時代の友人を大切にしましょう。

誰にでも、学生時代の友人はいるはず。

しかし、多くの場合、社会に出てしまうと関係が薄れ、なんとなく疎遠になってしまうものです。

これは、大変にもったいないことと言うしかありません。

学生時代の友人は、社会人になった後も、かけがえのない存在になりうるのです。

友達が同業者になった場合よりも、それぞれに異業種、異職種で仕事をするようになった場合のほうが、より有効な人脈になります。

たとえば、何か新しいプロジェクトのメンバーになったとしましょう。

その際、「この分野なら、高校時代の友人が専門の仕事をしているから、彼にアドバイスしてもらえる」とか、「大学時代の友人がやっている仕事と、このプロジェクトをコラボさせたらおもしろいのでは」といったアイディが生まれてくることもあるのです。

ですから、社会人になってからでも、学生時代の友人とは連絡を取り合い、関係を継続させるといいでしょう。
 

親類、親族も人脈になる

 
意外な人が人脈になるケースもあります。

それは、親類、親族。

今はあまり親類関係を重要視しなくなりました。

「正月に顔を合わせるぐらい」という人が多いでしょうし、「もう何年も親類と会っていない」という人もめずらしくないでしょう。

しかし、実は親類も社外人脈になりうるのです。

ちょっと思い出してみてください。

叔父さんや叔母さん、いとこなど、それぞれがどんな仕事をしているか。

中には社会的地位の高い人がいるかもしれないですし、弁護士や税理士、飲食業など、あらゆる仕事と関連づけられる職種の人がいるかもしれません。

そうした親類は、自分の仕事に生かせる貴重な人脈なのです。

これは努力しなくても手に入れられる人脈ということもできるでしょう。

スポンサーリンク


同業種、異業種交流会に参加する

 
社外に人脈を作る場合に、もっとも有効な場が同業種や異業種の交流会です。

最近は実に多くの種類の、また実に多様なスタイルの交流会が開かれています。最初は、会社の同僚や友人を誘って参加するいいでしょう。

交流会の良いところは、参加者の大多数が人脈作りを目的の一つとしていること。

こちらもそのつもりですが、あちらもそのつもりと考えて、まず間違いないのです。

ですから、名刺交換し、ある程度親しく話をすることができれば、それが近い将来、人脈になることもめずらしくないのです。
 

地域の活動や朝活などに参加する

 
地域活動や朝活などに参加するという方法もあります。

と言うと、仕事の人脈とは無縁のように感じられるかもしれません。

「自分の住んでいる地域の活動が、どうして仕事上の人脈になるのか」と、不思議に思う人が多いでしょう。

しかし、地域には実に多種多様な人が住んでいます。

そして、さまざまな仕事をしている人が集まるのが、地域活動なのです。

その中から思わぬ関係が生まれ、自分の仕事に役立つ人脈が構築されるケースが、実際に少なからずあります。

朝活なども同様ですし、何かの教室に通ったり、趣味のサークルに入会することで、有効な人脈が作られることも少なくありません。

スポンサーリンク


人脈を広げる方法

 

人が多く集まる場所に足を運ぶ

 

人脈を広げるためには人と出会うことが大切です。

そのためには人がたくさん集まる場所に積極的に足を運んで、接点をどんどん増やしていくことが重要なのです。

自分で出会いの機会を作らない限りは人脈はなかなか広がりません。

いつどこに人脈が広がるチャンスが転がっているかは分かりません。

チャンスを無に帰さないためにも、いろいろな人に自分から積極的に話しかけて、知り合いを増やしていきましょう。

向こうからやってくるのを待っていても思うような成果は得られないのです。

人脈というものは増えるのを待つものではなく、自分から作っていくものなのです。

 

何でも良いからとにかく趣味を作る

 

人脈を広げるためには趣味を持つことも大切です。

共通の趣味があれば、人と仲良くなりやすいため、人脈を広げるためにはうってつけの方法と言えます。

例えば釣りやジム、ジョギングなど、外出しなければできないような趣味を持つことです。

人と出会う機会の多い趣味でなければ、人脈を増やすことには繋がりません。

また趣味で出会った人たちとは仕事上での付き合いではなく、プライベートでの付き合いですから、相手のことをより深く知れるというメリットがあります。

それに仕事上の付き合いよりも、プライベートでの付き合いのほうが、相手が助けてくれる可能性も高まります。

スポンサーリンク


自分が持つコネやつてを頼る

 

自分自身が元々持っているコネやつてから、新たな人脈を広げるという方法があります。

この方法は知り合いを介することで、まったく知らない人とでも接点を持ちやすいというメリットが存在します。

また知り合いが間に立ってくれることで連絡を行いやすいという利点もあるのです。

さらに仕事上でのコネやつてを利用した場合は、自分が求めている人材と出会える可能性が高まります。

コネやつてを利用することは人脈を増やすという点においては確実な方法であり、まったくのムダになるということは少ないといっても良いでしょう。

 

人脈を広げるメリット

 

新しい考え方に出会えるため視野が広がる

 

新しい人との出会いは新しい考え方との出会いです。

毎回毎回同じような考え方をしていたのでは、その思考パターンで解決できない事態が起こった時に対処しきれません。

しかし、新しい考え方を取り込むことで今までにない発想ができるようになります。

今まではあきらめるしかなかったようなことでも、新たな出会いから学んだ行動により、状況を改善し、想定以上に良い方向に持っていくことができるかもしれません。

そのためにも、自分の殻に閉じこもるだけでなく、どんどん人脈を広げて新たな考え方に出会うことが大切なのです。

スポンサーリンク


人とコミュニケーションを取る楽しさがわかる

 

人は一人で生きていくのは困難です。

例えばコンビニやスーパー、本屋などの店員さんのやり取りもコミュニケーションの一種です。

話す相手が違えば、同じテーマの話題にも違った反応を返してくれるでしょう。

人脈を広げるということは、同じテーマの会話にも様々なバリエーションの反応を返してくれる人を増やすということです。

ある人はテーマを深く掘り下げようとするでしょう。

別の人は自らの体験を話題にだすかもしれません。

他の人はあなたの心情に理解を示し、そのときの気持ちを共感できるかもしれません。

百人いれば百通りの反応があるのです。

 

困ったときに助けてもらうことができる

 

誰でも人は得意な分野、不得意な分野があります。

しかし、自分の不得意な分野は人に補ってもらうことでカバーすることができます。

多くの友人がいれば、お互いの不得意な分野を補い合うことで、一人では達成することができないことまでできるようになります。

例えば、車の知識が豊富な友人に新車の相談をするとします。

そうすると、一人で車を選ぶよりももっと理想に合った車を買うことができるでしょう。

そしてその友人も何か困ったことがあればあなたを頼り、相談するでしょう。

人脈を広げるということは、お互い支えあうということなのです。

スポンサーリンク


人脈が広い人の特徴

 

いろいろな人と積極的に会う

 

人脈が広い人は、いろいろな人たちと出会うことに抵抗を感じません。

積極的にイベントやパーティーなどに顔を出し、人脈を広げようとする努力を行っているのです。

様々なイベントやパーティーに参加すれば、いろいろな専門知識を持つ人々とも出会うことができるので、人生にプラスの効果を感じることができるでしょう。

また、人脈が広い人は、友人の集まりにも積極的に参加を行っています。

友人同士で会うときに、友人の友人を紹介してもらうことで今までは得ることができなかった人脈をつかめるようになるのです。

このように、さまざまなイベントに積極的に顔を出している人は、必然的に人脈も広がってきます。

どうしても人脈を広げたい人は、面倒がらずにイベントに参加してみると友人や知人を多く作れるようになるでしょう。

 

人によって態度を変えることがない

 

人によって態度を変えない人は、人脈が広い特徴を持っています。

人と出会うとき、いろいろな性格の人と会うことになります。

中には、年上で頑固な性格の人と出会う機会があったり、自分より年下でも社会的に成功している人に会う機会も出てくるでしょう。

年上で頑固な人に出会ってしまうと、どうしても避けてしまいがちです。

また年下で自分よりも成功している人物に会うと、コンプレックスを感じてしまい避けたくなってしまいます。

人脈の広い人は、様々な性格の人に会っても物怖じすることなく話しを行おうとするのです。

また、自分自身に余計なコンプレックスを感じていないので、社会的に成功している人と接しても、特に劣等感を感じることがありません。

すべての人に穏やかに接することで、人望を獲得しやすくなるのです。

スポンサーリンク


いつも明るい性格の人

 

いつも明るい人は、人脈も広い特徴を持っています。

人は、暗い性格の人と一緒にいるよりも、いつも明るい性格の人といることを好む傾向にあります。

いつ話しても穏やかで明るい会話を楽しむことができれば、自然と人が集まってきますし、楽しい会話を楽しめるようになるのです。

また、明るく接することができる人格であれば、自然と人を紹介してもらえる機会も多くなってきます。

人に新たな知人を紹介する時には、紹介しても恥をかくことがない性格であることが重要になってきますが、明るい人であれば、多くの人を幸せにすることができるので、自然と人に紹介してもらえることが多くなります。

人脈を少しでも広げたいと考えている人は、明るい性格に変えていくような努力を行ってみましょう。

努力していくことで、いろいろな人たちと出会うことができます。

 

人の悩みに真摯に対応できる

 

悩みにも真摯に向き合ってくれる人は、自然と人脈が広くなってきます。

生きていると何かと悩みを感じやすくなってきますが、そのとき手を差し伸べてくれたり、じっくりと話を聞いてくれる人がいると信頼を持つことになります。

苦しいときに手を差し伸べてくれる人物は、多くの人たちから信頼されることになり、自然と人脈も広がっていくのです。

特に、話しを聞くだけではなく、これからのことについて一緒になって考えてくれる人格であれば、人は大きな感謝や愛情を持つようになり、強固な人間関係を作れるようになるのです。

人に情けをかける優しさを持っている人は、人脈の広さを持てるだけではなく、本物の友人関係を築くことが可能になってきます。

人脈を広げたい人は、一人一人に真摯に向き合う姿勢を忘れないようにしましょう。

 

人脈の作り方にテクニックはない

 
いかがでしょうか。

人脈作りのためにもっとも大切なのは、できるだけ幅広い人間関係を築くことです。

すべての人間関係が、仕事の人脈につながる可能性を秘めています。

その意識を強く持って、積極的に幅広く行動することをお勧めします。

するとほとんどなかった人脈がいつの間にか、広がっていることに気が付くことでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク