輸入ビジネスで月商1000万稼ぐ人の4つの方法

輸入ビジネス
by Wickerfurniture
 
近年、個人の副業や小資本のビジネスが盛り上がりを見せています。

この流れはどんどん波及していくと見られており、
多くの著名人が「個人の時代を迎えつつある」と発信しています。

実際にブログやメルマガ、電子書籍などで生計を立てている人がすごい勢いで増加しています。

ちなみに私もサラリーマンを辞めて、小規模、小資本で色々なことをやっていたらいつの間にか当時の年収の数倍になっていました。(今のところですが・・・)

これからご紹介する輸入ビジネスは副業として、または個人としてやるにはとても手軽なので多くの人がチャレンジしています。

しかし多くの人が稼げていないのが現状のようです。

そこで本日はお小遣い稼ぎ、副業、個人ビジネスなどで稼ぎたい人が参考になる、輸入ビジネスで月商1000万稼いだ人の方法をご紹介します。

出典

 

スポンサーリンク


輸入ビジネス

  • 撒き餌商品で仕掛け作り
  • コロガシ輸入法
  • 分散仕入れ法
  • 送料マジック法

 

撒き餌商品で仕掛けを作る

 
撒き餌商品については具体例を出したほうがわかりやすいでしょう。

ケータイ電話0円、Yahoo!BBがタダ、コピー機などは撒き餌商品です。

ケータイ電話を0円で販売して通信料を得る、
ブロードバンドルーターを配ってこれも通信料を得る、
コピー機を安く販売してインク代で利益を得る、

というモデルです。

これを個人や小規模ビジネスに取り入れると、
リピーターがつきやすくなったり、ブランディングに貢献します。

初めてのまったく知らないお店で購入するよりも、
一度購入した経験のあるお店の方が安心して買い物ができたりしませんか?

これは消費者心理が働いているのですが、これをうまく活用していくやり方です。

例えば楽天市場で万年筆を販売している人がいますが、万年筆を売るだけだと赤字になってしまうそうです。

しかしそれでも利益につながるからと売り続けています。

この人の利益を得る方法は2パターンあり、
1つは万年筆のインク代、もう1つはより高級な万年筆の販売というものです。

つまり安価な万年筆で集客し、
販売することで顧客リストの確保と2回目以降の購入ハードルを下げ、
インクや別の商品を売るという方法で利益をあげています。

もちろん他の商品にも応用可能なのでぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク


少ない資金でしっかり利益をだせるコロガシ輸入法

 
輸入ビジネスは商品を仕入れなければいけません。

そのため最初にある程度まとまったお金がほしい、または必要だとあなたは考えていないでしょうか?

このコロガシ輸入法であれば少ない資金でも問題ありません。

著者の輸入ビジネスをスタートさせたときの資金は3万円だったそうです。
それをコロガシ輸入法で最終的には2000万の利益を出したのだとか。

さて、その気になるコロガシ輸入法をひと言で言うと、
「売上をすべて次の仕入れにまわす」というやり方です。

具体的に見てみましょう。

仕入れ価格:3,000円
販売価格 :7,000円
利益   :4,000円

このような商品があるとします。

まず1回目は3万円を使って商品を仕入れて販売します。

  • 仕入れ価格:3,000円 × 10個 = 30,000円
  • 売上   :7,000円 × 10個 = 70,000円
  • 利益   :4,000円 × 10個 = 40,000円

となります。

ある程度利益を手元に残しておきたい気持ちをおさえて、売上金額7万円を全て2回目の仕入れに回します。

  • 仕入れ価格:3,000円 × 23個 = 69,000円
  • 売上   :7,000円 × 23個 = 16,100円
  • 利益   :4,000円 × 23個 = 92,000円

そして3回目も売り上げた金額16万1千円を投入します。

  • 仕入れ価格:3,000円 × 53個 = 159,000円
  • 売上   :7,000円 × 53個 = 371,000円
  • 利益   :4,000円 × 53個 = 212,000円

となります。

トータルで86個販売したケースですが、3万円の資金から3回目で20万以上の利益になりました。

月単位で考えると、1日に3個売ればこの利益を確保することができます。

これが少ない資金で大きく利益を出す「コロガシ輸入法」です。

スポンサーリンク


リスクを回避する分散仕入れ法

 
分散仕入れ法はその名前の通り、商品を仕入れる時に、1つの商品を集中して仕入れずに、いくつか種類を分けて仕入れる方法です。

3万円の資金であれば、3種類の商品に1万円ずつといった具合ですね。

この分散仕入れ法には2つのメリットがあります。

まず売れなかったときのリスク回避になる、
そして売れる商品のデータが集まる、

という点です。

分散仕入れ法で売れる商品を見つけて、
それが見つかればコロガシ輸入法で利益を倍増させるメソッドが失敗しない輸入ビジネスのやり方と言えます。
 

利益を生み出す送料マジック法

 
送料マジック法とは、商品を原価やそれに近い価格で販売しても送料で利益を確保するテクニックです。

このやり方のメリットは、
まず多くの人が商品を安い順で探します。

すると価格を安くしていれば、検索の上位に食い込んでくるので目に止まりやすくなります。

もちろん送料を気にする人もいるのですが、
「価格が安いから・・・」とそのまま購入する人も少なくありません。

例えば「Amazonマケプレの「1円ビジネス」で荒稼ぎする方法」でご紹介した1円ビジネスで7億以上売り上げている人はまさにその典型と言えます。

Amazonのマーケットプレイスを利用して1円で本を販売しているのですが、Amazonの送料は250円かかります。

結果として購入者は251円払うことになるのですが、
価格251円と表示されているのと、価格1円と表示されているのでは、後者のほうがインパクトがありますよね。

ちょっとしたテクニックですが、在庫処分のときなどにも効果を発揮します。

スポンサーリンク


輸入ビジネスだけでなく個人で稼ぐ力は必要

 
「こんなのはいつまでも稼げない」
と批判的なことを言う人がたまにいます。

しかしそれは企業であろうが個人であろうが関係なく、未来永劫稼ぎ続けることができるビジネスというのはありません。

どんどん新しいビジネスやサービスが生まれ、古いものは無くなるサイクルは加速しています。

2000年前半にあれだけ普及していた「Yahoo!メッセンジャー」もたった10年ほどで利用者が激減し3月で終了します。

Yahoo!メッセンジャー サービス終了のお知らせ

そんな流れの中で常に改善をして、チャレンジをして、成長していかなければいけないのはすべての人に当てはまります。

私は40代、50代で会社辞めることになった人を見てきました。

彼らの多くは現在アルバイトをしたりして何とか生活しています。

たった数年前までガラゲーのシェアが圧倒的ナンバーワンだったNECは今はスマホ事業で大敗し、大きなダメージを受けました。

そうした企業から放り出された人はどうすればいいのでしょうか?

このときに自分を成長させ続けていた人と、ダラダラとぬるま湯に浸かってきた人とでは取り戻せないほどの差が生まれます。

副業でも何でも個人で稼ぐことができる手段を身につけておくことはこれからもっと必要になるスキルになっていくはずです。

いざというときになっても自分で稼ぐスキルを身につけるというのは狭い視野が広くなり、今の仕事にもいい影響を与えるでしょう。

今まで何もスキルが身についていない・・・なんて人はこれらを意識してみてはいかがでしょうか。

リスクヘッジにつながるキッカケになるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク