上品な女性の6つの特徴とは?

あなたは上品な女性に憧れていないでしょうか。

自分の言動が下品だと感じる度に、そんな女性に強い思いを抱くものです。

しかし、ただ上品と言ってもその中身は様々ですよね。

そこで今回は上品な女性の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


上品な女性の特徴

 

言葉遣いがとてもキレイ

 

あなたは女性が汚い言葉を使って話しているのを聞くとどんな風に感じますか?

おそらく多くの人は、それだけで不愉快な気持ちになってしまっていると思います。

もちろん男性なら汚い言葉を使ってもいいわけではありませんが、女性が汚い言葉を使っているのを耳にすると、より強く幻滅してしまいますよね。

逆に上品な女性には、言葉遣いがとてもキレイだという特徴があります。

聞いていて不快になるような言葉は絶対に使いませんし、本人も常にそうした面を意識していますから、話を聞いているだけで相手が心地よくなるのです。

たとえば自分のことを「あたし」と表現する女性も多いのですが、上品な女性は必ず「私」という一人称を使います。

どうしてかというと、きちんと「私」と言った方が、話の内容についての説得力も増すことを知っているからです。

このように上品な女性には、下品な言葉遣いをせずキレイな言葉遣いをするという大きな特徴があります。

言葉遣いが変われば心の中までも変わってきますし、それがエレガントな所作にまでつながっていくのです。

一目置かれる上品な女性になるためには、やはり言葉遣いに注意した方がよさそうですね。

スポンサーリンク


自信に満ち溢れているけど嫌味がない

 

上品な女性というと、どうしても「お高くとまっている」イメージがないでしょうか?

言葉遣いだけが丁寧で、実は心の中で相手を見下している。

そう考えている人は、おそらくたくさんいるでしょう。

ですが、それは完全に間違いです。

なぜかというと、本当の意味で上品な女性は、自信に満ち溢れているけど嫌味がないものだからです。

自信過剰で他人を見下しているような人は、決して本当の意味での上品な女性ではありません。

ただ、「上品な女性を気取っているだけ」なのです。

本物の上品な女性はたいへん頭も良く、周囲の人たちへの気遣いをすることも決して忘れません。

自分の意見を言うときでも、なるべく相手を刺激しないようにしながら、不快な思いをすることがないようしっかりと配慮しています。

そしてそんな気遣いがあるからこそ、どれだけ自信に満ち溢れていたとしても、周囲の人たちからは嫌味だと感じられることがないのです。

そういった特徴は簡単に身につくものではありませんが、上品な女性は必ず持っている特徴でもあります。

もしあなたが上品な女性になりたいなら、まずはそんな一面を見習った方が良いかもしれません。

スポンサーリンク


他人の悪口を言わない

 

多くの女性は井戸端会議が好きなものですよね。

さっきまでニコニコ笑いながら一緒に話していた相手のことでも、違うグループに入ったときは平気で悪口を言う女性もたくさんいます。

誰にでもわかることですが、そんな女性は必ずと言っていいほど下品です。

上品な女性は、決して簡単に他人の悪口を言ったりはしません。

他人の悪口を言うことが、最終的には自分の評価を下げてしまうことにつながると知っているからです。

つまり他人の悪口を言わないことが、上品な女性が持つ一番大きな特徴だと言えるでしょう。

あなたは、悪口を言っている女性の顔をよく観察したことがあるでしょうか?

その全ての顔にはたいへん醜い笑みが浮かべられていて、とても長い時間は見ていられませんよね。

一方で、上品な女性は誰かと会話をしているとき、常にさわやかな笑顔を見せてくれます。

その上他人の悪口も全く言わないのですから、話していてこれほど気持ちがいいと感じられる相手は他にいません。

上品な女性は本人が優れた人格者だというだけではなく、関わった人たちみんなを幸せにしてくれる素晴らしい存在なのです。

 

ゆったりとした仕草が美しい

 

上品な女性というのは動作がゆったりとしていて、一つ一つの動きに余裕を感じさせます。

その上、自身を目にする人がどう思うのかをきちんと意識しており、指先まで隙なく神経が行き届かせているからこそ、とても女性的で綺麗です。

こうした上品さを感じさせる仕草というのはちょっとしたことで滲み出てくるもので、たとえば物を手にするときには両手を添えるようにしたり、何かを人に渡すときにも片手で無造作に突き出すのではなく胸元にそっと差し出したり、座っているときにも背筋を曲げて足を開いたりせずに人目がないところでも姿勢を正して足を閉じているなど、細かいところで差が出ます。

上品な女性はいつも女性らしい美しさを考えた動きをしているからこそ、とにかくあらゆる動きがとても丁寧なのです。

ですから、自然とゆっくりした動作になります。

逆に、せかせか慌しい人や動きが雑な人には上品さを感じません。

職業で言うと旅館のおかみさんですとか、高級クラブの女性キャストなどを思い浮かべるとわかりやすいでしょうが、こうした上品な女性達は一様にゆとりを感じさせる動きをしているからこそ、優雅さが伺えます。

スポンサーリンク


口元が美しい

 

品格を表現するのに最も重要となってくるのが口元です。

油断をしやすく性格や育ちが出やすいため、口元を見ていればその人の品がよくわかります。

上品な女性というのは大きな口を開けて物を食べたり大声で笑ったりはしませんし、ボーっとしているときにぽかんと開けっ放しになっていることはまずありません。

いつも気を抜かずに口元を引き締めているか微笑を浮かべており、突発的なことが起こっても感情の変化に倣って大きく開くことがないのです。

そもそも、感情をあまり大きく表に出すことがないのも上品な女性の特徴の一つになります。

喜びや悲しみ、怒りなどを感情的になって人にアピールすることがありませんので、笑ったり叫んだりして必然的に口元が大きく開くような機会も少なくなり、グッと堪えた大人の対応をすることができるのです。

喜怒哀楽の感情が豊かな人はどうしても子どもっぽい印象を与えやすいので、口元が締まっていることで感情に振り回されることがない品性のある女性であることが伺えるようになります。

感情が出やすいところだからこそ、上品な女性は口元のコントロールが上手い人なのです。

 

食事の仕方が美しい

 

その人がどういう環境でどうやって育ってきたのかを如実に表わすのが、食事に関するマナーです。

長年培われてきた習慣だからこそ改善しようと思わなければ簡単には変えることができませんし、だからこそ品の良し悪しがよくわかります。

上品な女性は、まず人を不快にする食べかたをしません。

食べるときに食器同士で音を立てない、くちゃくちゃと咀嚼音を立てない、口に食べものを含みながら話しをしない、どうしても会話が必要であれば口元に手を添えられる、ご飯粒やソースなどを残さずお皿が綺麗になるまで食べることができるなど、当たり前のようでなかなか実践できないことを滞りなくクリアできています。

さらにお箸の持ちかたが綺麗であったり、ナイフやフォークの使いかたが完璧であればいうことはありません。

もちろんこうしたことは意識をすれば改善していけるマナーですから、周囲の人と差をつけようと思えばまず一番気をつけていきたい部分でもあるでしょう。

まず、食事マナーを気をつけていきたいと考えられることこそが、上品な女性であることの条件にもなっている部分があります。

 

上品な女性になりたいなら服装などの外見から内面までチェック!

 

いかがでしょうか。

上品な女性と思われる人はストレートにいうと隙きがありません。

まずは外見を綺麗に保ち、運動を欠かさずスタイルを維持、そして服装も露出を控えたファッションをします。

もちろんそれだけでパッと見ただけでは上品な女性という印象をあたえることができるでしょう。

しかし、それだけではすぐにそうではないと見破られてしまうでしょう。

やはり接している時の態度や言葉などもかなり影響してきます。

最初はかなり大変かもしれませんが、それを継続することで当たり前に振る舞うことができるようになりますし、次第にあなたの内面もそれに合わせて変わってくることでしょう。

本当の意味で上品な女性になりたいのであれば、外見→内面という順序で改善したほうが効果的なので覚えておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク