上司が威圧的なときの対処法9つ

あなたの上司は威圧的ではないでしょうか。

威圧的に叱責されると、部下としてはもうどうしていいかわからないものです。

それが行き過ぎてしまうと、仕事が嫌になったり、会社に行きたくないとさえ思ってしまうので、やはり適切な対処法を身につけておかないと人生がおかしくなってしまいます。

たった一人の上司のせいであなたの生活が狂ってしまうのです。

そこで今回は上司が威圧的なときの対処法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


上司が威圧的なときの対処法

 

威圧的な時は自分がうまく引くようにする

 

上司が威圧的な時は、自分が何か言いたいこと・主張したいようなことがあっても一歩引くような感じにするといいでしょう。

そうしないと威圧的な態度が酷くなったり、もっと態度が大きくなったりすることがあります。

そしてもし何か伝えたいことや聞いておきたいようなことがあれば、それをきちんと上司に伝えてから周囲の人に言うようにもしましょう。

威圧的な上司の場合、前もって聞いていなかったり自分だけ知らないようなことがあると仲間外れにされたような気分にもなり怒ってしまうこともあるものです。

ですから対応に注意しましょう。

 

威圧的な態度をやんわりとかわす

 

威圧的な態度もそのまま受け止めてしまうとストレスになりますし、あまりにも気になるようだと鬱になってしまうようなこともあるでしょう。

ですから上司が威圧的な態度の時はやんわりとかわすようにすることも大事です。

話が長くなりそうなら急用を使って話をうまく切り上げるようにしたり、上司と接するのをできるだけ避けるようにもしましょう。

あからさまに避けるようにしてしまうと上司も気を悪くしてしまうので、やわらかな態度でかわすようにもすると良いです。

威圧的だからといって嫌な顔をしてしまうのも関係を悪くしてしまう原因になるので要注意です。

スポンサーリンク


威圧的でない上司のことを褒める

 

威圧的な上司というのは自分が一番偉いのだと思っているようなこともあります。

ですから、自分が一番他人から評価されないと面白くないということもあるでしょう。

そんな時、他の上司をみんなで褒めたりすれば、威圧的な態度も多少なくなるかもしれません。

威圧的でない上司のことを褒めれば、なぜその上司が褒められているかが気になるようにもなりますし、その上司を真似しようとも思うものです。

ライバル心から人格が変化することもあるので、威圧的でない人のことを評価することで威圧的な上司の性格改善を図ってみてもいいでしょう。

 

上司は簡単に変えられない、自分から変化する

 

他人に対してすぐに威圧的な行動を取る人もいます。

それが上司であれば、毎日、顔を合わせることも嫌になり、ビクビクしてしまいますよね。

こちらのミスであっても、大声で、怒鳴ってきたり、脅しにも感じてしまうような文句を言ってきたりするでしょう。

一度、そのような経験をしてしまうと、また怒られるかもと不安になり、つい何もなくても緊張してしまいますよね。

しかし、そんな気持ちをいつまでも持っていても、この関係に変化は生まれません。

しかも、上司の威圧的な性格は、こちらが何とかしようとしても変わるものでもありません。

自分から変化するしかないと悟りましょう。

スポンサーリンク


溜まったストレスを吐き出すようにする

 

まず、初めにできることは自分の中に溜まってしまったストレスを吐き出すようにすることです。

自分の中に深く閉じ込め、誰にも相談できないままでいると、心がどんどんと疲れてしまいます。

「今日、辛かった」と思ったら、なるべく早く、口からストレスを出すようにしましょう。

友人や家族に相談しても良いでしょう。

けれど、忙しくて、相談するような時間もない時もあるでしょう。

そんな時には、車の中で大声を出したり、お風呂の中で大きな声で叫んだりするなど、声に出してみることも大事です。

「あー」とか「わー」でもストレス発散になります。

また、ひどいパワハラには、労働局での相談窓口も設置されています。

我慢せず、言葉にして、吐き出すことも必要です。

 

少しずつ、変えていこう

 

あなたの上司はあなたのみ、厳しく接しているのでしょうか。

よく見渡してみると、周りの人間にも同様にきつい口調で、怒っていることもあるのではないでしょうか。

自分だけが責められているのではありません。

自分から、少しずつ、変わっていきましょう。

例えば、少し早めに出勤して、掃除を行ったり、下調べを十分に行ったりしてみましょう。

今度は、ミスのないように、丁寧に仕事をするぞと自分なりに考えてみましょう。

失敗は誰もが経験することで、繰り返しながら成長していくものです。

あなたが変わると、「いつもと違う態度だな」と上司も気がつくことでしょう。

少しの変化から、関係が変わるチャンスを作り出せるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


上司の威圧的な態度に萎縮して肝心な部分を見逃さないように気を付けよう

 

上司が威圧的だと萎縮してしまいがち。

苦手意識がしみついてしまうと、威圧的な上司の前にいるだけで動機が激しくなり、すっかり萎縮してしまいます。

そして、上司に喚き立てられると、さらに混乱してしまい、話の本質がわからなくなってしまうのです。

そうなると、上司は更に「話を聞いているのか!」「理解できているのか!」と威圧的にあなたを責めてきます。

なので、上司がどんなに威圧的でも、その態度に惑わされることなく、上司の話の内容に注目しましょう。

あなたを責める発言は、悟られないように右から左へ受け流すのです。

大事なのは、上司があなたにどんな働きを求めているのかということと、仕事上重要な情報のみ。

どんなに怖くても、その点のみは明確にできるよう、上司に確認をとりましょう。

 

上司が威圧的に自分を叱責する材料を可能な限り減らそう

 

いくら上司が威圧的でも、全く非のない部下を叱るのことはできません。

なので、上司があなたを叱責する材料を可能な限り減らすために、仕事は素早く丁寧に行いましょう。

不明な点は、もちろん上司に確認です。

「そんなこともわからないのか!」と、きっと上司は威圧的にあなたを怒鳴りつけるでしょうが、必要なのですから仕方ありません。

恐いからといって、上司との接触を怠ると、倍になって上司の攻撃が自分に降りかかってきます。

上司が威圧的だと、会社に行くのが憂鬱になるかもしれませんが、自分の仕事スキルと人間スキルを上げるチャンスだと前向きに捉えましょう。

スポンサーリンク


上司の威圧的な態度がパワハラに値すると感じた時は、然るべき機関に勇気を持って相談しよう

 

上司の態度が威圧的を超えてパワハラである場合は、受け流しは不可能です。

上司はあなたが完璧に仕事をこなしても、難癖をつけては怒鳴り散らすことでしょう。

そうなったら、もう自分だけでの対処は困難。

然るべき相手や機関に相談することが必要になってきます。

まずは、威圧的な上司を昔から知る人にアドバイスを貰うと良いでしょう。

パワハラを行いつつも、社内ではそれなりの地位に着いた上司です。

もしかしたら、攻略ポイントがあるかもしれません。

それでも難しいようならば、威圧的な上司の更に上に相談するという手もありますが、それは社内情勢を良く観察してから決めた方が良いでしょう。

大きい会社ならば、社員をパワハラやセクハラから守るための組合や部署が設立されている場合もありますので、そこに相談するという手もあります。

しかし、社内では問題が解決できないようであれば、最終手段として外部の期間に相談するしかありません。

労働基準監督署や、有料になりますがパワハラを専門に行う弁護士に相談してみましょう。

 

上司が威圧的なときの対処法のまとめ

 

  • 威圧的な時は自分がうまく引くようにする
  • 威圧的な態度をやんわりとかわす
  • 威圧的でない上司のことを褒める
  • 上司は簡単に変えられない、自分から変化する
  • 溜まったストレスを吐き出すようにする
  • 少しずつ、変えていこう
  • 上司の威圧的な態度に萎縮して肝心な部分を見逃さないように気を付けよう
  • 上司が威圧的に自分を叱責する材料を可能な限り減らそう
  • 上司の威圧的な態度がパワハラに値すると感じた時は、然るべき機関に勇気を持って相談しよう

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク