厳しい上司との付き合い方9つ

あなたの上司は優しいですか?厳しいですか?

やはり人間ですから、厳しい上司よりも、優しい上司のほうが安心感がありますし、働きやすい職場であることは間違いありません。

しかし、その上司が仕事に対して本気であればそれを部下に求めてしまい、結果として厳しくなってしまうのはよくあることです。

この上司は自分には合わないと感じる前に、ほんのすこし付き合い方を変えるだけで、環境が劇的に変わる可能性があります。

そこで今回は厳しい上司との付き合い方についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


厳しい上司との付き合い方

 

とことん上司についていく

 

厳しい上司でも、単に怒っているだけの上司と、仕事ができて尊敬できる上司とかなり色々な上司がいます。

尊敬ができる上司に関してはとにかく仕事ができるようになる上での指導としての厳しさです。

そしてついていく事で自分もそうなれるのだと思えば自然とついていく気になるものです。

ついていく事で、自分もそうなれるのだと思って我慢して従っていくのです。

すると仕事がどんどんできるようになり、ついていく意味もわかってくるのです。

最初は辛くても頑張って従い、取り組んで行くようにしましょう。

そうするとどんどんスキルアップになっていくのです。

 

上手くスルリとかわしていく

 

厳しければ上司でも仕事が出来ないのに上司であるというだけで威張ってくる上司もいるものです。

もちろんうるさいだけで、威張ることで自分の存在をアピールしている気になっているのです。

そのためにとりあえずでも従っておかないと、陰険ないじめに等しい仕打ちを影でしてきたりするのです。

そんなわずらわしい事を避ける為にもまずは従っている振りをしてその場を切り抜けましょう。

上手くそんな場面をかわしていく事ができれば、この先の仕事も上手く行くはずです。

要領の良さもなんといっても生きていくためには必要です。

スポンサーリンク


その場だけはしっかりと従う

 

厳しい上司には怖くてなかなか逆らえません。

しかし上司によっては厳しく育ててもらって今の自分があるのだという考えの上司もいます。

つまり部下の為を為を思って怒っているのではなくて叱っているのです。

叱る事で正しい事を教えて、正しくないことを教えているのです。

その場だけはきちんと従う事で本当に必要であれば気がつくはずです。

きちんと向き合えるのです。

そしてその厳しさが必要だとおもったらそれからはその上司についていくと良いでしょう。

必ず自分の為になりスキルアップにつながっていき、仕事もできるようになるのです。

 

厳しい上司には礼儀正しく接する

 

厳しい上司との付き合い方に、礼儀正しく接するというものがあります。

職場の上司ですから、礼儀正しい態度は当たり前ですが、普通の上司なら、なあなあで見逃してもらうこともあるはずです。

しかし、厳しい上司にそういう面を見せてしまうと、厳しく叱責されることもあります。

普通以上に、敬語や挨拶など、意識してきちんと行うのがポイントなのです。

そうやって、礼儀正しい態度やきちんと敬語を使う習慣が身に着けば、それは実は自分自身のためにもなります。

厳しい上司に礼儀正しく接することで、上司と良い関係を築くことができます。

それだけでなく、自分自身も社会人としてきちんとすることができるのです。

スポンサーリンク


厳しい上司に認められるには仕事をしっかりやる

 

厳しい上司との付き合い方で必要なのは、仕事をしっかりとやることです。

職場の上司である以上、仕事に関して当然厳しい目で見ているはずです。

手抜きをせず、工夫を凝らして、仕事を頑張るようにしてみましょう。

成果を上げることも大切ですが、厳しい上司というのは、他の部分もチェックしています。

いくら仕事ができても、書類にミスが多かったり、いい加減な態度がちらっと見えたりするのはNGです。

厳しい上司からの信頼を失ってしまうのです。

一つ一つの仕事に対して丁寧に取り組んでみるということが、厳しい上司に評価されることにつながるのです。

 

厳しい上司でも少しずつ距離を縮める努力をする

 

厳しい上司との付き合い方でポイントとなるのが、少しずつでも距離を縮める努力をすることです。

厳しい上司は、自分が部下に対して厳しいということを自覚しているので、敬遠されているかもと思っていたりします。

上司と部下の関係ですから、ある程度距離があるのは当然です。

しかし、本当に仕事オンリーな関係だと、いざという時に信頼関係を築くことができません。

厳しい上司には、仕事が順調で何も問題がないとき、ちょっとした会話をするように心がけましょう。

「今日は暑いですね~」なんて世間話でいいのです。

声をかけるということ自体が、上司に対して近づこうという気持ちを表しているのです。

スポンサーリンク


快く目を見て返事をする

 

面倒な厳しい上司との付き合い方は、「ハイ、ハイ」と返事をしましょう。

この手の上司は部下に逆らわれるのがとても許せないところがあります。

だから、下手に「嫌です」と否定した時には面倒です。

そんなことにならないようにするためにも、指示をされたらまずは快く「ハイ」と返事をしましょう。

返事をする時には上司の目をしっかりと見ながらするのもポイントです。

下を向いて言うよりも、目をしっかりと見つめて言った方が心を感じます。

そこが上司に気に入られて、厳しいところも緩やかになるのです。

上司の言うことをしっかりと聞き、聞き逃しをしないのも印象を良くします。

 

笑顔とハキハキとした挨拶をする

 

厳しい上司との付き合い方は、笑顔を見せることです。

ついつい厳しいことを言われてしまうとイラッとしてしまうので、顔もムスッとした顔になってしまいます。

でも、そんな顔をしているとどうしても上司もイラッとしてしまい、険悪な空気が漂ってしまうのです。

いつもニコッとした笑顔を見せれば、厳しい口調の上司も思わずその厳しさも緩むのです。

そして次第に心を開いてくれて、お互いに心が通じることになります。

すると厳しさも少し和らいできます。

厳しい上司の心を開かせるためには、部下の挨拶も大切です。

しっかり朝は「おはようございます」帰りは「お疲れ様でした」とハキハキと言いましょう。

スポンサーリンク


上司の好きなお菓子やプレゼントを渡す

 

面倒な厳しい上司との付き合い方は、上司の好きなお菓子やプレゼントをしてみましょう。

上司の好きなお菓子を事前に聞いておき、「あの、これ、どうぞ」と言ってあげるといいのです。

誕生日には上司の欲しいものを事前に聞いておき、その日にプレゼントを渡すのです。

そして、「これからも宜しくお願いします」と一言添えるのです。

メッセージカードに「いつも面倒見てくれて有難う御座います。こんな僕ですが、またご指導下さい」と書いて一緒にプレゼントを渡すのもポイントです。

また、自分故郷に帰った時には、そこで買ったお土産を渡すのです。

 

厳しい上司との付き合い方のまとめ

 

  • とことん上司についていく
  • 上手くスルリとかわしていく
  • その場だけはしっかりと従う
  • 厳しい上司には礼儀正しく接する
  • 厳しい上司に認められるには仕事をしっかりやる
  • 厳しい上司でも少しずつ距離を縮める努力をする
  • 快く目を見て返事をする
  • 笑顔とハキハキとした挨拶をする
  • 上司の好きなお菓子やプレゼントを渡す

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク