影が薄い人の6つの特徴・悩みと影が薄い人の改善方法とは?

影が薄い人の意味とは、周りが気づかないほど存在感がない人のことです。

存在がないということは、その人自身が何も発言しなかったり、何も行動を起こさないため影が薄くなってしまっています。

まずはこの現実に向き合わないといけないでしょう。

本人はそんなつもりはなくても、どうしても影が薄くなってしまう人というのはたくさんいます。

では一体どのような人が存在感がなくなり影が薄くなってしまうのか。

そこで今回は影が薄い人の特徴や悩みをご紹介してきますので、あなたに当てはまるかどうか確認しながらご覧下さい。

そして存在感を出して影を濃くする方法についても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

スポンサーリンク

影が薄い人の特徴とは

 

無口で声が小さい

 

自分から自分をアピールしたり自己主張したりすることがないのが影の薄い人ですが、その大きな特徴は「無口」ということでしょう。

人間にとって自己アピールの方法はいくつもあります。

その中でも、もっとも一般的な方法は言葉によるアピールでしょう。

複数の人数で話をしているとき、自分をアピールしたいという意欲の強い人ほど、言葉の数が多くなるに違いありません。

会議やミーティングにおいても同じです。

職場などの会議では、発言数の多い人のほうが、それだけ自分をアピールすることができますから、参加者の印象に強く残ると考えていいでしょう。

影の薄い人は逆です。

複数の友達と話していても、会社の会議などでも、積極的に発言をするということがありません。

人から意見を求められればそれに応える形で発言しますが、それ以外は黙っているため、人の印象に残らず、「そこにいたかどうかわからない」という印象になってしまうのです。

ただし、口数は少なくても声の大きな人は、人の印象に残りやすいでしょう。

大きくて特徴のある声の持ち主は、口数は少なくても目立つということがあるのです。

つまり、「無口な上に声が小さい」というのが、影が薄い人の特徴ということになるでしょう。

スポンサーリンク

容姿に特徴がなく服装が地味

 

たとえば、何かのパーティに参加するとしましょう。

その際、饒舌な人は目立ちますが、無口な人でもほかの人よりも目立つ存在になることが少なくありません。

どうして、言葉で自己アピールをすることをしないのに、目立つ存在になるのか、それはその人の容姿が人とは違っていて目立つためです。

パーティの会場内に、女優のような美人がいたり、人気俳優顔負けのイケメンがいたとしたらどうでしょう。

どんなに饒舌で自己アピールしたがる人よりも目立つに違いありません。

あるいは、特別美人でなくても、容姿に際立った特徴があれば、人の印象に残るはずです。

影が薄い人は、そうではありません。

容姿が極めて平凡で、これといった特徴がないために、人の印象に残りにくいのです。

ただし、容姿は平凡でも、ファッションが派手であれば、人の印象に残りやすいでしょう。

ふつうの人はなかなか着ないような派手な色の服を着ているとか、豪華なアクセサリーを身に着けているというような人は、間違いなく目立ちます。

影が薄い人は違います。

着ている服は地味な色のものばかりで、ごくありふれたファッションをしているために、人の中に埋もれてしまうのです。

容姿に特徴がない上にファッションが地味というのが、影が薄い人の特徴ということになるでしょう。

スポンサーリンク

飲み会などではいつも隅の席を選ぶ

 

たとえば、大人数での飲み会があったとしましょう。

飲み会の後で、「そういえば、Aさんは今日、参加してた?」「どうだったか、記憶にない」と思われてしまう人がいます。

Aさんはまさに影が薄い人なわけですが、どうしてそういうことになるのか、「目立たないポジショニングだったから」という理由で影が薄くなることが少なくありません。

無口で地味な人でも、飲み会などで目立つ場所、場の中心を占めるような席にいれば、それなりに人々の印象に残るでしょう。

バーベキュー大会などのイベントも同様です。

会場の真ん中にいて立ち働いていれば、自然に多くの人の目に入りますから、ほかの参加者から「いたかいなかったか記憶にない」と思われることはありません。

影が薄い人は、つまり、そういう目立つポジショニングをしないのです。

職場の飲み会などでは、常に一番はじの席を選びます。

イベントなどでも、できるだけ目立たないように、隅のほうにポジショニングするのです。

隅の席は、人とコミュニケーションする機会がどうしても少なくなりますから、ごく近い席の人にしか、印象に残りません。

そのため、多くの人から「いたかいないかわからない」と思われてしまうのです。

スポンサーリンク

影が薄い人の悩みとは

 

人に顔を覚えてもらえない

 

影が薄い人は、普通にしているだけでは、周りにいる人になかなか存在を察知してもらうことができません。

最初からいるのに、「いつからいたの?」と聞かれてしまうのが、影の薄い人です。

この時周囲の人には、影の薄い人の存在は認識されていません。

認識されていないということは、何の印象も残せていないということです。

人間は第一印象で他人を判断するきらいがありますが、印象に残らない影の薄い人は、最初からいないものと判断されます。

影が薄い人は、何度会っても、人から名前や顔を覚えてもらえないとしばしば悩む傾向にありますが、存在を認識してもらう努力を自分からしなければその悩みは永久に解決しません。

問題は覚えづらい名前でも、特徴のない顔でもなく、人の印象に残らないその性質そのものだからです。

男女の関係においては、影の薄い人の顔を覚えてもらえない問題は、さらに深刻な形で進行します。

一方が思いを寄せる中で、もう一方は相手のことを顔も名前も認識していないという、想いの比重が釣り合わない関係に、待っているのは悲しい結末のみです。

顔を中々覚えてもらえないという悩みは、雰囲気の軽さとは裏腹に、とても重い悩みです。

スポンサーリンク

頑張っても評価されない

 

影の薄い人が薄いのは、存在感ばかりではありません。

影の薄い人はその功績も、薄くなる現象が見られます。

頑張っても評価されないという悩みは、その現象の上で生まれます。

一般的に目立つ人の行いは、存在感もあって人々の心に大きな印象として残ります。

目立つ人は皆が自然とその姿を追うので、善行も目に入りやすく、評価も集まりやすいのが特徴です。

対して目立たない人の行いは、行動している人自体に注目が集まっていないので、人の目につかず印象を残せません。

自分の目に入ってこない行いに対して、それを探してまで評価しようという人は少ないので、せっかくの功績も評価されないということが出てきます。

頑張りが評価されづらい影の薄い人は、頑張りづらい環境に置かれることになるでしょう。

評価は行いの原動力になりますから、その評価がなければモチベーションがわかなくなってしまうというのは、仕方のないことです。

ただ努力というのは人に認められるからとすることではないので、自分のためになることなら、称賛されなくても続けていくことが理想となります。

また頑張ったから褒めてほしいという時には、人の評価を待たず、自ら声を上げて評価を求めることも大事です。

スポンサーリンク

つまらない人という印象を持たれやすい

 

影が薄い人が何より苦手とするのは、人に面白いと思ってもらうことです。

そもそも影の薄さと面白さは、両立できることではありません。

面白ければ、どうしても際立った印象を残すことになり、影が薄いままではいられなくなるからです。

面白いと思ってもらうのが下手な影の薄い人は、人を楽しませたいと強く思うほど、人からつまらないという印象を持たれやすい現状に悩むことになります。

つまらない人というレッテルは、主にプライベートの関係の上で問題を発生させます。

友人やサークル仲間との集まりの中で、ちょっといいなと思う人が現れたとしても、つまらない人とレッテルを貼られてしまっては、次の関係に進むことが難しくなることは間違いありません。

楽しく遊びたい場で、つまらない人と交流することを、歓迎する人はいないものです。

とはいえつまらない人と、面白くない人というのはイコールではありません。

面白くなくても、優しい人や一緒にいてリラックスできる人と認識してもらえば、つまらないといった不快感には繋がらず、良い関係を気付くことができます。

面白さではない所で相手に興味を持ってもらえるか、相手を良い気分にさせてあげることができるかが好感度アップのポイントです。

スポンサーリンク

影が薄い人の改善方法とは

 

自分の愛称を広める

 

影が薄い人は、存在感がなかったり、特徴がないことが多いです。

また名前を多くの人に知られていなかったり、「いつも〇〇に座っている人」「名前の最後に子がついている人」なんて抽象的な覚え方しかしてもらえません。

影が薄いことを改善するには、自分の名前を覚えてもらうことが重要です。

この場合の名前とはフルネームでなくてもいいです。

例えば渡辺さんなら「なべさん」「なべっち」「わたちゃん」などの、覚えやすくて言いやすい愛称を覚えてもらうのです。

いきなり「私のことは、今日からなべぽんって呼んで下さいね」と言うと、違和感を覚える人もいるので、できるなら入社した時や異動があった時、部下ができた時などをキッカケにして広げることがおすすめです。

そして自ら言うよりも、「何て呼んだらいいですか?」や「今までどんな呼ばれ方をすることが多かったのですか?」と言われたときに、「〇〇って呼ばれることが多かったよ」と話すようにしましょう。

また社内で使っているチャットやメールのアイコンに、愛称を入れたデザインを使うのもおすすめです。

あなたに連絡をするたびに、そのアイコンが目に入るので無意識に「あなた=愛称」で覚えてもらうことができるのです。

呼び名が定着されることによって、みんなにあなたの存在を認識してもらうことができます。

名前が分からない、なんて呼べばいいか分からないと思われていた影の薄い人でも、愛称が広まる頃には、自然と影の薄さは改善されているはずです。

スポンサーリンク

挨拶をちゃんとする

 

影の薄い人というのは、一日に話したり、関わったりする人間の数が少ない傾向があります。

だからこそ、「あの人のことはよくわかない」「いるのかわからない」「何を考えているかわからない」と、多くの人に思われる原因になります。

逆に考えれば何かしら関りを持つようにすれば、少しずつでも影の薄さは改善することが可能なのです。

最も簡単にできる方法としては、挨拶をできる限りきちんとすることです。

朝は「おはようございます」、帰りは「お疲れ様です」、何かしてもらったら「ありがとうございます」、迷惑をかけたら「申し訳ございません」など、毎日何かしら言う機会があるはずです。

今までもちゃんと挨拶は言ってきたけれど、自分の影が薄いと思う人もいるかもしれません。

挨拶はただ言うだけではなく、相手の顔を見てちゃんと心から言うことがポイントです。

すれ違う時に「お疲れ様です」と相手の顔も見ずに、流れ作業のように言うだけになっていては、自分の存在を相手に覚えてもらうことができません。

ちゃんと相手の顔を見るようにすれば「今日は機嫌が良さそうだな」「顔色が良くないけど、体調が悪いのかな」と、何かしら感じることがあるはずです。

そんな時に「お疲れ様です。今日はすごい楽しそうですね」や「お疲れ様です。顔色が優れないようですが、ひょっとして体調が悪くありませんか?」など、一言声をかけられるようになれば、相手はあなたのことをちゃんと認識して、覚えてくれるようになります。

挨拶というのは、些細なことなので見落としがちになってしまいますが、だからこそ、丁寧にするのが肝心です。

丁寧な挨拶を心がけるようにすれば、きっとあなたの影の薄さは改善されていくはずです。

スポンサーリンク

自己解決しようとしない

 

影の薄い人は、他人に迷惑をかけないでおこうと考えすぎてしまい、何でも自己解決をしようとします。

その結果、自分で関わる人間の数を減らしてしまい、人になかなか覚えてもらえずに「影の薄い人」になってしまうのです。

それを改善するには、何でも自己解決をしようとするクセを直すのが一番です。

例えば、あなたが所属する部署全員が参加する飲み会があったとします。

お店は行ったことがない場所で、あなたには土地勘がありません。

そんな時、影の薄い人は自分で何とかしようと、地図アプリを使ったり、タクシーを使ったりして何とかお店に行こうとします。

でも、そんな時こそ自分の影の薄さを改善するチャンスなのです。

影の薄さを改善するなら、同じ部署の人に「このお店のあたり行ったことがないのですが、分かりますか?」と尋ねたり、「一緒について行ってもいいですか?」とお願いしてみましょう。

確かに自分一人でも、どうにかできることかもしれません。

しかし、何でも自己解決をしていては、いつまで経っても影の薄さは改善されないのです。

勇気を出して、周りの人に尋ねたり、頼ることを覚えると、自然と影の薄さは改善されていきます。

スポンサーリンク

影が薄い人あるあるが理解できたら危険

 

いかがでしょうか。

影が薄い人には「わかる・・・」というものばかりではないでしょうか。

影が薄い人でも心の底ではもっと自分に自信を持って、多くの人から注目を浴びてみたいと考える人も決して少なくはありません。

しかしその願望だけでは前に進むことは絶対にできません。

今この瞬間から行動を起こさないといつまでも存在感を出すことはできないでしょう。

影が薄い人はやはり周りに流されてしまったり、自分の意見を人の前で発言することができません。

なので、それをどうやって改善するべきか考えるのが先決です。

いきなりたくさんの人前で話そうとしてもそれは難しいので、まずは一人信頼できる人を見つけることがとても重要です。

その人を相手に自分の意見を伝えてみるのは良い訓練になります。

そして、自分に自信をつけるために何か小さな結果を残すことも大切でしょう。

このような努力の積み重ねがあなたの影を濃くしていくのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク