会社を辞めるタイミング8つ

会社を辞めるタイミングを掴むのはとても大切です。

そのタイミングを間違えてしまった瞬間、一気に円満退社ではなくなる可能性も少なくありません。

やはりできることなら、円満に退社してたまには昔話に花を咲かせたいものですし、何もトラブルなく会社を辞めたいでしょう。

そこで今回は会社を辞めるタイミングについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

適したタイミングで辞めるだけで、スムーズに物事が進むはずですよ。

スポンサーリンク


会社を辞めるタイミング

 

会社を辞めるタイミング1.今の仕事が嫌になったとき

まず1つ目のタイミングは「仕事が嫌になったとき、仕事のせいで疲弊する自分を感じたとき」。転職サイトTheLaddersのアマンダ・オーガスティン氏は「多くの仕事は、あなたが描く『夢の仕事』へたどりつくためのステップです。仕事に関するあらゆる事が間違った方向であなたをすり減らすならば、長い目で見て、夢の仕事にはつながりません」として、仕事に嫌気がさしたときで、将来につながらない場合には転職を考えるべきだと話します。

出典 仕事を辞めるべき7つのタイミング

 

会社を辞めるタイミング2.入社して3年経ったとき

転職にもっとも適したタイミングは、勤続後3年以上たったらだと言われています。それ以前では転職先に与える影響が悪く、転職に不利だと言われています。従って仕事を辞めるタイミングも、理由がなにであれ、勤続3年以上たったらがおすすめです。
もし仕事に何らかの違和感があったとしても、退職はできる限り3年は我慢しましょう。女性であっても、次にいつ働きに出ないといけなくなるかわかりません。その時のリスクをいつも頭に入れておくことが、退職のベストなタイミングを逃さないことにつながってきます。
今では以前に比べて転職者の数も圧倒的に増え、生涯ひとつの仕事についているという人は、男性でも女性でも少なくなってきていますが、それでもやはり以前のような風習は消えていないので、3年はやはり我慢が必要になってきてしまうのです。

出典 もうこんな仕事嫌!女性が仕事をやめるベストなタイミングとは

スポンサーリンク


会社を辞めるタイミング3.今の仕事に疑問を感じたとき

「このまま、この仕事していて良いのだろうか・・・」

このように感じはじめたら、遅かれ仕事を辞める時期が訪れると思います。

僕自身、このような思いが蔓延的にあり続けていたので、

会社とは別の時間を使って、自分の本当のやりたいことを見つけ、

そして、

将来の希望を持って、毎日淡々とできることを行動に移してきました。

実際には、人生に迷いを感じはじめてから仕事を辞めるまで、

数年の年月は、どうしても掛かるものだと思います。

あるいは転職ならば、タイミング次第ではそれほど掛からないかもしれません。

ですが、

自分の人生を考えはじめたら、今の仕事は続けられないと思います。

出典 仕事を辞めるタイミングとは?退職の時期を見極める5つのパターン

 

会社を辞めるタイミング4.ボーナスを貰ったとき

ボーナスをもらってから退職するのは気が引けるというのは誰もが感じるものです。

特に上司が「そんなやつはありえない」と考えいるような職場ではなおさらでしょう。

しかし、いくら上司でも気にする必要はありません。あなたにはもらえる資格があるので、きちんともらってから辞めるべきでしょう。

どうせそんな上司とはもう二度と会うことはないはずなので、気にする必要は一切ありませんよ。

出典 会社を退職する時期やタイミング5つ

スポンサーリンク


会社を辞めるタイミング5.1つの仕事をやりきったとき

仕事を辞める時というのは、仕事から解放されてホッとする気分も多いものの、辞めてしまって後悔しないかということも思うものです。

ですから、自分自身良くやった、良く頑張ってきたと思えるようになってから辞めるといいでしょう。

中途半端なまま辞められても会社としても迷惑ですし、自分が成長していないままであれば、転職するときも困難です。

自分でよくやったと思うことができれば、次の転職先となる仕事場での面接でも堂々と前職の事を語ることができますし、チャレンジしようとする自分の意欲にもつながるでしょう。

出典 仕事を辞めるタイミング9つ

 

会社を辞めるタイミング6.辞めるタイミングは自分で決める

自分でひとつの区切り、デッドラインを指定してしまうのも、ひとつの方法です。「3年目に入る前に」「貯金がいくら貯まったら」「副収入が安定するようになったら」など、自分なりの退職ラインを決めてしまう。

 そうすれば、少なくとも今の会社にどっぷりと浸かりきってしまい、歳をとり、辞める時期を逸してしまうようなことはないと思います。後のことは、ともかくとして。

 今の時代、小金稼ぎならネットでできるし、雇用保険なんてものもある。給料や地域、職種の選り好みをしなければ、仕事だってたくさんある。

 なので、今の仕事があまりに嫌で嫌でやってられないのなら、続けても求める未来が見えないのならば、無理に自分を酷使せず、辞めてしまうのも悪くはないと思います。絶対的な「安定」なんて、どこにも転がってないのだから。

出典 仕事を辞めるタイミングと、辞めた後を考える

スポンサーリンク


会社を辞めるタイミング7.会社を辞めるときは繁忙期を避ける

職場によっては大きなプロジェクトを抱えていて人が抜けるのは手痛い場合もありますし、たとえ退職する人がそのプロジェクトなどに加わっていなくても、その人が行っていた業務について引継ぎをしなければならず、それに対して誰を配置するべきかを考えなければなりません。

また会社全体で年度末や年度初めといった忙しい時期に突然報告されても、他の業務で手いっぱいで、なかなか退職者の事務処理を進めにくい、といったこともあります。そういった点を考えると、仕事を辞めるというタイミングは早めの方がいいでしょう。

出典 退職の報告を上司や同僚にする際の最適なタイミングと注意点

 

会社を辞めるタイミング8.上司には早めに、しっかりと伝えることが重要

意思表示は直属の上司に口頭で伝える。あやふやな気持ちのまま伝えると、引き留めの余地があると判断され事態をこじらせることも。職場を離れるのが正なのか、あらゆる観点から考え、自分の中で納得できたら、明確で前向きな退職理由とともに「決意」として伝えよう。
社員の去就は本来機密事項なので、親しい間柄でも先輩社員や同僚には明かさない。社員である「公」と転職する「私」のケジメを付けよう。就業規則や慣例など社内ルールに沿って、職場への負担が最小限で済む早めのタイミングで伝えるのが好ましい。

出典 退職を伝える前にも準備がある / 転職成功マルわかりガイド

退職意思の申し出は今月中で良い? 遅いくらいでしょうか。

法的には問題なし。7月中でもOK。最悪2週間前ならばOK。会社の就業規則よりも法律のほうが優先する。でも同僚に迷惑かけたくないならば早めに言うべき。

出典 退職したいと上司に伝えるタイミングは…(長文)

 

会社を辞めるタイミングを見極めよう

 

いかがでしょうか。

会社を辞めるタイミングを逃してしまうと、ダラダラとやる気がないまま仕事をし続けることになります。

この状態はあなたにとっても、会社にとっても決していいことではありませんよね。

なので、できるだけ早くタイミングを見極めることがあなたにとって最善の方法になることを忘れてはいけません。

もっとも効果的なのは「もう辞めたい」と思ったときです。

こうしたときは、新しいことを始めるために動き出す大きな原動力になるので、その力を大いに利用して一気に行動しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク