会社を辞めたい理由6つ

あなたは今、会社を辞めたいと思っていないでしょうか。

単純に働きたくない・・・、ずっと遊んでいたい!といった理由で会社を辞めたいと思う人もいますが、やはり大多数は何かしらの問題を抱えており、それが原因に会社に行きたくないなどのネガティブな感情が芽生えてくるものです。

そこで今回は会社を辞めたい理由についてご紹介していきますので、ぜひあなたにも当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

悩んでいるのはあなただけでないはずですよ。

スポンサーリンク


会社を辞めたい理由

 

会社を辞めたい理由1 上司問題

 

仕事において上司の存在は非常に大きいものです。

特に新卒で入社した場合は仕事内容だけでなく、社会人としての礼儀作法などを学ぶためのお手本にもなります。

つまり、上司の良し悪しであなたの今後の人生は左右されると言っても過言ではありません。

仕事ができ、周りからの人望も厚く、人柄の良い誰からも慕われる上司に出会えたあなたは幸せ者です。

問題なのが部下を育てない上司です。

上司とは会社の歯車的な要素だけでなく、部下を育てるための役割も担っています。

下が育たなければ会社は発展しませんので当然のことです。

しかし、最近は下剋上の企業も出てきたせいか、部下に仕事を教えない上司が増えているようです。

部下から質問されても「自分で考えろ。」の一点張り。

部下が他の上司に相談すると「○○さんは教えてくれて優しいね?」など嫌味を言う上司もいます。

そして部下のミスの責任をとらないのも典型的なダメ上司ですね。

自分が仕事を教えていないのだから責任をとらないのは当たり前とでも考えているのでしょう。

上司のせいで自分の成長を妨げられたり、仕事が面白くなくなったりという理由で退職を考えている若者は多いようです。

スポンサーリンク


会社を辞めたい理由2 人間関係

 
会社に事務として入社したのに、お局様がいてイジメにあったり、同期と折が合わないからとさまざまな理由で会社を辞めたいと思うことがあります。

会社は仕事をしに行く場とは分かっていても、人間関係が良くないと仕事に行きたくなくなってしまいます。

どんなに仕事が面白くても、人間関係に亀裂が入った瞬間、職場は地獄と化します。

例えばお局様の存在。

仕事ができて上司に可愛がられる女性社員や、外見がよく男性社員から人気の女性社員は目をつけられる可能性が高いです。

お局とは社員のほとんどから嫌われていることが多いですが、仕事ができる反面、企業的には必要な存在でもあります。

そのため、社員からお局に対する相談を受けたとしても、企業側はお局を解雇するわけにはいかないのです。

お局が辞めないのであれば自分が辞めざるを得ないという理由で退職を考える人も最近は増えているようです。

人間関係がストレスとなり体を壊してしまったのならば、会社を止める正当な理由になるでしょう。

できれば会社では人間関係が良い方が働きやすいですが、無理をして働き続けることは至難の業と言えます。

 

会社を辞めたい理由3 仕事がない

 
人間関係はうまくいっていても、会社にあなたの仕事がなければどうしますか?

上司とも同僚ともストレスなく良好な関係性を築けていても、勤務時間になればそれぞれの仕事に就き独りの闘いが始まります。

まわりの社員が仕事に没頭する中、自分には与えられた仕事がないという苦痛を味わったことがありますか?

他の社員に気を遣って仕事をしているふりをしたり、意味もなく他の部署に出向き仕事を探したり、しなくてもいいファイルの整理をしたり…。

始めは仕事をせずに給料をもらえるのならラッキーと思うかもしれませんが、周りからの冷たい視線や時間を持て余す退屈さにストレスを感じ始めます。

そして企業はなぜ自分を雇ったのだろう、自分は企業にとって必要な人間かと考えはじめ、自分には他にすることがあるのではないかと転職に向かうのです。

確かにそのような企業にいても自分の成長は期待できません。

自分にとって最適な選択肢を考えましょう。

スポンサーリンク


会社を辞めたい理由4 給料が安い

 
会社に入る前に、ある程度の給料形態は分かっていたとは思いますが、何年も仕事を頑張ってきているのに昇給する気配がなかったり、ボーナスが出なかったりすると、仕事のやる気もなくなってしまうでしょう。

仕事のモチベーションをアップするものがなければ、働く意欲がなくなり仕事を辞めたくなってしまいます。

会社の条件に不満があり納得できない場合には、会社を辞める理由になるでしょう。

まずはこれから長く働ける職場なのか、よく考えてみるのが良いと思います。
 

会社を辞めたい理由5 仕事が激務である

 
せっかく会社に入ったのに、残業が多すぎて定時に帰れなかったり、割に合わない仕事ばかりしていると、仕事を辞めたいと思ってしまう人も多いでしょう。

サービス残業が多過ぎたり、仕事で体を壊してしまったりした場合は、会社を辞める1つの原因になると思います。

この先も仕事の量がどんどん増えるようだったり、残業代が出ない場合には、会社を辞めることも考える必要があります。

今の仕事を自分が続けていく気があるのか、もう一度考えてみましょう。
 

会社を辞めたい理由6 休日が少ない

 
誰でも仕事が忙し過ぎて、休みがもらえなかったりすると、会社を辞めたくなってしまったりしまうでしょう。

仕事が休みでも、突然会社から仕事の呼び出しがあったりすると、プライベートの時間が減り会社に行くのが憂鬱になってしまいます。

仕事で休みがもらえないという理由で会社を辞めることは1つの理由になります。

休日にはしっかりと体を休める必要があるので、最低限のお休みがもらえないようであれば、会社を辞めることを考えてみても良いでしょう。
 

会社を辞めたい理由が1つだけでない場合は早急に対処しよう

 
いかがでしょうか。

会社を辞めたい理由は大きな問題が1つであったり、複数の問題がたくさんあったりなど、そのパターンはたくさんあります。

しかし、その最も大きな問題であるので、やはり上司を含めた人間関係でしょう。

こればかりはあなた自身でコントロールすることは難しいですよね。

なので、一度人間関係が悪いと感じたら、改善するために奮闘するか、あなた自身が落ち着ける場所を見つけるか、転職などをして環境を変えるかの3択が一般的です。

人間関係だけで悩んでいるのであれば、最初の2つの選択肢を選んでもいいですが、仕事が楽しくない、給料が安いなどの不満があれば、すぐに転職を検討しないとますます損な人生を歩んでいくことになってしまいますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク