会社を辞めて後悔すること5つ

会社を辞めて後悔することにはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

大きな決断をして会社を辞めるケースもあれば、今の現状が嫌で嫌でたまらなくて、会社を辞めるケースもあるでしょう。

それを後悔するかどうはあなたの考え方次第かもしれませんが、多くの人が後悔しているのは事実です。

そこで今回は会社を辞めて後悔することについてご紹介していきますので、ぜひあなたにも当てはまるものがあるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


会社を辞めて後悔すること

 

会社を辞めて後悔1.職場の方と疎遠になること

 
会社を辞めて一番後悔することというのは、仕事を通じて出会った方と疎遠になることです。

仕事をしてからというもの、今の仕事をしていたからこそ出会えた職場の方々やお客様やお得様というのがどの人にも必ずいます。

その中には、仕事をする上で一生懸命自分を教育してくれた先輩や落ち込んでいる時に励ましてくれた人、自分のことを慕ってくれるお客様や後輩たちとの関わりをつないでいる場であった会社を辞めるというのは、つながりを断ち切ることと同じことを意味しています。

やはり仕事で得られるものというのは、お金以上に人との出会いです。

お金で人を買うことはできないと言われているようにこれまで築いてきた人脈というのは、会社にいさせてもらって構築できたもの。

だからこそ、会社を辞めるとその方々と距離ができてしまう、人によってはもう二度と会うことがない人もできてくる。

そのような関係が途切れてしまうというのは非常に後悔することとなります。
 

会社を辞めて後悔2.一人で過ごす時間の寂しさ

 
会社を辞めると、人との交友関係が狭くなるというのいた仕方ない現実。

ただ、仕事を辞めるて感じることはなんとなく前の職場に行きづらいということです。

辞めた後にどのような顔をして会えばいいのか?というのが一番、再開する際に邪魔をする感情の1つです。

次の仕事を探す際にも、就活中は非常に精神的な苦労もあります。

その時には、仲の良い職場の人と悩みをまた打ち明けたくなるとか、就活中にうまく次の仕事が決まらない時には、前の職場で働いている自分の姿などを想像してさらに落ち込むことや後悔することにもつながります。

仕事を続けられる条件というのは、ひとそれぞれお金を稼ぐ目的が異なるように、続けら得る条件は異なります。

しかし、人間同士の交友関係は非常に重要です。

そのため、会社を辞めて後悔するのは以前ようにな距離感で以前の職場のひとと話をすることができない関係というのは、人間関係を大事にして気を配って仕事をしていた人にとっては非常に辞めてから気づく、後悔と言えます。

スポンサーリンク


会社を辞めて後悔3.長年の実績が振り出しに戻る

 
勤めていた会社に勤務していた期間が長ければ長いほど、そこで成績を収めたり達成した実績があるもの。

会社を辞めてしまうことで、こうした今までの努力がすべてゼロとなってしまい後悔してしまう人も多いです。

転職する際に同じような職種に就く場合にはプラスに働くこともありますが、やはり会社会社でやり方や作業の進め方が異なったり、目標となるものが違うのは必然的。

残業をしてやり遂げたこと、長年勤めたことで得たポジションを失ってしまうことに後悔してしまう人がいるのです。

決して無駄にはならない経験ですが、それまでの自分の仕事を失うことで、振り出しに戻ってしまったと感じる人が少なくありません。

 

会社を辞めて後悔4.人間関係を築くことの大変さ

 

新しい環境、職場では一から人間関係を築かなくてはなりません。

上司や同僚がどういった人かを把握するまで、結構時間を要すこともあるでしょう。

今まで仕事をしていた会社であれば、この人にはどういう対応をすべきという事を理解している為にあまり緊張しなくても良いものですが、一からとなると意外と苦労するのが人間関係です。

また、それまで会社の人間関係が良好であった場合には特に後悔してしまう部分でしょう。

新しい職場では必ずしも良好な関係が築けるという保証はありません。

その為に気を遣ってしまったり、神経を使うことで、精神的に疲れてしまうことが多いと言う人が多いです。

スポンサーリンク


会社を辞めて後悔5.年下の人が上司になることも

 

ある程度会社に勤めていて、新たに仕事に就くといった場合、自分よりも若くしてその会社に入社している人がいるのは当然の状態になります。

自分よりも年齢が下なのに、自分にとっては上司という複雑な関係性が生み出されてしまうのです。

年下なのに気を遣ったり、敬語を使わなければならないという状況に立った時に、後悔を感じる人も多く見られます。

自分よりも会社に携わってきた年数が多いために先輩になってしまうのは仕方のない事ですが、やはりプライドが許さなかったり、プライベートでも上下関係が保たれてしまうと見下されているような感覚に陥ってしまうことも。

もし転職を考えているのであれば、出来るだけ早い年齢の内に転職した方が良いと言えるでしょう。

 

会社を辞めて後悔しないぐらい頑張ろう

 

いかがでしょうか。

会社を辞めて後悔することは大きなものから、実際にそのような状況にならないとわからないことまで、様々です。

しかし、後悔をするぐらいの気持ちで会社を辞めること自体が問題だと言ってもいいでしょう。

本気で何かをやりたくて、会社を辞めるなら後悔する暇もないぐらい頑張らないと結果はついてきませんよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク