か弱い女性の特徴とか弱い女性がモテる理由とは?

か弱い意味とは、見た目からして弱々しく頼りない状態のことです。

男性であればか弱い人だとわかった時点でがっかりされることが多いですが、女性がか弱かったらそれはとても良いアピール材料になることは少なくありません。

か弱いと言っても、もともと体が弱かったり、気が弱かったりするケースもありますが、か弱い女性をアピールする人も多く、なかなか見分けるのが難しいものです。

そこで今回はか弱い女性の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

また、女性がか弱さをアピールしていようが、していまいがどちらにせよ男性にはモテる傾向があります。

その理由についても触れていますので、ぜひ参考にしてみましょう。

【目次】

スポンサーリンク

か弱い女性の特徴

 

物心両面で人に頼ろうとする

 

人から「なんとかしてあげたい」と思われるのがか弱い女性ですが、それは、か弱い女性が「物心両面で自立できていない」という特徴を持っているからに他なりません。

これは、逆のタイプの女性のことを考えてみるとわかりやすいでしょう。

仕事をバリバリこなし、経済力があり、また精神的に自立できている女性を見ても、誰も「なんとかしてあげたい」とは思わないものです。

それは、その女性が放っておいても大丈夫そうに見えるからでしょう。

「なんとかしてあげたい」と思うのは、その女性が自分の足で立っていることができず、いかにも危うい印象を与えるからに違いありません。

何かトラブルや問題を抱えた時、自分の力ではそれを解決することが出来ず、人の力を借りようとするのがか弱い女性ということができるでしょう。

また、多くの場合、か弱い女性は経済面においても自立できておらず、人に頼ろうとするのです。

特に男性は、女性からそのように頼られると、「力になってやりたい」と強く思う傾向があります。

この「力になってやりたい」という思いが、その相手の女性のことを「か弱い女性」と感じさせる要因となっていると考えていいでしょう。

物心両面で自立できていないために、人に頼ろうとするのが、か弱い女性の特徴なのです。

スポンサーリンク

感受性豊かで人前でよく涙を見せる

 

「か弱い女性」と聞いて、多くの人がイメージするのが、「泣き虫の女性」ではないでしょうか。

そのイメージは間違っていません。

か弱い女性は、実際に人前でよく涙を見せます。

それは、感受性が豊かで、何か自分にとってマイナスの出来事があると、マイナスの感情を人一倍強く感じてしまうからと考えていいでしょう。

たとえば、人からちょっと強いことを言われたとしましょう。

ふつうの女性ならば、それほど傷つかないようなことでも、か弱い女性は感受性が豊かなために、その言葉に敏感に反応してしまいます。

それが、涙につながるのです。

強い女性は、泣きたくなるようなことがあっても、涙を人に見せようとしません。

涙をこらえ、強がってみせるのが、強い女性です。

か弱い女性は、それと正反対で、無理に自分を強く見せようという意識は持ちません。

自分の感情に正直に、悲しい時、辛い時、泣きたくなった時にはがまんすることなく、人前で泣くことができるのです。

なお、感受性豊かなか弱い女性は、美しい景色を見た時とか、人から優しくされた時にも、涙を見せます。

涙を見せることで人の心を動かすのが、か弱い女性ということもできるでしょう。

スポンサーリンク

ストレス耐性が弱く落ち込みやすい

 

ちょっとしたことで、すぐに落ち込んでしまい、なかなか立ち直れないのも、か弱い女性の特徴です。

たとえば、仕事で小さなミスをしたとしましょう。

大きなミスをすれば誰でも落ち込むことはありますが、か弱い女性はほんの小さなミスでも落ち込んでしまいます。

そして、一度落ち込むと、なかなか自分では処理できません。

いつまでもそのことを引きずってしまいます。

それは、ストレス耐性が弱いからと考えていいでしょう。

人一倍、ストレスを感じやすいだけなく、ストレスを処理する能力に劣っているため、ストレスを溜めこんでしまうのです。

その結果、元気がない表情をしていたり、憂鬱そうな様子を見せることが、ふつうの人よりも大変に多くなります。

そんな女性を見れば、「どうしたの?」と声をかけたくなるのが人情というものでしょう。

人から心配され、やさしい言葉をかけられれば、か弱い女性は自分の弱さを素直に表現します。

ストレスを溜めこんでいることや、落ち込んでいることを隠しませんから、人からの同情を買いやすいと考えていいでしょう。

人に「かわいそうに」と思われることが多いのがか弱い女性ですが、その大きな原因が、ストレス耐性の弱さにあるのです。

スポンサーリンク

マイナス思考で心配性

 

か弱い女性は心身ともに脆弱ですが、心の弱さの原因になっていることの一つが、「マイナス思考」という特徴でしょう。

ものごとを、どうしてもネガティブに捉えてしまう傾向が強くあるのです。

心の強い人は、ポジティブに捉え、ものごとをプラスに考えるために、前向きに進んでいくことができますが、か弱い女子にはそれができません。

たとえば、新しい仕事を始めることになったとしましょう。

ポジティブな人は「新しい仕事を始めるのが楽しみ」と思い、「早く仕事を覚えよう」と意欲的にスタートすることができます。

ところが、か弱い女性は、新しい仕事を始めることに不安を感じ、「職場に馴染めなかったらどうしよう。自分には仕事が覚えられないかもしれない」というように、ネガティブなことを考えてしまうのです。

そのようにネガティブな思考をしていると、実際に、うまく行かなくなることが少なくありません。

よけいな心配をしたために、その心配が現実のものになってしまうことがあるのです。

そうした失敗体験が、さらにマイナス思考を強めるということもあるでしょう。

マイナス思考で心配性なために、自分で自分につらい思いをさせてしまうのが、か弱い女性の特徴なのです。

スポンサーリンク

控えめない性格で自己主張できない

 

か弱い女性の性格上の特徴の一つに、「控えめ」ということがあります。

積極的に自分をアピールすることが、か弱い女性にはできません。

たとえば、会議やミーティングに参加しても、自ら発言するということはきわめて少ないと考えていいでしょう。

発言を求められれば口を開きますが、その際も、自分の意見をはっきり言うことがあまりありません。

もちろん、自分なりの意見を発表することはありますが、声のボリュームも、話し方も常に控えめなのです。

そんな性格ですから、人と言い争いになるようなことはまずないと考えていいでしょう。

相手が自分とは正反対の主張をしても、それに抗って自分の意見を相手にぶつけるということはないのです。

言葉の上のことばかりではありません。

スポーツでもなんでも、自分をアピールし、人に勝とうとか、人より先へ行こうというような意志を、か弱い女性は持たないのです。

よく「あの人は押しが強い」といういう言い方をするでしょう。

押しが強い人は、つまり、自己主張が人一倍強いわけですが、か弱い女性はそれとは正反対です。

自己主張すべき時でもそれができず、なんでも人に譲ってしまうのが、か弱い女性の特徴ということができるでしょう。

スポンサーリンク

人にやさしく、人に騙されやすい

 

「人にやさしい」というのも、か弱い女性の特徴の一つでしょう。

人に譲ってしまうことが多いのも、控えめな性格のためだけではなく、人に優しい性格が原因になっているのです。

人にやさしいか弱い女性は、基本的に性善説に立っています。

「人間は本来道徳的な生きものだ」というように考えているからこそ、人にやさしく、また人に対して寛容になれると考えていいでしょう。

そういう考え方から生まれる、困った特徴があります。

それは、人に騙されやすいという特徴。

人から何か言われると、それを疑ってみようとはしません。

たとえば、何かうまい投資話をもちかけられたとしましょう。

相手は詐欺目的だったとしても、性善説に立つか弱い女性はそんなことは夢にも思いません。

「あなたにとってプラスになる投資ですよ」と言われると、その言葉を鵜呑みにしてしまうのです。

そして、「この人は、自分のことを思ってくれて、こんな良い話を教えてくれているのだ」というように受け止めます。

それは何も、相手が詐欺師の場合に限ったことではありません。

人から「あなたのため」と言われると、同じようにその言葉を信じてしまい、その結果、損することが多いのも、か弱い女性の特徴と言っていいでしょう。

ひとことで言えば「お人好し」なわけですが、そうした危うさが、周囲の人に「危なっかしくて、放っておけない」と思わせるのが、か弱い女性なのです。

スポンサーリンク

か弱い女性が男性にモテる理由

 

強がる健気な姿にグッと来る

 

モテるタイプのか弱い女性というのは、自分が弱いことをきちんと自覚してます。

ですが、その上でなるべく他の人に迷惑をかけることがないように自分にできることはちゃんとしようと頑張っている人が多いのです。

人に見せる表情はいつもニコニコとした笑顔で「大丈夫」が口癖、本当は弱いのに頑張ろうとしている強がりと健気な姿勢に、男性はグッと来てしまいます。

得てして、男性というのは女性の笑顔に弱いものです。

笑顔を眺めているとずっと傍で見ていたいなと考えてしまいますし、ましてやそれがか弱く儚げな女性のものとなると、その笑顔を守り続けたいと思ってしまいます。

もし何かの拍子にその笑顔が奪われてしまったらどうしようと気になってしまいますし、芯が強くていつもしっかりとしていようと振る舞っているのについぽろっと弱音を吐いたり、繕っている表情が抜け落ちてしまったら、そんな時は自分が支えてあげられる存在になりたいという気持ちを刺激するのです。

いつも弱々しいだけなら面倒がられるかもしれませんが、そうではなく、このままではいけない、強くあろうと努力するからこそ見守りたくなります。

スポンサーリンク

見ていてハラハラしてしまう

 

あの子は大丈夫かな、ちゃんと元気にやっているかなと、か弱い女性には少し危なっかしいところがありますので、人から気にされやすい存在です。

いつも穏やかでいわゆる癒し系のおっとりとしたタイプが多く、そんな雰囲気がなおか弱さを強調しています。

ふんわりとしていて話しかたもゆっくり、大きなリアクションをすることはなく振る舞いも女性らしくたおやかなことから上品さがありますが、それ故にふっと風が吹けば折れてしまいそうな頼りなさを感じてしまうことが多いのです。

何かをしようとしているのを見かけると1人で大丈夫だろうかと気が気ではありませんし、離れている時もあの人は元気にやっているだろうかと姿を思い浮かべ、気がついたらいつもか弱い女性のことを考えてしまっていて、それが恋愛感情へと繋がっていきやすいのです。

男性は不安定なものを見るとつい守りたくなる気持ちが働いてしまいます。

危なっかしいからこそこの女性には自分がいなければ駄目なんだと思ってしまい、安定性を与えようとしてしまうのです。

もちろん無謀すぎる女性に対しては好感を持つことはありませんが、しっかりしているつもりで無防備な女性に惹かれやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

素直に頼ってくれるのが嬉しい

 

素直に甘えてくれる女性のことを可愛いと思う男性は多く、なおかつか弱い女性は人の好意に対して素直に受け入れやすい性格をしています。

頼りない自分を見て手助けしてくれようとしてくれる男性に対し感謝の気持ちを表しつつ頼ることができるという点で、男性の自尊心も満たされて好感を持たれやすいのです。

もちろん自分は守られて当然だという態度を取るような女性は例外ですが、申し訳ないとは思いつつ向けられた親切心にしっかりとお礼をした上で甘えることができ、何かの折には借りを返そうとしてくれるようなところに、「また何か困っているところがあれば自分が助けてあげよう」という気持ちになりやすくなります。

モテるタイプのか弱い女性はこうした親切へ「ごめんなさい」ではなく笑顔で「ありがとう」と言える人が多いので、謝罪されるようなことを押し付けがましくしたのではなく、感謝されるようなことをしてあげられたのだと心が満たされるというところもポイントです。

気持ちよくなれれば、もっと役に立ちたいと考えるのは当然でしょう。

素直に頼られるのは嬉しいですし、もっともっとこの女性を喜ばせてあげたいと思ってしまうのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク