気にしすぎる性格の6つの原因とは?

あなたは気にしすぎる性格でしょうか。

気にしすぎる性格の人の多くは損をする性格だと言われます。

なぜなら、本当は気にしなくてもいいことをあれこれ考えてしまい、勝手に不安になったり、心配したりして疲弊したり、精神的に不安定になってしまうからです。

その逆に楽観的であまり気にしない人はそういった状態にならず、むしろ今自分が興味あることや楽しいことに注力してします。

こうして比較するとやはり気にしすぎる性格は少し生きづらいかもしれません。

そして多くの人はその性格を治したいと思っていることでしょう。

そのためには原因を見つけることが必要不可欠です。

そこで今回は気にしすぎる性格の原因についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


気にしすぎる性格の原因

 

悪いことばかり想像してしまう

 

気にしすぎる性格の人は、心配性なとろこがあります。

余計なことまで心配するということは、悪い結果ばかりを想像しているということです。

そのために、いつも何かにおびえてしまって、やりたいことがあってもなかなか前に進めません。

だれかに、背中を押されても、「自分には無理かも」、「やっても失敗したらどうしよう」、と考えてしまうのです。

失敗するかもしれない、でもその先には何か得るものがある、というふうに考えることが難しいのです。

もともと気が小さく、繊細であるがゆえに、いろいろなことに対して想像力が働いてしまうのです。

例えば、健康診断を受けたあとに、再検査と言われて「重病が見つかったのかもしれない」、などと結果が出るまでにものすごい心配をしてしまい、まるで本当に病気になった人のように過ごしてしまいます。

心配性なのが悪いわけではありませんが、あまりにもいろいろなことを気にして、それも悪い想像ばかりしていたのでは心も体も疲れてしまいます。

気にしすぎる性格は簡単に治るものではないかもしれませんが、悪い想像をしたところで、そんなことはまず現実には起こる可能性はきわめて少ない、と理解することが大事でしょう。

 

他人の評価で生きている

 

気にしすぎる性格の人は、他人の評価が良くなければ、自分の価値がないと考えていることがあります。

小さいころから、親の期待に応えようと一生懸命してきた人で、親の思い通りにならなければ親に叱られたり、不機嫌になられたりしたような環境で育つとこうなることがあります。

大人になるにつれ、他人が自分に対する評価もとても気にするようになります。

そのために、他人が自分に対して期待することにこたえようと必死になります。

いつの間にか、他人の顔色をうかがって、「自分は期待にこたえられているだろうか」、と評他人の評価ばかり気にする人間になってしまいます。

他人の発言、行動もちょっといつもと違うようなところがあると、「私のしたことがまずかったのかな」、と非常に気にするようになってしまいます。

好きな人ができて付き合うことになっても、「自分はこうしたい」、ということがなかなか言えません。

どうしても、相手に合わせる自分になりがちです。

気にしすぎる性格の人が恋愛をすると、彼のメールや会う頻度、デートの回数などたくさんのことが気になってしまうでしょう。

スポンサーリンク


考えることに時間を長く使ってしまう

 

気にしすぎる性格の人は、じっくりと考えることが習慣になっていることがあります。

考えすぎたところで、本当に良い選択ができるともかぎりません。

人生ときには、あまり考えずに直観で動いたほうがいい場合もあるのです。

気にしすぎる性格の人は、どんなこともじっくり時間をかけて考えてしまうところがあるのです。

例えば、週末の誘いが大事な人からあったとします。

でも約束が先にあって断らなければ難しそう、という場合、断る理由をあれこれ考えてしまいます。

考えていることに時間を長く使ってしまい、他のことに手が回らなくなります。

ただ一言、「ごめん、先に約束があるから難しい」と断ればすむことなのに、「断ったら相手が悪い気をおこさないかな」、「少しでも時間を作って会うべきかな」、などといろいろ考えてしまうのです。

大事な約束のほうは優先したい、と思うのなら、もうあれこれ考えずに「行けない」とはっきり返事をしたほうが良いのです。

どんなときも、自分の気持ちを優先できるようになれば、考えることに時間を使いすぎずにすみます。

気にしすぎる性格の人は、考えすぎないくらいでいるほうが人間関係もうまくいく可能性だってあるのです。

 

自己評価が低い

 

気にしすぎる人は、自己評価が低かったりします。

他の人は、十分に能力があると評価してくれているものの、当人は十分な能力が備わっていないと思い込んでいるのです。

能力が低いと考えていれば、何か間違ったことをしていないだろうかと常に気にすることになります。

また、気にしすぎる人は人の顔色ばかりを窺い、少しでも気になる表情を目撃することで気に病むようになってきます。

このタイプの人は、親との関係がうまくいっていないことが多いのです。

特に、小さいころに親から理不尽に叱られて育っていたり、無関心な状態で育ってきたりしています。

育ち方に大きな問題があるため、大人になってから細かい部分まで気にするようになってしまうのです。

この状態で育ってきた人は、まず自分への評価を上げなければいけません。

自分には能力がないと思いこむのではなく、周りの人の評価に耳を傾けるようにしましょう。

周りの人たちの声を素直に聞けば、自分が一番低く評価を下していたことが分かってきます。

また、育ち方に問題がある場合、なんでも相談できる年上の友人を作ると心の傷を癒せるようになってきます。

スポンサーリンク


完璧でないと気が済まない

 

完璧主義の人は、何かと気にしすぎてしまう特徴があります。

なんでも完璧に行わないと気が済まないという人は、ほかの人では気にしない部分にも強いこだわりを見せるようになってきます。

家の状態も、常に完璧に保たれていないと精神的にイライラしてしまうため、掃除も徹底しています。

そのため、家の中はいつ訪れても美しい状態を保っていますが、来訪者は生活感のなさに戸惑うことになるのです。

また、完璧主義の人は、普段の生活の中だけではなく、仕事や育児にも手を抜くことがありません。

仕事で部下が失敗をしようものなら、すぐに叱責し責めてしまいがちです。

育児の時についても、子供が思い通りに育ってくれないと不満が溜まってしまい、ついつい細かく指示してしまうのです。

あらゆる点が気になっている人は、本人が息苦しさを感じるだけではなく、周りの人も追い詰めていることに気が付きましょう。

その状態に気が付かないまま生活していると、ある日突然周りからそっぽを向かれてしまいます。

気にしすぎて人に意見したくなる人は、世の中に完璧なものなどないという事実をかみしめましょう。

 

過去に原因がある

 

過去にトラウマがあると、ちょっとしたことが気になるようになってきます。

例えば、車による事故にあったことがある人は、その事実を忘れることができないため車に乗るときに慎重になってしまうでしょう。

また、地震などの災害にあったことがある人は、ちょっとした音に過剰に反応してしまい常に敏感になってしまいます。

このように、過去に起こった出来事にショックを受けていると、何かにつけて気にしすぎる性格が出来上がってしまうのです。

ショックな出来事が原因になった気にしすぎは、時間がたつことで状態が改善してくることもあります。

時間の経過により、心の状態も徐々に回復し、気にしすぎる精神状態も解消されてきます。

少しずつ心が安定してきた時には、それほど心配になることはありません。

ただし、いつまでたって状態が変わらない時には、しかるべき治療を受けるようにしましょう。

状態が一向に変わらない場合、それ以後自己回復することは困難になってきます。

この場合には、我慢をしてはいけません。

ちょっとしたことが気になっている原因が、トラウマにあることが分かっている場合には、誰かの助けが必要です。

スポンサーリンク


気にしすぎる性格の原因を見つけて克服しよう

 

いかがでしょうか。

気にしすぎる性格には必ず原因があります。

もしその性格を改善したいならその原因を見つけることが克服の近道です。

とはいってもその原因は1つだけとは限りませんし、すぐに改善できるものとそうでないものがあります。

あなたが「これは気にしすぎだな・・・」と考えたときにどうしてなのか?と自問自答していみましょう。

例えば相手から連絡が遅いなんてときに、普通の人であれば気にしない長さなのに、あなたは妙に気になって仕方がありません。

これは完全に気にしすぎる状態なのですが、なぜそうなってしまうのか考えてみましょう。

「相手に嫌われた」「何か自分がしてしまった」「自分以外の人と楽しんでいる」といったようなことが思い浮かびますよね。

これは相手を信用していない、自分に自信がない、自分が暇だから相手に嫉妬してしまうといった原因が当てはまるので、それを1つずつ改善していけばいいのです。

こうして順番に分解して、適切に対処していけば必ず原因を潰すことができるので、一気に解決しようしないことが秘訣です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク