気にしすぎる性格を直したい人の6つの克服方法とは?

あなたは気にしすぎる性格でしょうか?

気にしすぎる性格とは、人に何か言われているんじゃないかと疑心暗鬼になってしまうとか、相手の表情や言動を深読みしすぎて「あまり楽しくないのかな」と思ってしまったりとか、どうしてもあれこれ気にしてしまう人を言います。

もしかしたらドキッとした人もいるかもしれませんね。

相手のことを考えて気にするのは良いことですが、気にしすぎるのはあまり良くないのはあなた自身も気づいていることでしょう。

そこで今回は気にしすぎる性格を直したい人の克服方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


気にしすぎる性格を直したい人の克服方法

 

完璧な自分を捨てる

 

完璧な自分を目指している人は、気にしすぎる人になりやすいでしょう。

仕事でも、プライベートでも、理想とする自分の姿に近づけようとして気にしすぎてしまうのです。

仕事ならミスを気にして何故ミスが起こったのか、どうすればこのようなことが起こらなくなるのか、誰が悪かったのかを追求しようとする人ですね。

プライベートなら、恋人とデートをしていて予想外のことがあると怒ったり動揺してしまう人です。

自分が計画していた通りのデートにならないとすっきりしないのでしょう。

そして小さなミスや理想との違いを許せなくて、なんとか理想に近づけようと修正しようとするのですね。

その姿を見た人が、気にしすぎだと思うのです。

いくら本人に能力があっても、気にしすぎてしまう人は人から距離を置かれやすいので人間関係で損をしてしまうでしょう。

それを克服するためには手を抜くということを知らなければなりません。

この世にはまあいいかという大変素敵な言葉があります。

なにかトラブルがあった時は、対処した後にまあいいかこんなこともあるだろうと思うようにするのです。

どんなことがあっても、まあいいかですませることができるようになれば気にしすぎる性格も直るでしょう。

【関連記事】

スポンサーリンク


人生を楽しむことを意識する

 

気にしすぎる人は自分でルールをつくってしまっています。

自分は仕事を頑張らなければならない、恋人を大切にしなければならない、いい人でいなければならないなど考えるのをやめましょう。

仕事を頑張るのも恋人を大切にするのもいい人でいることも、素晴らしいことです。

しかしそれは自分で決めてしまったルールに過ぎず、誰からも指示されているわけではありません。

仕事が嫌いなら無理に頑張らなくたっていいのです。

恋人が嫌いならそれを態度に出したっていいのです。

いい人でいなくたって誰かに怒られる筋合いはありません。

自分が目指す人間になろうと努力するのはいいことですが、無理をして気にしすぎていると心の病気になってしまいます。

人はいつかは死ぬのですから、人生なんて楽しんだもの勝ちです。

自分の気持ちに素直になって、やりたいことややりたくないことは無理をしてやるのをやめましょう。

自分が楽しめるように行動すればいいのです。

その結果、誰かにどう思われようと関係ありません。

他人のことなんて気にしていたら人生を楽しめなくなってしまいます。

自分の好きなことをして生きて、自分のことは自分で認めてあげればいいだけです。

【関連記事】

スポンサーリンク


気にしないことを意識する

 

「余計なことをしたかな」「あの言い方はまずかったかな」など、自分が行った行動に対して気にしすぎてしまう、という人は多いです。

あれこれ気にしてしまうということは、逆に考えればとてもまじめな思想を持った人であるといえます。

ですがちょっとしたことでもいちいち気にしていては、先に進むことはできないでしょう。

気にしすぎる性格を直したいなら、気にしすぎる自分に気づき、「気にしない」ことを意識することです。

「どうしよう」と考え始めてしまったら、一呼吸おいて「大丈夫、大丈夫、気にしない」と自分に言い聞かせます。

相手のことを思うからこそ自分の言動を気にしてしまうのですから、自分の言動に対して気にすることは決してマイナスではありません。

自分が思っているほど相手は気にしていないことがほとんどですし、もしかしたらそのことについて何も覚えていないかもしれません。

気にしないことを意識することで、「自分はこういう性格なんだ」と再認識すると同時に、これを繰り返すことで少しずつ気にしすぎる性格を克服することができるでしょう。

【関連記事】

 

気にしていることを冷静に分析してみる

 

もしあなたが気にしていることがあったとして、それは本当に重要なことなのか、気にすべきことがらなのか、ということを冷静に分析してみることもおすすめです。

どんなことをして気にしているのか、どんなことを言ったのか、もしくはしたのか、など、細かく思い返してみましょう。

うまくまとまらない場合は、紙などに箇条書きにして書き出してみてもいいかもしれません。

そしてその「気にしていること」に対して、自分にとってプラスになることかそうでないことかを追求します。

もし気にすることが効果的である場合は、決して無駄なことではありません。

気にすることによって何かを変えられることであれば、深いところまであれこれ考えてみてもいいでしょう。

反対に、考えていてもどうにもならないようなことや、気にしていても何も変わらないことについては、プラスに働くことはありません。

つまり、気にしすぎて悩んだり考え込んだりすることは無駄、ということです。

一度自分が気にしていることについてしっかりと向き合うことで、それ以上気にしなくても良くなるのです。

これを繰り返すことで、自分にとってプラスかどうかを判断することができるようになります。

スポンサーリンク


気持ちの切り替えができることを見つける

 

気にしてしまう自分をすぐに変えることはなかなか難しく、つい気にしてしまうというのはごく自然なことです。

無理に気にしてしまう自分を変えようとせず、気持ちを切り替えることができる『何か』を見つけることはとても有効です。

気にしている時間が長ければ長いほど、自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

気にする時間を短くしていくことができれば、気にしすぎの克服にもつながります。

すぐに直そうとせずに、気を紛らわせながら気にしていることと距離を取ることで、少しずつ気にする性格を克服していくことができるでしょう。

音楽を聴いたり誰かと会ったり、好きな映画を見る、歯磨きをするということでもいいでしょう。

なんでもいいのです。

自分の気持ちを気にしていることからそむけることができれば、どんなことでも構いません。

これをすれば気持ちが切り替わるということをいくつか用意しておき、気になることがあるときに実行してみましょう。

それでもまたフッと気にしていることを思い出すことがあるかもしれません。

そんな時は、また別のことをして気を紛らわせてみましょう。

【関連記事】

スポンサーリンク


もっと現実を知る

 

気にしすぎる性格の人は、自分の失敗をいつまでも頭の中で考えてしまいます。

また、他人からの評価に敏感で、誰かになにか悪い噂をされているのではないかといった考えを持ってしまいがちですね。

気にしすぎるあまり自分の失敗からなかなか立ち直れず苦しんだり、他人の目を気にして被害妄想にとらわれてしまうのです。

ですがそれは気にしすぎる人が見ている世界の話です。

見ている世界と現実は異なることを知るべきでしょう。

現実は少し失敗した程度で人生が変わるわけではありません。

些細なことなのにいつまでも悩んだり落ち込んだりして時間を無駄にしているのが気にしすぎる人なのです。

そして、他人は自分が思う程自分に興味を持ってはくれません。

他人からの評価を気にしていても、他人の目が怖くても、実際は見られていないことばかりです。

人は他人にそれほど興味はありません。

誰もが自分が生きていくのに必死です。

気にしすぎる人は、その現実をもっと知らなければなりません。

長い人生を考えたら些細な失敗なんてどうってことありませんし、他人からの視線が気になるのならそれは被害妄想にすぎません。

【関連記事】

 

気にしすぎる性格を克服したいならすぐに意識しよう

 

いかがでしょうか。

気にしすぎる性格の人は、一度思い込んでしまったらそこから抜け出すのがとても難しいものです。

だからこそ、そうなる前に新しい出来事を増やす必要があります。

1つのことに対して深く考えてしまう前に、新しいことをやってしまい、1つのことへの気にする度合いを薄めるのです。

こうすることで、比較的早く気にしすぎる性格を直すことができます。

もちろんそうするためには行動力は必要になりますが、本当に克服したいと思っているのであれば、これこそ考える前にやってみるべきでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク