教養がない人の6つの特徴とは?

教養がない人とは、あまり勉学に励んでなく、知識が乏しいために内面に対してネガティブに影響してしまっている人のことです。

小さい頃からしっかりと勉強をしていたり、本をたくさん読んでいたら人付き合いの仕方などにも変化ができますし、人生にも大きな影響があります。

ただ勉強していない、本を読んでいないだけでは教養がない人だとは断言できません。

そこで今回は教養がない人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


教養がない人の特徴

 

一般的な常識を知らない

 

教養がない人には、一般的な常識が通じず、時に非常識になることを平気でする特徴が見られます。

例えば公共の場において大きな声で騒ぐ、出勤時間に平気で遅刻する、お礼や謝罪ができないなど、常識の中のルールとされることができないのです。

小さい時に学ばなければいけない、生きていく上で必要なこと、大切なことを知らずに育った人がこうした常識ない人となり、その背景には家庭環境の悪さや乱れが考えられます。

教養がなく常識を心得ていない人が社会に出ると、周りに多大な迷惑をかけても尚、自分が常識であると思い込むことがあるのです。

人としての常識を知らずにいる教養ない人は、自分の価値観がまともだと思い生活していくため、その人に関わる人すべてが迷惑をかけられたり責任を負う羽目になります。

目上の人に敬語が使えない、社会のルールを守れないといった問題点がある人は、幼い頃の環境によって常識を身につけられなかった可能性が高いのです。

大人になってから常識を知り覚えていくことは簡単なことではありませんが、根気強く向き合い教えていくことで、改善されていくかもしれません。

スポンサーリンク


深く考えることができない

 

教養がないということは、知識や情報が不足している状態です。

そのため、物事に対する考え方が浅く、先を見越しての行動や応用ができないことがあるのも特徴です。

今自分が思ったことをそのまま口にしたり行動に起こしてしまうのも、教養がないせいということも考えられます。

「こう言ったらこうなる」「こうしたらこうなる」ということを予め考えることができず、同じ失敗を繰り返したり、無駄に労力を使ったりと、忙しない印象を感じるでしょう。

起きた問題に対してどのように対処するか、教養ある人であれば事前に考え、リスクを予め減らしたり様々な手段を考えますが、教養がない人は、「これしかない」と思ってしまうことで、更なる問題を招いてしまうことがあるのです。

物事を深く考える、様々な視点でものを見るといった対処ができないため、常にトラブルや問題が続く人。

こうした人の考え方は浅く、「今」でしか問題を捉えていないことが分かります。

知識や情報を十分に取りいれていれば、これから起こり得る問題を回避することができるのに対し、無知で情報不足な教養がない人は、突っ走ってしまう行動が目立つのです。

 

浅い会話しかできない

 

会話の中にも教養がないかを判断する特徴があります。

浅井会話しかできない、深く捉えることができないという人も、教養がない人の特徴です。

例えば、誰かとの会話の時に「やばい」「まじで」としか言えなかったり、見るものに対してすべて「可愛い」と連発したりといったように、浅い会話・反応しかできない日とは教養がないと思われます。

物事を軽く見ている印象を与え、そこに真剣さが感じられない反応があると、相手は教養がない人だと思うのです。

「休憩時間だよ」と言ったら「やばい」、「疲れた」と言っても「やばくない?」、物や人に対しての「可愛い」だけに留まらず、音楽やシチュエーションなど可愛いという対象ではないものに対しても「可愛い」と言うようであれば、教養がないと思われてしまいます。

言葉の選択肢をもっと増やしたり、言葉の意味を理解して反応することが求められ、今の状態では教養がなく幼い印象を与え続けてしまうでしょう。

会話のレパートリーを増やし、多少なりとも考えを深く持ち、「バカな人」「変な人」という印象を与えないよう、会話に工夫が必要です。

スポンサーリンク


言葉遣いが美しくない

 

言葉遣いというのは、その人の育った環境や、その人の勉強への取り組み姿勢、普段の交友関係など様々な背景を如実に表してくれます。

「この人教養がないなぁ」とまっさきに気付くのは、その人と話してみた時の言葉遣いではないでしょうか。

日本語の基礎となる勉学的なところをしっかり小学校で学び、中学高校においては、謙譲語や敬語の使い方を学びます。

そういった机上での勉強を礎としながら、やはり、毎日接する家族や友達などが、言葉遣いには大きく影響するものです。

汚い言葉を平気で使ったり、社会人にもなっているのに初対面の人に対して突然ため口で話し始めたり。

公式な場所で、若者で流行っているような略語を使ったり、年齢に合わない言葉を乱用していたり。

又、お店やレストランの店員には横暴な言葉遣いをしたりしている人を見かけると、どんな教育を受けたのだろうと疑問になります。

見ているこちらが恥ずかしくなってしまうような、稚拙な言葉遣いやそれに沿った態度は教養がない人の大きな特徴です。

言葉遣いというのは、その人の人となりを表す重要なパーツなのです。

 

視野が狭い

 

教養がない人というのは、自分の半径1メートル位のごく身近で起こっていることにのみ興味があり、それ以外のことには関心を示さない傾向があります。

今、日本や世界ではどんなことが起こっているのか、自分の身には関係ないと思い込み、政治や経済などということにはとんと無頓着です。

実は、そういったことがまわりまわって自分の生活に影響を及ぼしてしまうということが考え及ばないのです。

又、自分とは違う存在に関しても無頓着かつ、異質なものを受け入れないような傾向もみられます。

知らない土地に行って自分の見識を広めたり、自分とは全く違った職業や生活を送っている人を広い視野を持ってみることができないのです。

そんな小さな世界に閉じこもってしまうと、視野が狭く、結果として教養がない人と表現されてしまうことでしょう。

視野を広くもち、どんなことにも挑戦したり知ろうという探求心をもっている人は、自ずと様々なことを吸収できるので、結果として教養がある人になります。

日頃、全ての物や人に対する興味のもち方一つで、教養のあるなしがはっきりと分かれてしまうのです。

スポンサーリンク


一緒にいて楽しくない

 

友達関係、家族関係、夫婦関係、親子関係、師弟関係など人はすべてにおいて人と人との交わりの中で生きています。

どんな人間関係においても、人はお互いを尊敬し、お互いを愛し合い、高めあっていくようなそんな存在でいることが理想です。

しかし、自分の興味あることしか考えず、異質なものは受け入れない、そのような人が周りを高めることができるでしょうか。

一緒にいても、自分のファッションやメイクの話、最近の芸能ゴシップ、ご近所さんの噂話、旦那の愚痴など、それがエンドレスに続くだけなのです。

又、そういった人は自分のことばかりを考える結果、他者を思いやる心、慮る心も欠落しています。

結果として他人への最低限の気遣いも出来ず、一緒にいる人を不快にさせてしまうこともあるでしょう。

そのような教養のない人とは、少しお付き合いする位の人なら特に問題はありませんが、ずっと一緒にいて楽しいと思えることはないでしょう。

何故なら、その人から何も得るものがないからです。

教養のなさは一見勉強ができるかできないかだけの問題に見えますが、実は「思いやり」という、人として最も重要な部分にも直結しているのです。

 

教養がない人は会話に特徴がある

 

いかがでしょうか。

教養がない人かどうかを見分けるには「会話」に注目するのが一般的です。

やはり教養がある人とない人とではボキャブラリーに大きな違いがでますし、言葉遣いなどにも影響がでます。

少し話をしただけで「この人は教養がないな・・・」と思われてしまうことも多々あるのです。

その逆を言えば、教養がある人と思われるには、その「会話」を重点的に改善していけばいいということです。

余裕を持って丁寧に話す、ボキャブラリーを豊かにする、言葉遣いに注意するなどを徹底すれば、あなたの本来の教養はどうであれ、他人から見れば「教養がある人」だと思われることは間違いありません。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク