リーダー
by Mark Turnauckas
 
経営者や中間管理職、マネージャーなどなど、
部下を持つ立場の人は全員リーダーです。

その名前の通り相手をリードして最大限の力を発揮させることが求められています。

しかしリーダーの人たちの中では、

「部下が言うことを聞かない・・・」
「すぐに仕事辞めたいと言い出す・・・」
褒める、怒る方法がわからない・・・」

とマネジメントの面などでの悩み事があるケースが多い傾向があります。

ここでは、そんな悩みを持っているリーダーたちにとって大変役立つ記事をまとめました。

あなたが今、感じている問題を解決するヒントがたくさんあるはずですので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク


リーダーの心得

 

部下のやる気を引き出す

 
リーダーは部下ありきの存在です。

そのことを忘れてしまうと、
部下からの信頼を得るどころか、誰からも相手にされず発言力がゼロのリーダーに成り下がってしまうでしょう。

大切なのは部下のやる気をあげたり、勢いをつけさせてあげることです。

「なかなか部下がやる気になってくれない・・・」
という人はこちらの記事をご覧ください。

 

部下の育成方法

 
間違った褒め方や叱り方をし続けてしまい、
いつの間にか部下からの評判が下がっていた・・・なんてこともよくあるケースです。

今の部下は、あなたが教えられてきた時代とは全く違います。

まずはそのことを理解してから、相手と向き合わないといつまでもスレ違いのままでしょう。

それでは「チーム一丸」なんてのはただ言葉で言っているだけで、誰も心に刺さりません。

「これを言っておけばいいだろう」という言葉は全て見透かされていると感じて下さい。

部下に対してどう接していいかわからない人はこちらの記事がオススメです。

スポンサーリンク


部下とジェネレーションギャップがあるリーダー

 
リーダーと部下にジェネレーションギャップがあると、
上手く意思疎通ができません。

「黙ってやれ!」という時代は終わりました。

そんなことを言ったら部下は「会社行きたくない」「会社辞めたい」なんて言い出してまったく仕事できない状態になります。

そんなのは甘えだという声ももちろんありますが、多くの人がこの状態に頭を悩ませています。

手っ取り早いのは相手を無理やり変えることではなくて、
自分が変わることです。

そうすれば相手への見方が変わり、上手なコミュニケーションにつながるかもしれません。

ギャップを感じている人は部下を理解するために次の記事をよく読んでみましょう。

 

良いリーダーと悪いリーダー

 
あなたにはこんなリーダーになりたいなぁという人はいるでしょうか。

憧れの人がいるか、いないかでその人のリーダーとしての器や能力は段違いになります。

自分本位の考えが前面に出ているリーダーのもとで働いている部下はきっと疲弊しているはずです。

仕事が楽しいとは間違いなく感じていないでしょう。

では良いリーダーと悪いリーダーの違いは一体どこにあるのか?

そのヒントになる記事をまとめたので、目を通しておくとあなたのリーダーとしての振る舞いが大きく変わるかもしれません。



スポンサーリンク