生きているのが辛い時5つ

あなたは、生きているのが辛いなと感じたことはありますか?
折角生きるのであれば、楽しく行きたいものですが、そんな訳にもいかず、生きるのが辛いと感じてしまう事もあります。

どんな時に、生きているのが辛いと感じてしまうのか?
生きているのが辛い時を読んで、生きるのが辛い時とその時の対処法を見てみましょう。

スポンサーリンク


生きているのが辛い時

 

お金が無い時

 

生きているのが辛い時は、お金が無い時です。

社会生活を送るにはお金が必要です。

自分の欲望を叶えたいと思ったらまず、お金が必要になります。

衣食住を賄う為にもお金が必要になります。

このお金が無い時に生きるのが辛い時にあげる人は多いのではないでしょうか。

お金が無いなら働けばいいといいますが、

健康で若い身体を持っている人であればそれも可能でしょう。

しかし、世の中健康で若い人ばかりがお金に困っている訳ではありません。

病気がちであったり、健康に問題を抱えている人、高齢者の人でもお金を必要とします。

この様な人は、例え働きたいと思っても働ける場所や雇用が中々見つからない為、

簡単に働く事も困難なのです。

お金が無く働き口も無い人の場合、最後に頼るのは行政でしょう。

行政に頼る事で、解決する場合もあればしない場合もあります。

ただ、相談だけなら無料なので本当に困る前に一度相談しておくといいでしょう。

スポンサーリンク


将来を考えた時

生きているのが辛い時は、将来を考えた時です。
今の自分が、将来どうなっているのかを考えた時に不安を抱え生きるのが辛くなります。

今の生き方で将来も大丈夫なのか?将来自分は何をしているのか?を考えだすと次第にマイナス思考になり始める人がいます。
将来の事は、誰にもわかりません。

今、充実した人生を送っている人でも、将来同じような人生を送っている保証はありません。
誰もが、将来に対し少なからず不安を抱えて生きているのです。

ただ、将来に対して少しでも光を見いだせる人は目標がある人です。
今、これをやっている事で将来はこうなっているはずと言うビジョンを持つ事で生きる活力が湧いてきます。

将来の事を考えて生きるのが辛くなるのなら、将来どうなりたいかの目標を持つ事が大切なのです。

 

孤独を感じた時

 
生きているのが辛い時は、孤独を感じた時です。
1人部屋に居て、酷い孤独を感じる時に生きるのが辛いと考えてしまいます。

この孤独は何時まで続くのか、死ぬまで孤独に過ごさなければならないのかと考えだすと生きるのが辛くなります。
孤独を解消するには、パートナーを見つけるのが一番効果的ですが、孤独を感じて生きるのが辛くなってしまうパートナーを探す事も億劫になってしまう事があるのです。

孤独で生きるのが辛い時はまず、ペットを飼ってみましょう。
ペットは自分がいなければ生きて行けない存在です。

ですから、ペットはその人に助けられて生きているのです。
人間守るものがあると強くなれるといいますから、その環境を自分で作り上げてみましょう。

自分に懐いてくるペットを見る事で孤独は紛れ、生きるのが辛い気持ちも抑えられるでしょう。
そして、気持ちが落ち着いてきた時に、パートナー探しをすれば、いいのです。

ペットを飼う事で生きる意味と命を預かっている責任感を持つ事で生きる活力が生まれてくるのです。

スポンサーリンク


楽しい事が無い時

 
生きているのが辛い時は、楽しい事が無い時です。
生きていても、何も楽しい事が無く、人生に張り合いが持てないと生きるのが辛くなります。

仕事はそこそこ、プライベートもそこそこで楽しい事が何一つない、これじゃあ生きている意味が無いんじゃないかと考えてしまうのです。

仕事も、プライベートもこれと言った不満が無い生活と言うのは、とても安定し恵まれた環境であると同時に退屈な環境でもあります。
人間は我がままですから、安定を求めていても退屈だけは耐えられないのです。

安定とは本来退屈であり、楽しい事はまずないのです。
この為、楽しいと感じる刺激を求めるのであれば、新しい事を始めてみるしかありません。

どんな事が自分に合っているかを考えるのではなく、目についたものを片っ端から始めてみましょう。
途中で投げ出すものも多くあるでしょう。
しかし、楽しい事を探し続けていれば、いつかは楽しいと思える事に巡り合えます。

何もせず、楽しい事が無いと愚痴を言っている暇があれば動く事をおススメします。

 

いじめられている時

 

生きているのが辛い時は、いじめられている時です。

学校、職場等、いじめの問題はどこにでもあります。

毎年、いじめを苦に自ら命を絶つ人は多くいます。

それぐらい、いじめは人を生きているのが辛いと思わせる力を持っているのです。

スポンサーリンク


いじめられている時に生きるのが辛いと考えたら、まずはいじめられる環境から距離を置きましょう。
わざわざ、いじめられに行く必要はありません。

そして、今までいじめに耐えてきた自分へのご褒美だと思ってゆっくりしましょう。
しかし、何時までもゆっくり過ごしている訳にはいきませんから、今後の事も考えて行かなければいけません。

いじめられた環境と別の所で再スタートをする際に、同じようにいじめられたらどうしようと言う不安があるでしょう。
考えてみてください、いじめられた時と同じ人間がその場には居ない訳ですから、いじめられる要素はその時点で0です。

逆に、「またいじめられるかも・・・」「いじめられたらどうしよう」と言う不安が新しい環境で、表情や態度に出てしまうと周りにそれが伝わりいじめに発展する可能性があるのです。

何事も無く、堂々としていれば問題ありません。

 

生きているのが辛い人がいれば話を聞いてあげてください

いかがでしたか?
生きるのが辛いと言う考えになるには相当追い込まれている状況である事だと認識しましょう。

ですから、軽い気持ちで考えずしっかりと腰を据えて対処法を考えないと、最悪の事態に発展してしまう可能性があります。
あなたの周りに、生きるのが辛いとこぼしている人がいれば、相談に乗ってください。

何も出来なくとも、話を聞くだけでもだいぶ話した方は気持ちが楽になるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク