一人寂しい休日の過ごし方9つ

一人寂しい休日とはいったいどのような過ごし方をするのでしょうか。そしてその休日を楽しむにはどうすればいいのでしょうか。

一人での休日が続くと、それが寂しいのかどうかすらもわからなくなってしまうものですよね。

そこで今回は一人寂しい休日をご紹介しますので、ぜひあなたの休日と比較しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


一人寂しい休日

 

一人寂しい休日とは家に閉じこもったまま一人で昼から酒を飲む

 
趣味や打ち込めるものがないからといって、昼から家で酒を飲んで過ごすのは寂しいを通り越して人生が終わっていると言っていいでしょう。

ちょっとお洒落なカフェレストランに行ってランチビールを一杯だけ、ならまだ許せますが、コンビニで大量のお酒とおつまみを買い込んで昼間から一人酒盛りを始めるとしたら、相当重症です。

昼から酔っぱらってしまったら眠くなって夕方には寝てしまうでしょう。

夜10時頃ふと目が覚めて部屋を見渡すと、目に映るのは放置された食べかけのポテチの袋と床に転がっているビールの空き缶。これは寂し過ぎる休日ですね。
 

一人で宅配ピザを注文して食べる

 
一人で過ごす休日でもお腹がすいたら宅配ピザを食べたくなる気持ちはわかります。しかし、宅配ピザは本来大人数でワイワイ食べる時が一番楽しいものです。

宅配ピザの楽しみは、注文する品を選ぶ段階で始まります。

「私は○○がいい!」「私は△△が絶対に食べたい!」「よーし、わかった。ハーフ&ハーフにしようか。それで生地はどっちのタイプにする?」・・・というようにああでもないこうでもない、と言い合いながら選ぶ楽しさが宅配ピザにはあります。しかし、一人寂しく過ごす人はその醍醐味を味わうことができません。

しかも、一人で寂しい休日を過ごしていることがピザの配達員にバレないように、玄関に不必要に靴を多く並べてあたかも来客がいるように演出します。

一人寂しい休日の代表的な事例と言えます。

スポンサーリンク


一人寂しい休日の〆はサザエさんを見る

 
日曜日が休日の、一人寂しく過ごす人の多くが夕方6時半からサザエさんを見ています。

友達や恋人と過ごしている人達はちょうどディナーを楽しんでいる時間帯です。あるいは行楽帰りで「楽しい1日だったね」と語り合っている時間帯かもしれません。

いずれにせよ日曜日がお休みで充実している人は、サザエさんを見る時間はあまりありません。

最後のサザエさんとのジャンケンで負けた日には、余計寂しさが募ります。来週も一人寂しい休日になってしまうかも?と考えてしまうのです。

サザエさんとのジャンケンを占い代わりに利用する人は、一人寂しい休日を過ごす人の典型的な特徴です。
 

一人寂しい休日には凝った料理・お菓子を作る

 
一人で暇だしやることがないときこそ、凝った料理や気になっていたお菓子作りをします。普段忙しくて、時間をかけた料理は作らないけど、こういう時はほかに何もやらなくていいという気持ちを持ち、何時間も煮込む煮込み料理や、生地から作る料理などを作ってみます。

こだわった料理が出来たときの完成品はとてもおいしいし、自分すごい!こんなもの作れるんだ!と自信にもなります。

冷凍できるものなら、たくさん作って冷凍しておけば、忙しいときもちゃん手作りした料理をふるまうことができるので、まさに一石二鳥です。
 

映画やドラマを観る

 
なんだか人とは見づらいもの、号泣してしまうもの、自分の趣味のものを思いっきりみます。一度見たものを見返すのもいいです。

思い出して、やっぱり自分はこういうのが好きなんだとか、実はそんなに面白くないなとか再発見できます。ごろごろしながら、お菓子を食べながら普段はあまりできないようなグータラ加減で見るのが醍醐味です。

同じシーンを何回も見直したり、同じセリフを言ってみたり、一人でしかしづらいことをあえてやってみると、なんだか解放された気分になります。

スポンサーリンク


一人寂しい休日には散歩がてら隣駅まで買い物する

 
隣駅ほどの歩いて行ける距離のスーパーまで行き、あえてそこで買い物をする。

自宅の近くにスーパーなどがあってもそこには行かず、いつもと違うスーパーに行くことでお買い得品を見つけたり、質のいいものを探せたりします。

行きは散歩気分でプラプラ寄り道をしながら、空をみたり、猫を見つけたり、何も考えずに歩いたりして帰りは少し重たい荷物をトレーニング代わりに使用したりと無理をしない範囲でやることで、自分頑張ってるなと実感できます。

もし買いすぎた場合は電車に乗って帰ればいいし、そこはむりをせず、自分の気分に任せて自分のペースでやることで、家の閉じこもっているよりも気分も晴れるし、健康にもいいし、安い物も手に入れられるし、と良いこといっぱいです。
 

朝も昼も関係なし

 
朝は好きなだけ寝ます。昼だろううが、午後になろうが何時に起きたって気にしません。どうせ予定はないのです。

どうせ友達から連絡もないでしょうから、スマホはマナーモードにして誰からも妨害されないようにするのもいいです。

目覚めたら顔を洗う必要はありません。外に出る予定もないので、寝癖がついていても、よだれの跡がついていても大丈夫です。
 

食事は家であるもので済ませる

 
お腹が空いたなら、家にあるもので済ましましょう。

冷蔵庫を開けると、普段料理をしないので特に食べれるような食材はないかもしれません。テーブルの上にある、食パン6枚切りでもあれば、バターもつけずにお皿もなしで食べるのがベストです。

パンもないのでしたら、お菓子でもいただきましょう。

食べ過ぎても明日から仕事忙しくなります。ダイエットも明日からはじめればいいでしょう。

コンビニへ?いえいえ、今更着替えても時間の無駄です。コンビニへ行くために着替えるのは面倒くさいでしょうから、結局出かけるのが面倒くさくなるはずです。

動くのは面倒くさいですし、お皿出して食べたら洗わないといけませんんから。粉がこぼれたって平気です。わざわざ休みの日に掃除する必要はありません。それに掃除してもお客さんは来ません。

スポンサーリンク


自分なりに夜を楽しむ

 

だらだらするともう夜です。

明日から仕事です。

でもせっかくのお休み、だらだらと寂しい時間を過ごしてしまった!と後悔する時間帯でもあります。

でも大丈夫です。

夜の時間帯は楽しいドラマやバラエティ番組が盛りだくさんです。

これもエンターテイメントのひとつと言えるでしょう。

ちょっと物足りないのなら、電気を消してみると雰囲気がでるかもしれません。

見始めるとあっという間に時間が過ぎます。

明日から早起きしなければならないので、せめてお風呂には入りましょう。

お風呂の入ってきれいになりました、それだけで今日一日かなり充実していたと思いませんか。

 

一人寂しい休日に慣れないようにしよう

 

いかがでしょうか。

休日の過ごし方は人によって様々ですが、一人寂しい休日が続くと慣れてしまうものです。

これは大変危険な兆候で、その過ごし方に充実感を覚えてしまったり、快適だと感じてしまったら、新しい環境に身をおくことができなくなります。

つまり、いつまでたっても一人寂しい休日を送ることになるのです。

それが幸せだと思うのであれば構いませんが、寂しいと感じるのであれば、まずは外に出てみたり、家に人を呼んでみましょう。少しは環境が変わるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク