要注意!相手からメールの返信が遅い本当の理由はあなたにあった!

要注意!相手からメールの返信が遅い本当の理由はあなたにあった!

 
あなたは相手からのメールの返信が遅くて
ヤキモキした経験はないだろうか。

もしかしたらメールの返信を遅くさせているのは
あなたに原因があるかもしれない。

その相手の返信を遅くさせてしまうメールの送り方をまとめてみた。

また、相手のことを考えたメールを送る強力なテクニックを知りたい方は
今あなたが読んでいるこの記事と『メールで男性を「落とす」4つのお手軽テクニック』の記事をあわせて読んでいただくことをオススメする。

COBS ONLINEの調査によると、
メールを返さない理由について80%の人が、

『面倒だから』

と回答している。

どんなに時間がなくても、
メールを返す時間もないという人はコミュ障でもなければあまりいないだろう。
つまりあなたのメールが、
相手に対して、返信しようという気持ちを刺激していないことになる。

ではどんなメールが面倒と思われてしまうか以下に列挙してみる。
あなたはいくつあてはまるだろうか。

スポンサーリンク


相手からのメールの返信を遅らせてしまう内容

 

疑問文メールが多い

 

相手からの返事をもらうには
疑問文を入れるのがいいと誰もが聞いたことがあるだろう。

しかしこれが逆効果になってしまうケースが多々ある。

もちろん相手があなたに対して
脈ありなのかな?」
と興味があると感じるので嬉しいと思うものだが、
それが何回も、何日も続くとやはり少し面倒と思ってしまうものだ。

すると、相手はあなたからのメールが億劫になり返信が遅くなることにつながってしまうだろう。

 

件名をおろそかにする

 

普段のメールのやり取りではそれほど件名を意識している人はあまりいない。
これはあなただけでなく、相手も、その相手の周りの人も同様だ。

だからこそ、ふとした時に、件名のあるメールをもらうとあなたへの印象が強くなる。
すると相手は無意識に好印象を抱き、あなたのメールを面倒とは思わなくなる。

これはある一定の羅列からそれらとは異なるものが目に入った時に自然と注目してしまう行動心理学の考え方に基づいたテクニックだ。

スポンサーリンク


具体的には、
『12月4日18時に〇〇集合だからよろしくね!』とメールをもらったら、

ただ

 
『了解!』

 
と送るのではなく、
 

 
『件名:ありがとう! 本文:了解!』

 
と送ろう。
 
たったこれだけで、相手への伝わり方は大きく変わってくるし、
ふとメール一覧を見返した時にあなたからのメールが目につきやすくなる。

それだけで印象が高まる効果がある。

 

返信しにくい疑問文を送っている

 

最後に疑問文で内容を終わらせるのは
やり過ぎなければ基本的に相手からの返信には効果的だ。

しかしあなたはこんな疑問文を送っていないだろうか。

 
『今日、上司からこんな風に言われたんだけどどう思う?』

 
これではすぐに返信もできないし
、素っ気ない内容を返すわけにもいかなくなってしまうはずだ。

こういう場合は電話するなり、
会う約束をして相談したほうが効果的。

疑問文を使うなら極力相手がYESかNOで返事できるもののほうが良い。

スポンサーリンク


一回の送信内容が長文

 

人によっては一度に多くのことを伝えたいとの思いから、
ついつい長文メールになってしまうだろう。

しかしそのメールを受け取った相手は、
どれから答えようかと迷ったり、
どれに答えて良いかわからなくなってしまう。

そして

『時間がある時でいいや』

とあなたへの返事を後回しにしてしまう。

焦らず相手が返信をしやすいように工夫をしよう。

 

日記メールが多い

 

長文メールを送るのと同じで、
相手がどう返していいかわからない内容はあなたへの返信を遅らせてしまう。

 
例:『今日〇〇に行って〇〇してきたよ!楽しかった!』

 

これも調査では、

どう返していいかわからない、

『そうなんだね』と素っ気なく返すわけにもいかないし困った、

という結果が出ている。

スポンサーリンク


時間帯を意識していない

 

あなたにはあなたのライフスタイルがあるように、相手にももちろんある。

予め会話やメールで相手のライフスタイルを知っておき、

相手が返信しやすいであろうタイミングでメールを送ろう。

タイミングがずれると会話が続かないだけでなく
悪い印象を与えかねない。

例えば、相手が会社員で19時に仕事が終わり、大体20時には家路についているとすれば、

そのタイミングで『お疲れ様』と送ってあげよう。

もしあなたがホッと一息をついた時にそのようなメールをもらえば自然と相手への印象が強くなるだろう。

それと一緒。

 

写メールを活用していない

 

あなたは写メールを活用しているだろうか。

あなたがついつい写真を撮ってしまうほど興味を持った、

感動したものをただ文章で送るのではなく写真と一緒に送って教えてあげよう。

相手はあなたが何に興味を持って、何に感動したのか具体的に伝わり、

返信もしやすくなる。

スポンサーリンク


自分発信のメール回数が多い

 

一日に何度もあなたからメールを発信するのは絶対にやめよう。

いくら手軽にコニュニケーションが取れるとはいえ、
自分中心となってはいけない。

最悪、相手に恐怖感を与えてしまう。

絶えず相手を思いやる気持ちを忘れないでいただきたい。
相手に喜ばれる考え方については『コミュ障改善に役立つ3つの思考パターン』が参考になるだろう。

 

まとめ

 

いかがだろうか。
お分かりの通り、
大事なのは面倒だと思われないように送るのではなく、
あなたからのメールが特別だと感じてもらうことだ。

そのためには上記のことに気をつける必要がある。

さらには、
『悪用厳禁!人に好かれる人が無意識にやっている6つの心理テクニック』と、
『メールで男性を「落とす」4つのお手軽テクニック』

でご紹介しているテクニックと組み合わせれば効果はかなり期待できる。

つまり特別だと感じてもらえれば面倒だと思われない。

その結果あなたが相手からのメールの返信が遅いとモヤモヤすることは無くなり、
より深いコミュニケーションが取れるようになるだろう。

またコミュニケーションをとる異性がいない、少ないというあなたは
出会いがない人の原因と解決方法」を読んでみよう。

きっと良いコミュニケーションを取れる人と出会えるヒントになるはずだ。

ぜひ参考にしていただけたら幸いである。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク