おとなしい人に向いている職業6つ

おとなしい人に向いている職業というのはどのようなものがあるのでしょうか。

多くのケースでは人とあまり関わりたくない、人とおしゃべりをするのが苦手だと感じている人がいます。

そのような人たちにピッタリ合う仕事とはどのようなものか。

そこで今回はおとなしい人に向いている職業をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


おとなしい人の職業

 

作家・漫画家

 

作家や漫画家、イラストレーターなど机に向かって黙々と行うクリエイティブな職業は、人付き合いが苦手だったりなるべく人に会いたくない人にはうってつけ。

とは言え、お仕事としてやる以上クライアントや担当者との打ち合わせや交渉など、ある程度は対人スキルを要求されますので、全部一人でこなすとなるとそれなりに大変かもしれません。

まずは技術やノウハウを学ぶためにも、誰かの下でアシスタント業務などをこなすなどステップアップを図るのも1つの方法です。

しかし最近では電子書籍の出版も盛んになって来ているので、すべてWebのやりとりだけでお仕事が完結するスタイルを構築することも可能です。

 

スーツアクター

 

役者やタレント、芸人や声優など人前に出るような職業は、普段の生活では出さないような大きな声を出すことも多く、引っ込み思案だとなかなか苦労することも多い職業です。

しかしスーツアクターは異色で、基本的にお仕事中は声を出してはいけないことになっています。むしろ寡黙な人ほど向いてるとさえ言えるほど。

どんなに暑く汗だくで倒れそうになっても愚痴一つこぼさず黙々と仕事をこなせば、周りから一目置かれる存在になれるでしょう。

ただ声を出さない分、体力勝負な一面が多々ありますので、虚弱体質の人にはオススメできません。

スポンサーリンク


手話通訳士

 

ニュースなどでキャスターが読み上げる文面を身振り手振りだけの手話に変換し、言語を伝達するお仕事、それが手話通訳士です。

手話は耳が不自由な方のための言語として広く一般的にも認識されていますが、実は最近まで日本で手話は法律上言語として認められていなかった不遇の時代が続いていました。

しかし最近では法整備も進みドラマや映画などで目にすることも多くなり、タブレット端末などを用いて遠隔地でもお互い姿を見ながら手話で会話することも出来るようになりました。

一言も声を発することなく手話を用いて語ることは、ある意味黙ってやるお仕事の究極系とも言える存在なのかもしれません。

 

図書館司書

 

そもそも図書館自体が静かな場所ですよね。

質問を受けることがあっても、静かな声で応対し、又書架の場所を答えるのみで済みます。

公共図書館は、公務員として採用されるので、同僚も保守的な方が多く、おとなしい方でもうまくやっていけるのではないかと思います。

大学図書館や企業図書館は、公共の図書館とは多少異なるかと思いますが、声を張り上げる場でもないので、、やはり向いていると言えるでしょう。

同様の理由で、書店の店員としても向いているのではないでしょうか。

但し、書店店員の場合、サイン会等のイベントが開催されるような大型書店、学校で教科書を販売するような書店は不向きかもしれませんので、書店で勤務することを検討している方は、あらかじめ店舗規模や業務内容を確認することをおすすめします。

スポンサーリンク


高級ホテルのホテルマン

 
高級ホテルという場も、比較的落ち着いた環境になります。

大声を出すこともあまりないと思われますし、きめ細やかなサービスが必要となるため、落ち着いて業務に携わる必要があるといえるでしょう。

おとなしい方の対応はおそらく落ち着いたものとなり、ホテル利用者も気持ちよく過ごせるのが想像できます。

ホテルのランクや利用世代を間違えてしまうと、逆に目立つことをしなければならないため、富裕層の利用する、子供連れが少ないホテルを探しましょう。
 

ビル・マンション等の清掃員

 
様々な場所がありますが、基本的には黙々と一人でこなす作業のため、コミュニケーション能力があまり問われません。

おとなしい方で、さらにコミュニケーション能力に自信のない方でも、最低限の報連相ができれば、清掃の作業内容が大切になってきます。

シルバー人材センター等でも求人が見られるため、リタイヤ後でもチャレンジできる職業です。

この場合においても、富裕層を相手にする方がおとなしく仕事ができるかと思いますので、富裕層向けのマンション等がおすすめです。
 

おとなしい人は職場に左右される

 
いかがでしょうか。

今回はおとなしい人に向いている職業についてご紹介しました。

基本的に人と話さなくてもいい職業ばかりでしたが、おとなしい人でも人と一緒にいるのが好き、もしくは苦手ではないという人も決して少なくありません。

そのような人は職場の人間関係や仕事内容で、その人のキャラクターが決定するといっても過言ではありません。

自分はおとなしいからといって、誰とも会わない職業を選択してしまうことで、余計にストレスを感じてしまうかもしれません。

おとなしい人でも自分の性格をしっかりと把握してから、そして自分がどのような仕事をしたいのかをしっかりと明確してから職業を選択すると、失敗する確率は大幅に下がるでしょう。

職場の環境に関しては、自分ではどうしても決めることができず、運に左右されてしまう部分もあります。

しかし、やりたいことなどがきちんと決まっていれば、その環境に諦めずにとことん行動することができます。

おとなしい人だからといって行動力がないわけではありませんので、そこはしっかりと意識しておくべき点だといえるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク