面接で逆質問するときの例9つ

面接ではただ質問に答えればいいというわけではありません。

あなたから企業に質問することも非常に大切ですし、大きな自己アピールになります。

しかし具体的に何を質問していいのかよくわからない人がたくさんいます。

そこで今回は面接で逆質問するときの例をご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


面接で逆質問するときの例

 

入社意欲や会社への興味を人事にアピールしましょう

 

面接時に人事から逆質問をされたら、最終アピールのチャンスです。

人事は会社への入社意欲やどれだけの興味を当人が持っているのかを測っています。

「特にありません」と応えると、会社に興味が無いのかなと思われたり、「他に当社より興味のある会社があるのかな」「やる気が無いのかな」と思われてしまうことは少なくありません。

応募者の志望度を疑ってしまいます。

もし、自分が人事で面接官だった場合、自分の会社にとても興味がある人を雇いたいと思うでしょう。

会社の給与面について話すことはおすすめしませんが、いくつか応募する会社の良い所を見つけて逆質問された時のために準備しておきましょう。

 

自分のコミュニケーション力のアピールをしましょう

 

志望度の高さと同じく、コミュニケーション能力も見られていることを知っておきましょう。

逆質問では、普段の面接時の質問よりも応募者からの自発的な発言が求められます。

普段は人とどのような雰囲気で会話をしているのか、言葉のキャッチボールはできるのか等、会社社員に交じっても大丈夫な人かどうかを人事は知りたいのです。

会社は人の集まりでもあり、仕事をスムーズに進めるにはコミュニケーション力は必須です。

双方向の会話がどの程度スムーズにできる人なのかを見る、最終判断に使われるのが逆質問なのです。

スポンサーリンク


自己PRをしましょう

 

逆質問は応募者が身構えてしまうものですが、最後の自己PRのチャンスでもあります。

人事の意表をついた質問をすることで、志望度の高さをアピールするだけでなく、その場に合った臨機応変な会話をできる人という印象を人事に与えることができます。

ビジネスシーンでは社内外に関係なく、臨機応変さが必要となる場面が沢山でてきます。

会社は優秀な人を雇いたいと思ってはいますが、ビジネスシーンでの臨機応変さも兼ね備えた人を雇いたいのです。

面接時は大変緊張するものですが、リラックスして挑んでみて下さい。

 

自分の先輩たちがどういった仕事内容をしているのか具体的に聞いてみる

 

自分の通っていた学校の先輩が入社しているとしたら、具体的にどういった仕事内容で活躍しているのか聞いてみるといいと思います。

「同じことを学んできた先輩たちが、どう活躍されているかと言うことで、自分の能力を活かすようにつなげて考えたいので…」と付け足せば、仕事への意欲も伝わりやすいです。

また自分の提出書類を見てもらったうえで、「自分も、職場で活躍する分野がありますか?それは、どういった場面ですか?」と、具体的に、仕事内容を探るような姿勢を見せることも、意欲を感じさせ、好印象につながるのでは、と思います。

スポンサーリンク


自分が希望する持ち場で働けるのか聞いてみる

 

「御社には、こういった持ち場があると聞き、大変興味を持ちましたので、その現場にぜひ採用されるために伺いたい」という言い出しで、自分が希望する持ち場で働けるのか、丁寧に聞いてみるといいです。

会社についての予備知識があるというのは、その会社について詳しく調べたということで、意欲が伝わりますし、興味を持ったことをとことん調べたというアピールにもつながります。

やはり、会社への姿勢は、無関心ではいけません。

関心や興味を具体的に言葉に出し、自分の希望の持ち場についての逆質問は、好印象につながるはずです。

もちろん、言葉使いは丁寧に使うのは大前提です。

 

会社の活躍した内容を具体的に聞いてみる

 

「御社の利益が上がった時の、具体的な取り組みを教えてください。」と聞いてみることは、すでに会社にて活躍する意欲に満たされているという点を見せるためには、効果的だと思います。

会社のために出来ることが無いのか、会社の向上のためにするべきことはなんなのか、ということを匂わせながら質問すると、面接官にとってみたら、期待感が増すかもしれません。

しかし、あくまでも、出過ぎ感を醸し出すことが無いように伝えるようには、心がけたいです。

引く部分では引くような、チームワークを大切にするという意味で、「仲間と一緒に…」と言う言葉を盛り込むと良いかもしれません。

スポンサーリンク


やる気をアピールする逆質問

 

・入社するまでにしておいた方が良いことや、身に付けていたほうが良いスキルはありますか。

・採用していただた場合はどういった仕事内容につく可能性が高いでしょうか。

・志望部署の1日の動きについて詳しく教えていただきたいです。

・前職ではこういった仕事をしていてやりがいを感じていましたが、面接官の方々は仕事の中でどういったことにやりがいを感じていらっしゃいますか。

・研修制度が充実しているとお伺いしておりますが、○○について、もう少し詳しくお聞きしたいです。

といったように、自分のしたいことや、入社した後のイメージを聞くことで、やる気のアピールにつながります。

 

長所をアピールする逆質問

 

・体力には自信がありますが、残業を含めた勤務時間は1日どれくらいでしょうか。

・○○の資格を持っておりますが、御社ではどういった部署で活かすことができますか。

・粘り強いことが私の強みだと思っていますので、採用していただけたら、ぜひ長く勤めたいと思っています。

結婚出産後も働きたいと考えておりますが、家庭と仕事を両立させていらっしゃる女性はどれくらいいますでしょうか。

・○○が私のつよみだと考えておりますが、御社で働く上で、この資質は必要でしょうか。

というように、謙虚な姿勢で、自分の長所を交えて質問すると、自己アピールにつながります。

スポンサーリンク


労働条件や職場環境を聞く逆質問

 

・仕事の繁忙期と、どの程度まで残業が許容されているか伺いたいです。

・転勤の頻度や、エリアに関して、もう少し詳しくお聞かせください。

・前の職場では○○をしておりましたが、スキルを活かすために、更に学ぶべきことがありましたら教えていただきたいです。

・募集要項を拝見いたしましたところ、休日が他となっておりましたが、どのようにシフトを決めているのか、参考までに伺いたいです。

・前職では月に○○時間残業をしておりましたが、御社ではどの程度あるのかお伺いしてもよろしいですか。

というように、マイナスになりすぎないよう、あくまで「参考までに」「お伺いを立てる」という姿勢で聞くと良いでしょう。

 

面接で逆質問するときの例のまとめ

 

  • 入社意欲や会社への興味を人事にアピールしましょう
  • 自分のコミュニケーション力のアピールをしましょう
  • 自己PRをしましょう
  • 自分の先輩たちがどういった仕事内容をしているのか具体的に聞いてみる
  • 自分が希望する持ち場で働けるのか聞いてみる
  • 会社の活躍した内容を具体的に聞いてみる
  • やる気をアピールする逆質問
  • 長所をアピールする逆質問
  • 労働条件や職場環境を聞く逆質問

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク