嫌味を言う人の心理6つ

あなたの周りに嫌味を言う人はいるでしょうか。

嫌味を言われるのはものすごく嫌なものですよね。

それがあなたの頑張っていることだとしたらなおさらでしょう。

しかし、どうして彼らは嫌味の言うのか。

そこで今回は嫌味を言う人の心理をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


嫌味を言う人の心理

 

自分に自信がない

 

嫌味を言う人の多くが自分に自信がない人が殆どです。

見た目や性格、仕事場であれば仕事の能率など、

様々な所で彼らは自信がありません。

自身がない理由の見た目が悪い自分、性格が悪い自分、仕事が出来ない自分、そんな自分に気づいてしまうと自分に価値が無いと思ってしまう傾向があります。

なので、他人の悪い所を探して、それを相手に言う事で自分よりも下に相手を持ってきて、「自身のない自分」を「自信のある自分」に持っていくのです。
    
 

嫌味を言う人の心理として自分の間違いを認めたくない

 

嫌味を言う人は自分の間違いを認めたくなくて、結果、嫌味を言う人もいます。

内心、自分が悪いし間違っていると分かっていても、間違いを認めたりしません。

何故なら、認めてしまうと、自分がダメという事を認めてしまう事になるからです。

なので、例えば間違いをおかして、誰かに注意されたとすると「○○さんが言わないからいけない!」など他人のせいにして、結果、他の人にはまた嫌味を言っていると思われてしまうのです。

そうやって他人の嫌味をいう事で自分が間違っていると認めないで済むので、自分が正しい状態なのだという気持ちでいれるのです。

スポンサーリンク


とても弱い心の持ち主

 

嫌味を言う人は、自分を強く見せたい人が多いのです。

プライドも高く、自分はいつも強くてすごい人なのだと思っていたいのです。

ですが、実際はガラスのように脆い心を持っていて、傷つきやすく、自分をいつも守ってあげなければという信念を持っています。

なので、いつも弱い自分を守るため、相手を攻撃して嫌味を言う事で、自分が相手より強いのだと主張したがります。

嫌味を言う人は大体の人が自分を守る事に意識が向いてしまっているので、他人を思いやる心にいささか欠けています。

自分を守るために言った事なので、自分自身、嫌味を言ったという自覚もうすく、嫌みを言っても、自分を守るために言ったのだという正当性を感じているのです。

 

「酸っぱいぶどう」のキツネの心理

 

イソップ童話の「酸っぱいぶどう」という話をご存知でしょうか。

キツネが美味しそうなぶどうをみつけて、それを取ろうと必死でジャンプを繰り返すのですが、あと一歩で届きません。

諦めたキツネは、「どうせ酸っぱいに決まってる」と捨てゼリフを吐いて立ち去る…というお話です。

あなたに嫌味を言う人は、あなたが持つ若さや愛嬌、健康、学歴などの「ぶどう」を羨んでいるのです。

口から出るのは嫌味ですが、実際には、「そんな美味しそうなぶどうを持っているなんていいな」と言われているようなもの。

ポジティブに受け取っておくのもいいかもしれません。

スポンサーリンク


嫌味は自分を守る盾

 
しかし、必要以上に攻撃的な態度を取られるのは辛いものですよね。

なぜ羨むという気持ちが嫌味という言動として現れるのかというと、彼らが弱い自分を守ろうとしているからなのです。

自分はあなたのような武器を持たず、頼れる仲間にも恵まれていない…という思い込みが、あなたを打ち負かして敵を減らそうという気持ちに繋がってしまうのです。

「やられる前にやろう」精神にも近いものがあります。

自分の弱みを晒すまいと、過剰に相手を攻撃してしまうのですね。
 

構ってほしい気持ちが嫌味を言う人の心理としてある

 
いくら羨ましいからと言って、敵意をむき出しにしてあなたに飛びかかっていくわけにもいかないということは、嫌味を言う人も理解しています。

どうしても人目を気にしてしまう彼らの、あなたへの精一杯の一撃が嫌味です。

そこには、「わたしはこんなに持っていなくて不幸なんだ!だから構ってほしい!」という切ない思いも含まれています。

嫌味を言われるとカチンときますし悲しい気持ちにもなるでしょう。

しかし、彼らにも「持たざるもの」の耐え難い寂しさがあって、嫌味を言うという行動に出てしまうということを、頭の片隅にとどめておいてあげてください。

そして、いつか彼らが「自分にもこんなものがあった!」と気づいた時には、それを力いっぱい羨んであげてください。
 

嫌味を言う人の心理は複雑

 
いかがでしょうか。

毎回、嫌味を言われるのはたまったものではありません。

腹も立ちますし、もうこれ以上その人と関わりたくないとすら思ってしまうことにもなります。

そのような人とは一切コミュニケーションをとらないという選択もありますが、それではいつまでもあなたが自信が成長できません。

いくらか足掻いてみて、どうしても駄目な場合はその方法をとるといいでしょう。

歩み寄るためには嫌味を言う人の心理を理解する必要がありますので、ぜひ今回ご紹介したことを参考にしてみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク