マイペースな人の特徴・長所・仕事とマイペースな性格を直すには?

マイペースな人とは、自分の生活リズムを優先して物事を進める人のことです。

自分の時間軸で動いているため、約束の時間に遅れてしまったり、提出しなければいけないものが提出されなかったり。

多くの人は、このように「時間を守れない人」を思い浮かべることでしょう。

しかし、そういう面だけではありません。

自分の考えを曲げずに貫くような人もマイペースな人と言われたりします。

そこで今回はマイペースな人の特徴や長所についてご紹介していきます。

あなたやあなたの前の人に当てはまるかどうか確認してみてください。

またマイペースな性格を直す方法についても触れていますので、こちらも参考にしてみてください。

【目次】



マイペースな人の特徴とは

 

人から影響を受けない

 

わが道を行くのがマイペースな人です。

たとえば、職場の先輩から「その仕事はこうしたほうがもっと効率よく出来るよ」とアドバイスされたとしましょう。

先輩は自分の仕事のやり方を後輩に教えようとしたわけですが、その後輩がマイペースな性格の場合、先輩のアドバイスに従おうとはしません。

いちおう先輩のアドバイスなのですから、表面的には「わかりました」と答えながら、自分のやり方で仕事をしようとするのです。

つまり、周囲の人に左右されないというのが、マイペースな人の特徴と言っていいでしょう。

マイペースな人は自分というものがしっかり確立しており、自分の流儀を貫こうとするため、精神的に自立できているという言い方もできます。

こういう人は、人から影響されて右往左往することがありません。

ですから、たとえば何かアクシデントに遭遇し、周囲の人がパニックに陥っているような場合でも、周囲の雰囲気に影響を受けて取り乱すということはなく、自分のペースを変えずにいられるのです。

仕事でトラブルに遭遇したとしても、人に影響されず、いつもの自分を失うことなく冷静にトラブルに対処できるのが、マイペースな人の特徴と言っていいでしょう。



協調性に欠ける

 

マイペースな人は、周囲の人に合わせるということができません。

人間ですから、集団行動をする時、まったく周囲に合わせないというわけではありませんが、合わせることが苦手なのがマイペースな人と言っていいでしょう。

それは、マイペースな人が常に自分のことを第一に考えて行動するためです。

「自分はこうしたい」「これが自分のやり方で、そのやり方を変えたくない」というように、まず自分のことを考えますので、相手が自分の思うのとはちがう行動をしようとしても、それに合わせることができないのです。

集団行動が苦手なわけですが、ひとことでいえば協調性がないのがマイペースな人の特徴と言うことになるでしょう。

そのため、たとえばグループで旅行へ行ったとしても、みんなと同じ行動をすることがじょうずにできません。

自分の興味のあるものが目に入ると、ほかの人とは一人別行動をして、その興味のあるものに近づきます。

また、人と合う約束をしても、自分のペースを変えることをしないため、しばしば約束に遅刻します。

ふつうの人は「遅れたら相手に悪い」と思い、約束の時間を守るものですが、マイペースな人は自分のペースを最優先にするため、遅刻することが少なくありません。



人の目を気にしないため行動力がある

 

多くの人間は、人の目を気にして行動するものでしょう。

発言一つとっても、「こんなことを言ったら相手はどう思うだろう」ということを気にして、言いたいことも言えないということが少なくありません。

つまり、人の目を気にしながら生活しているのが、人間というものなのです。

マイペースな人は違います。

人の目を気にして言いたいこと、したいことをためらうということはありません。

わが道を行くのがマイペースな人なのですから、人のことは気にしないで行動することができるのです。

何かに挑戦したいと思ったとしましょう。

多くの人は、「でも、こんなことに挑戦したら、周りの人に笑われるかもしれない」と考えて、二の足を踏むということもあるはずです。

マイペースな人は、人のことを気にしませんから、そんなよけいなことは考えません。

そのため、「これに挑戦したい」と思い立ったら、ほかの人の目を気にすることなく、すぐに実行に移すことができます。

特別な挑戦だけでなく、日常的な行動に関しても、自分の気持ちにすなおに従って、「やりたいことはやる」という行動力を持っているのが、マイペースのな人の特徴と言うことになるでしょう。



マイペースな性格の長所とは

 

焦らされることなく常に落ち着いている

 

しっかりとした自分の軸を持っていることから、周囲の人に焦らされることなく慌てることがありません。

早く何かをしなくては、いつまでにこれをしなくてはという、時間に追われている感覚とは無縁ですから、ストレスを感じにくいというのが特徴です。

マイペースだからといって決して時間にルーズということはなく、ペース配分が上手いからこそ焦る必要を感じません。

いつでもどんな時でも余裕を持って行動ができるからこそ、精神的な余裕と安定を保つことができるようになります。

また、周りに流されるようなことがなく、自身の判断で動くことができるタイプですから、緊急事態にも動揺をすることなく落ち着いています。

そうした態度が周囲の人からは頼り甲斐があると思われるタイプで、マイペースな人と一緒に行動をすることで相手も冷静でいることができるのがメリットです。

生きているといろいろなことがありますから、まったく嫌な思いをしない、惑わされないというわけではありませんが、自分を保つための逃げ道と解決策を判断することができるのが素晴らしいところになります。



基本的に思考が前向き

 

ポジティブさが特徴でもあり、失敗を恐れることなくどんなことでもチャレンジをすることができます。

かといって自分の力量を見誤ることがなく、正確に把握することができているので、無理せず自分にできる範囲でいろいろなことを行うからこそ、さまざまなことをこなしたり身につけることができるのです。

落ち込みにくいのがいいところで、くよくよと悩んでいる時間があったら課題をクリアするための努力をしようという考えになります。

また、これをやろうと一度決めたらクリアするまで時間がかかっても諦めない強さを持っているのが特徴です。

持久力があることからモチベーションを維持しやすく、多少困難な局面になっても成功をするまで何事にも取り組んでいくことができます。

周囲の人達と協力して行っていかなければならない作業を任された場合、協調性のなさが懸念されるマイペースさですが、途中で投げ出さずに黙々と自分のするべきことをしていく姿勢は尊敬される面が大きいのです。

特に長期戦になりそうな大きな仕事の場合には、いつどんな時でも平常心を保ちつつ、その真価を発揮します。



批判されても打たれ強い

 

いろいろな人がいますから、相性の悪い相手にも遭遇することがありますし、言葉や行動を否定的に見られて批判をされてしまうこともあります。

他者から自分の悪いところを指摘されたり、ただ気に入らないからといって攻撃をされてしまうと、多かれ少なかれ精神的なダメージを負ってしまうものです。

しかし、マイペースな性格の人は、周囲の意見を受け入れつつもどう思われようと自分を貫き通せる強さを持っており、ショックを受けづらいのがいいところになります。

打たれ強く、攻撃を受け止めながらも心のクッションでダメージを軽減することができ、そういう思う人もいるだろう、けれども自分は自分だと流すことができるのです。

普通の人であれば、自分を否定されたら萎縮をしてしまうところですが、簡単には自分を変えようとしない強さがあります。

良くも悪くも頑固であり、懐も深く、忠告は受け入れつつも客観性を失うことなく、いろいろと考えた上で自分はこうありたいという筋を通すことができるのです。

誹謗中傷、やっかみや嫉妬は何のその、堂々たる姿勢を崩すことがないからこそ、敵を作ることがあっても折れることがありません。

 

マイペースな人に向いている仕事とは

 

タクシーやトラックドライバー

 

トラックやタクシーの運転手は、マイペースな人に向いている仕事のひとつです。

基本的に、どちらもひとりで取り組む仕事なので、チームワークをさほど重要視する必要がありません。

トラックであれば、積荷を運ぶための運転時間はひとりです。

各地で荷物を積みいれたり、降ろしたり確認をしたりするセクションくらいでしか、他人と関わらなくて良いですから、マイペースに働きやすいでしょう。

車内では音楽を聴いていても良いですし、ラジオを流して、自分らしくリラックスして仕事が出来ます。

休憩や食事の時間も、自分のペースで決めやすい仕事なのです。

タクシーの場合、目的地へのお客さんの送迎という点では、厳密にはひとりではありませんが、メインの業務は交流ではありません。

タクシーの場合、どのタイミングでどこを回り、どんなお客さんを担当するか、ある程度自分の裁量で調整できるため、マイペースな人が、高い実績を上げやすいという魅力もあるのです。

どちらも、必要以上に人間関係を広げなくても、十分な仕事が出来るというのがメリットです。

専門の運転資格があれば取り組めるので、就職のためにマイペースさを犠牲にする必要もありません。



ライターやイラストレーター

 

クリエイティブな仕事は、マイペースな人に向いていることが多いです。

その中でも、納品までの期間が比較的長く、ひとり作業の時間が多い、ライターやイラストレーターなどは、マイペースにこなしやすいと言えるでしょう。

決められたスケジュールまでに、指定の納品をこなすことが出来れば、どんな働き方をしても良いのです。

仕事のスタート時間も、服装も、食事のタイミングも、自分の裁量で決めることが出来ます。

週の曜日の使い方も、マイペースに調整が可能です。

まとまった休みを取って、平日も仕事をせず、その分次の週にがっつり仕事に取り組むという、臨機応変な働き方がしやすいですから、マイペースを崩さずに済むでしょう。

フリーランスで業務委託の働き方をすれば、より高い自由度を獲得することが出来ます。

また、ライターやイラストレーターの場合は、正社員や契約社員として会社に在籍し、自宅作業という選択肢を取れるパターンもあります。

そうなれば、収入や保障の面では、安定性を獲得しつつ、働き方はマイペースにすることでも、叶いやすいと言えるでしょう。



プログラマーやエンジニア

 

プログラマーやシステムエンジニアも、マイペースな人に向いている仕事です。

システムやプログラムを作るということは、人間の負担をなるべく減らして、コンピューターに代理で行ってもらえるようにすることです。

そのため、マイペースな人の方が、「こうした方がより良くなる」という、画期的なアイディアを出しやすいのです。

決まった時間で勤務をするというよりは、設定された期間内に、決められたプログラムやシステムを納品するというのも、マイペースな人に向いている理由でしょう。

臨機応変に業務内容を調整しやすいため、ペースがのったときに、いっきに仕上げられることもあります。

また、プログラマーやシステムエンジニアには、常駐案件もあれば、在宅の案件もあります。

幅広い勤務体系を選択しやすいため、マイペースな人が、自分らしく働きやすい環境を、見つけやすくなっているのです。

派遣形式で働く人も多く、短期の案件で、色々な企業を回る場合もあります。

長期的な人間関係を構築しなくて済むため、気楽に仕事に取り組みやすいケースも多いのです。

もちろん、インターネット環境さえあれば、完全在宅勤務も可能です。



マイペースな性格を直すには

 

細かく時間を確認するクセをつける

 

マイペースなことはそれ自体が悪いわけではないのですが、時には他人に迷惑をかけてしまうケースもあります。

そんな迷惑なシチュエーションの中でも最も多いのが、「時間を守らない」というものです。

マイペースな人は時間に対して大らかなため、どうしても約束の時間に間に合わず遅刻してしまうケースも増えます。

たとえば、万が一仕事上でそういった時間にルーズな一面を見せると、それが元で大きなトラブルにも発展しかねません。

そんな悪い意味でのマイペースな性格を直すためには、まず「細かく時間を確認するクセをつける」ことが重要です。

スマートフォンが普及した現在では、それを時計代わりに使っている人もたくさんいますが、それではいけません。

スマートフォンで時間を確認するためには、いちいちバッグやポケットから取り出さなければいけませんし、それでは細かく時間を確認するクセがつかないのです。

ですから、必ず腕時計を身につけるようにして、手が空いたときには常に時間を確認するようにしましょう。

マイペースな性格を直す上で、時間に対する意識を変えることは非常に重要ですので、思い当たるフシのある人はぜひ実践してみてください。



メモをとるようにする

 

一応返事はしているけど、実は全く話を聞いていないのでは…

マイペースな人に話をしているとき、あなたもそんな風に感じた経験はないでしょうか?

マイペースな性格の人は、基本的に「自分が興味のある話」しかまともに聞こうとしません。

何か説明している側が真剣にやっているにもかかわらず、ひどいときにはあくびをしたりすることもあります。

誰でも自分が真剣なときにそんな態度をとられたら、やはり腹が立つものですよね。

つまりそれは、マイペースだからのひと言では済まされない悪い一面なわけです。

そんな性格を直すためには、誰かが真面目な話をしているときに「メモをとるようにする」という方法を用いるのが効果的でしょう。

相手が話をするのに合わせてメモをとるわけですから、なかなか一語一句もらさずにとはいきません。

内容をしっかり把握して、頭の中である程度要点をまとめないことには、上手くメモがとれないのです。

つまりメモをとるようにすると、イヤでも「相手の話に真剣に耳を傾ける」姿勢が身につきます。

自分はマイペースな性格だからと開き直ってしまわずに、ぜひこの方法を使って、あなたもそんな性格を直してみましょう。



相手からの連絡をそのままにしない

 

マイペースな性格の人と連絡をとっていると、突然返信が来なくなって困ることがありますよね。

もちろん忙しいなどの理由でやむを得ないケースもあるのですが、マイペースな人は「ただなんとなく連絡を中断する」ことも多々あるため、重要な連絡を行っている場合は頭の痛いところです。

マイペースな性格のせいで相手にそんな頭の痛い思いをさせている人は、何よりもまず「相手からの連絡をそのままにしない」ことを強く意識しなければなりません。

たとえば、それほど急ぎではない連絡が入ったとしましょう。

マイペースな人なら「今すぐに返事しなくてもいいや」と思うかもしれませんが、そのままの思考ではマイペースな性格を直すことはできません。

たとえ急ぎの用件ではないとわかっていても、あえてスピーディーに返信を行うことによって、だんだんとそれが自分の中で普通になってきます。

そしてある程度の期間そうしていると、いつの間にか「すぐに返信しないと不安だ」と思えるようになってくるのです。

つまり意識して連絡を早くすることで、マイペースな性格は直せるといえます。

誰でも簡単に取り入れられる方法ですので、マイペースな自分を変えたいと思っている人は、今すぐにでも始めてみましょう。



マイペースに仕事をされたらイライラするのは当然

 

いかがでしょうか。

マイペースな人には長所がたくさんありますが、それだけではありません。

短所も少なからず存在します。

特に仕事などでは短所の部分が目立ってしまうことでしょう。

仕事が遅い、期日までに納品しなければいけないのに遅れてしまう、空気を読まず時間に遅れてしまう。

このような部分はマイペースな性格の短所と言ってもいいでしょう。

本人にとってはあまり大きな問題ではないかもしれませんが、それによって必ず迷惑を被る人がいます。

あなたがその立場であればイライラしてしまうこともあるでしょう。

無理やりマイペースな性格を矯正して、仕事ができない人から仕事ができる人に生まれ変わらせる方法も一つです。

しかし持って生まれた性質はなかなか変えることができません。

そういう場合は「適材適所」という言葉を思い出しましょう。

マイペース=仕事ができない、という考えを捨てて、マイペースな人が活躍できる場所を見つけてあげるのです。

そうすればあなたも驚くほどの能力を発揮することでしょう。

あなたもストレスがなくなりますので、とてもいい結果になります。

こうして命令ばかりするのではなく、あなたもしっかりと考えて解決するようにするとレベルが一段階上がった状態になることができますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク