自己愛が強い人の特徴6つ

あなたの周りに自己愛が強い人というのはいるでしょうか。

また、あなたは自己愛が強い人間だと自分で思うでしょうか。

自分のこういうところが好き、という人はたくさんいますが、それと同時に自分の嫌いなところもたくさんあるものですよね。

しかし、自己愛が強い人というのはそういうことがあまりないと言われています。

では、どういう人なのでしょうか。

そこで今回は自己愛が強い人の特徴をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


自己愛が強い人の特徴

 

自己愛が強い人は髪や唇によく触れる

 
これは自己愛撫と呼ばれる仕草で、自分を落ち着かせるためにすることが多いとされています。

自分自身に触れることで落ち着きを得ようとしているのです。

これだけでは、自己愛が強いというよりも心配性な人もよくする行動ですが、その頻度があまりにも高い場合、自己愛がやや高い傾向にあります。

また自己愛撫には性的な高ぶりが満たされていない、欲求不満であるといった意味合いも含まれるため、ことあるごとに自分の体に触れている人は自分が置かれている状況への不満が高いと言えます。
 

甘いものを非常に好むのも自己愛が強い人の特徴

 
チョコレートを食べたとき分泌される脳内物質は恋愛感情と似ている、というお話を聞いたことがある人はいるかもしれません。

甘いものを食べるということで擬似的に自分に向けられる愛情を補おうとすることがあります。

特に、自己愛が高い、自己評価の高い人は自分に対する周囲の扱いに対して不満を持つ傾向があるので、甘いものを摂取することで、不足している他者からの愛情を補おうとするケースが見受けられます。

また満腹になることで、他の満たされない欲求を代替的に満たした形となるため、甘いものを食べる時も大量に食べるケースがまま見られます。

スポンサーリンク


自己愛が強い人は人の話を理解しない

 

人の話を聞かない、のではなく、自分がこう考えているのだからこの人もここう考えるに決まっている、と評価しがちになるのも、自己愛が高い人の特徴です。

特に顕著なのは、ストーカー加害者などが、「被害者は自分といることを幸せに思うはずだ」と疑いなく考えているケースです。

こうした自己愛の強い人は、他人が迷惑だ、やめてほしい、と訴えたとしても、照れている、遠慮している、と考えて自分の行動を譲ろうとはしません。

何故なら、そもそも彼らは拒絶されるという可能性が元から考えられていないからです。

自分がこうしたら相手は喜ぶに決まっている、とすでに決定事項となったことを実践しているので、反抗されたり、拒否されるなど考えてはいないのです。

 

「カッコいい自分教」の信者

 

強すぎる自己愛は、周囲から見ているといささかマヌケなものです。

自己愛の強い人は、たとえ「コンビニの募金箱に10円入れてきた」といった些細なことでも、自分がしたことなら「そんな自分ってカッコいい、優しい、スゴイ!」と全肯定。

そんなところに「いやいや、わたしは500円入れてきたからね?」などと言おうものなら宗教戦争が勃発しかねません。

そんなときは一つ、その人の母になったような気持ちで、「あら、スゴイねえ」と軽く受け流すのがいいでしょう。

スポンサーリンク


取り巻きに「自分教」信者を集める

 
厄介なのがこの特徴です。

自己愛の強い人は、自分を賞賛してくれる人を身の回りに集め、それ以外の人をいわば「異教徒」として、集団で激しく攻撃するという特徴が多く見受けられます。

取り巻きの一員にもなりたくないけど、そんなことで人間関係の上での不利益もこうむりたくありませんよね。

触らぬ神に祟りなしです。

そんなときは取り急ぎ、そんな「教祖様」と「対立異教徒」、どちらのグループにも属さない静かなところに身を落ち着けることを優先してください。

どちらも馬鹿馬鹿しいと思っている一団がどこにでも必ず存在するので、諦めないでくださいね。
 

敵認定した人以外には甘え上手

 
自己愛の強い人の最大の特徴として、上役の立場の人に甘え、味方を作るのがうまいということが挙げられます。

まるで祖父母に甘えるかのように優しい上司や先輩に甘えかかり、その優しさで100パーセント自分が受け入れられていないと不安なのでしょう。

実は弱い自分を守るために「自己愛の強い自分」を演じていることも多いこのタイプの人にもし関わらねばならないとしたら、そのときには「あなたはよくがんばっていると思うよ」と距離を置きながら軽く肯定してあげていれば満足してくれます。

アマアマに見える上司や先輩も、そんなあなたと自己愛さんとの関係を案外きちんと見てくれているものですよ。

スポンサーリンク


自己愛が強いのを治すのは難しい

 

いかがでしょうか。

自己愛が強い人というのはたくさんいますし、自己満足の世界に浸っている人が多いので、

そこまで面倒だったり、大変だと感じることはあまりありません。

しかし、あまりにも自己愛が強すぎてしまうと、

周りからは煙たい存在になってしまい、好かれなくなってしまいます。

これは本人にとっても本望ではありませんよね。

なので、早急に直したいところではありますが、そう簡単にはいきません。

自己愛というは育ってきた環境などで大きく変化します。

その自分のバックグラウンドを一変させることは難しいですし、

本人が望むこともあまりません。

なので、自己愛が強い人というのは無理やり改善しようとするのではなく、

これが自分なんだ!と自信をもって自分を受け入れることです。

そして、それを理解してくれる人、何とも思わない人と付き合うことも大切です。

周りの評価に左右されることほど愚かなことはありませんので、

自分を貫いていきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク