新入社員の自己紹介の仕方のポイント4つ

新入社員が自己紹介の仕方とは、いったいどういう点にポイントを置いてするべきでしょうか。

新入社員としての意気込みを表したり、良い印象を与えるように気を付けなければなりません。

また、その自己紹介で周りからの印象やキャラ付けが一気に固定されてしまうこともあるので、気を付けたいところです。

そこで今回はそんな新入社員の自己紹介の仕方についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみて、実践できるのは積極的にやってみましょう。

スポンサーリンク


新入社員の自己紹介

 

笑顔ではっきりと自己紹介をする

 
新入社員の自己紹介の仕方として大切なのは、笑顔ではっきりとした言葉で自己紹介をするという事が大切です。

自己紹介する時には、その場にいる職場の人々の目が新入社員に対して一斉に注がれる事でしょう。

そんな時、もじもじしたり小さな声で自己紹介をしているようでは、社会人としてやっていけるのかという不安を与えかねません。

笑顔を向けるという事は、相手に対して敵意がないという事を表しています。

これから一緒にい働く同じ職場の人に対して、うまくやっていきたいという事をその笑顔で示しているのです。

そういう笑顔を向けられれば、職場の人も快く迎え入れてあげよう、分からないような事があったら教えてあげようという気持ちになります。

笑顔は敵意がないという事と好意があるという事の両方の気持ちを相手に伝える事ができるのです。

さらにはっきりとした声で自己紹介するという事は、社会人としてやっていくという気持ちを表現する事ができます。

社会人になったという事を自覚して、精いっぱい働こうという気落ちや責任を持つ立場になったという事を職場の人にアピールできるのです。

また、そのはっきりとした自己紹介を聞いている職場の人は、その挨拶を聞いて社会人としての自覚があるという事が分かるでしょう。

笑顔ではっきりと自己紹介をするという事は、これから一緒に働く事になる職場の人に、好意と社会人としての気構えを示す事が出来るのです。

自己紹介をする時にはそのポイントを外さないよう、くれぐれもきをつけましょう。

スポンサーリンク


きちんとお辞儀をする

 
新入社員が自己紹介をする場合のポイントは、自己紹介の前と後に、きちんとお辞儀をするという事です。

上司に名前を呼ばれてそのまま前に出て自己紹介を始めてしまうという事があると思いますが、その前に頭を下げてお辞儀をするようにすると、印象がずっと良くなります。

出来るだけ丁寧にお辞儀をして、その流れで自己紹介を始めましょう。

自己紹介の前にきちんと挨拶を出来るあなたを見て、職場の人はビジネスマナーが出来ているという事を確認する事ができるでしょう。

また、自己紹介の終わりにも、軽く出でもいいですから、お辞儀をして自分の席に戻るようにしましょう。

自己紹介の始めと終わりにきちんとお辞儀できるという事は、かなりポイントが高いという事です。

自己紹介をする時には、職場の人に好印象を与えるように心がけましょう。そのためのポイントとなるのが、自己紹介前と後のお辞儀をするという事なのです。
 

姿勢の良さや身だしなみに気を付ける

 
新入社員の自己紹介の仕方として、姿勢をよくするという事に注意しましょう。

背筋を伸ばして背中をぴんと伸ばして自己紹介をするのです。

背筋が伸びておらず姿勢が悪いというそんな姿で自己紹介をされても、職場の人は「この新入社員はやる気があるのか?」と疑問や不安を与える事になってしまいます。

背中を伸ばして姿勢をよくする事で、パッと見た瞬間の印象が違うのです。また、スーツ姿が乱れてないか、身だしなみにも気を付けるようにしましょう。

ネクタイが曲がっていたり、シャツがくしゃくしゃでないか、しっかりと事前に確かめておきましょう。

姿勢をよくするという事や身だしなみに気を付けるという事は、すっきりとした印象を周囲に与えます。

そういうすっきりとした新入社員は、社会人としても頼もしさを感じさせる事ができるでしょう。

スポンサーリンク


仕事に対しての意思表明を自己紹介に盛り込む

 
新入社員の自己紹介の仕方として、自己紹介の最後に仕事に対しての意思表明を盛り込むようにしましょう。

自己紹介をして自分の事を伝えた後、仕事をしっかりとしていきたいという気持ちや、社会人そして企業人としての頑張りたいという伝える様にしましょう。

新入社員はまだまだ仕事ににおいて役に立たないという事もあるでしょう。

しかし、気持ちの上では一生懸命働いていきたいという事を伝える事で、職場の人は「やる気はある」という事を理解してくれるでしょう。

また、職場の人に対して「どうぞよろしくお願い委いたします」という事を、必ず付け加えましょう。

職場の人に対する配慮が感じられて、好印象を与える事ができるでしょう。

一人前にはまだまだほど遠いかもしれません。しかし、やる気があるという事を示しておいたりきちんと挨拶しておく事で、職場の人はこれからあなたの事をサポートしてあげようという気にもなるでしょう。

仕事においてまだまだ職場の人のサポートが必要な状態の新入社員として、自己紹介に仕事に対しての意気込みを伝えるという事は、周囲の理解を得る上でも大切な事なのです。
 

新入社員自己紹介は無難がベスト

 
いかがでしょうか。

以上、新入社員の自己紹介の仕方として、いくつかのポイントをお伝えいたしました。

そのポイントを外さないようにして、印象の良くなる自己紹介をするように心がけましょう。

とはいっても無理があるような自己紹介はあまりお勧めできません。

冒頭でもお伝えしましたが、それが自分が望まないキャラになってしまったり、印象を与えてしまえば後で面倒なことになり、仕事を辞めたいと思うキッカケにもなってしまいます。

仕事がしっかりとできる社員であれば、自己紹介が普通であっても、印象は抜群によくなりますし、一目置かれる存在にもなります。

新入社員にとって自己紹介はとても大切なのはもちろんわかりますが、気合を入れすぎるのも考えものです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク