穏やかな人に向いてる仕事9つ

あなたは自分の性格を穏やかだと思っていないでしょうか。

そんな人ほど他の人と競争する仕事に対して苦手意識を持っているものです。

例を挙げるなら、営業職がすぐに思い浮かぶことでしょう。

では、性格的に穏やかな人はどのような仕事が向いているといえるのでしょうか。

そこで今回は穏やかな人に向いてる仕事についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


穏やかな人に向いてる仕事

 

穏やかな人に向いているのは接客業

 

穏やかな人に向いている仕事は、接客業です。

例えば、デパートの販売員や、レストランのウェイトレスなど、人と接する仕事に向いています。

お客様と接する接客業の仕事は、感情が激しい人には向いていません。

お客様と接する時、ちょっとしたことで、感情が乱れることもあります。

こちらがちゃんと説明しても、相手には通じずに怒鳴られてしまうこともあったりします。

そういう時、穏やかな人は感情的にならずに、きちんと業務をこなすことができるのです。

そういう落ち着いた、穏やかな人の態度は、お客様から見てもとても好ましく感じられます。

穏やかな人というのは、何かとトラブルが多い接客業にピッタリな人です。

安定した仕事ぶりで、周囲を安心させることができるでしょう。

 

穏やかな人には介護職がぴったり

 

穏やかな人というのは、介護職の仕事に向いています。

介護の仕事の現場は、想像以上に大変です。

ハードな仕事で疲れ切ってしまい、つい誰でも感情的になってしまうことがあります。

しかし穏やかな人というのは、もともとの性格がきつくないので、そういう仕事場でも気分が荒れてしまうっことが少ないのです。

もちろん本人は、イライラッとすることもありますが、それが態度に出ないのです。

介護職で接する相手の人は、時にはこちらの誠意が伝わらなかったりします。

それでも淡々と仕事をすることができるので、まさに介護職にピッタリな人といえるのです。

スポンサーリンク


穏やかな人は保育士に向いている

 

穏やかな人に向いている仕事のひとつに、保育士という仕事があります。

子供と接する保育士は、その穏やかな性格が、子供にとって良い影響を与えるのです。

保育士が感情的な激しい性格だと、子供が保育士の顔色を窺ったり、びくびくしてしまったりします。

そういう環境は、子供にとって決していい環境とは言えないのです。

子供が健やかに成長するためには、伸び伸びと過ごすことができる環境が必要です。

穏やかな保育士と過ごすことによって、子供も保育士に心を開いて、信頼関係を築くことができるのです。

穏やかな人には、保育士という仕事は、とてもおすすめなのです。

 

幼稚園や保育園の保育士

 

穏やかな人は、人に対して物腰の柔らかい対応ができる人が多いです。

今では「モンペア」という言葉があるように、子供や児童を預かる仕事でも、親である大人の介入が多いことが多く、それにうまく対処できる人材も必要とされそうです。

そういった面で、物腰が柔らかい人は、うまく対処でき、活躍できる要素がありそうです。

そういった場と言えば、保育士の職場であると思います。

親云々の前に、子供自身が、可愛い反面、憎たらしかったり、生意気だったり、ということも多いはずです。

それに対していちいち怒ってばかりいては仕事になりません。

子供へのイライラを感じやすい人は保育士は無理です。

穏やかなイメージの人が保育士に多いのも頷けます。

スポンサーリンク


直接クレームを受けることもある接客業

 

穏やかな人は、人に何を言われても気にしないような才能の持ち主です。

その才能を活かす場面と言ったら、やはり接客業でしょう。

直接、見ず知らずの人を相手にすることも多いですから、すぐに怒る人では勤まりません。

営業さんやクレーム処理係も同じように、何を言われるかわからない人を相手にするのですから、そういった才能が無いと無理と言えます。

デパートの受付や、スーパーのレジでも、どんな相手が来るのかわからない接客業は、ある程度人からの攻撃を麻痺して受け止めることができるような穏やかな人には、向いている仕事と言えそうですね。

 

究極の接客業ともいえる看護師

 

同じ、直接人を相手にする職業でも、接客業と別格にあるのが看護師さんであると思います。

営利目的の接客業でしたら、ある程度、仕事と割り切って、仕事中は自分を押し殺し、我慢ができる部分もあるかもしれませんが、看護師さんは、またちょっと変わってくるでしょう。

看護師さんが、人に尽くすという意味では、究極の接客業という考え方もできますが、なによりも、慈善的な気持ちも必要です。

そんな看護師の仕事は、他の接客業と違って、仕事だからと割り切れない部分も多く出てくるでしょう。

病人や弱っている人に、気持ちを逆なでするようなところがあっては、仕事にならないでしょう。

強さも必要ですが、穏やかさも持ち合わせていないと、看護師という仕事はこなせないでしょう。

スポンサーリンク


綺麗な花を素的に売る花屋

 

性格が穏やかな人が向いてる仕事は、花屋さんです。

性格が穏やかな人は音があまりせず、時間内に仕事をこなすハードな仕事は向いていません。

だから、クラッシックが流れるようなお店でのんびりと花を相手にした仕事が向いているのです。

綺麗な花は心を穏やかにしますから、このタイプの人にぴったりです。

音を立てないし、言葉を発しない花々を見ているだけでも落着きます。

優しい性格の人が多いので、花を贈る人の気持ちになってブーケを作ったり、花束を作ることもできます。

お客様にも優しく接待ができ、人気の販売員になれるでしょう。

 

静かな店内で働ける本屋

 

穏やかな人が向いてる仕事は、本屋さんです。

本屋はとっても静かです。

たくさんの棚にはこれまた言葉を発しない本がズラリと並びます。

人が大勢来てバタバタとすることもなく、とても静かな店内で仕事をすることができます。

仕事は本を綺麗に並べたり、お客さんにお金を貰って綺麗に本を袋に入れます。

お釣を渡して「有難う御座いました」と二言、三言で終わります。

たまに本の説明をしたり、入荷する本のことを聞かれたりはします。

来るお客様はとても静かな人ばかりですから、穏やかな人も安心して働けるお仕事です。

スポンサーリンク


保育園の先生やガードマン

 

穏やかな人が向いてる仕事は、女性なら保育園の先生です。

心が穏やかな人なら、ワイワイとはしゃいではいたずらまでする子供達がいても酷くイライラしません。

逆に穏やかに叱ることができ、子供にも親も安心できます。

ビービー泣いている子供も子守唄を歌っては根気良く落着かせることもできます。

男性ならガードマンです。

ガードマンはカッカする人には危険です。

でも、穏やかな人は車の誘導も丁寧にできます。

ずっと立っていることも多い仕事ですが、それも根気のある穏やかな人ならできます。

ほとんど現場では1人で立っている仕事ですから、ほとんど人と話すこともないので、あまり喋りが得意ではない男性にぴったりです。

 

穏やかな人に向いてる仕事のまとめ

 

  • 穏やかな人に向いているのは接客業
  • 穏やかな人には介護職がぴったり
  • 穏やかな人は保育士に向いている
  • 幼稚園や保育園の保育士
  • 直接クレームを受けることもある接客業
  • 究極の接客業ともいえる看護師
  • 綺麗な花を素的に売る花屋
  • 静かな店内で働ける本屋
  • 保育園の先生やガードマン

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク