お金を増やす方法9つ

お金を増やしたい・・・。

そんな気持ちを持つ人は少なくありません。

誰もが自分の資産を増やしたいと思っているけれどもどうすればいいのかわからないものですよね。

そこで今回はお金を増やす方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


お金を増やす方法

 

ノーリスクなら銀行預金!

 

みなさんの働いて得た給料や他の様々な方法で得たお金はそのほとんどが銀行預金へとそっくりそのままに入っていると思います。

お金を増やすのに全くのノーリスクで挑みたいならその銀行預金が一番手っ取り早いです。

ただし、ノーリスクというのは銀行の保証がある1千万円までの話です。

なので、1千万円以上でも、一行ではなく、他の銀行に預金をすると安全にお金を増やせます。

しかし、銀行預金というのはリスクが無いだけにリターンも微々たるものです。

こんなほんとちょっとのリターンでお金を増やしたと言えるのか?という方は次の方法ではいかかでしょう。

 

年利5%を目指して投資開始!

 

日本とは違いアメリカなどでは銀行預金よりも投資に回す人の方が多い、なんてこともよく聞く話かとおもいます。

投資というのはギャンブルではありません。きちんとした資産運用です。

しっかりとリスク管理をしていれば滅多なことにはまずならないと考えていいです。

さて、見出しには年利5%と書きましたが、これがどういった利率なのかと言いますと、投資の利率としてはほぼ低リスクと中リスクの間にある利率です。

みなさんは5%と聞いて低いかと思われるかと思いますが、投資というのは本来そういうもので、年5%を出せれば優秀な方だと言えます。

たとえば2000万円を年利5%で回したとすると、年間で100万円の不労所得を得ることができるのです。

投資の世界は上を見ると凄まじい成績を残す人物ももちろんいます。ちなみに、世界一の投資家の年利は21%だと言われています。

スポンサーリンク


超ハイリターン?ギャンブルの魅力

 

年5%なんてお金を増やした気にならないよ!という方にはこちらです。

この世界にはハイリスクハイリターンの原則というものがあります。

ギャンブルとはまさにその言葉そのもので、数秒で資産を倍にすることも可能です。

しかし、ギャンブルというものは基本的にプレイヤーは勝てないようにできています。

そこで、勝てないまでも一・二度の短期決戦、運勝負を挑んでお金を増やす!という方法があります(何度も勝負をすると必ず負けます)。

その場合の目安となるのが控除率、いわゆるテラ銭と呼ばれるもので、ギャンブルの種類ごとに胴元の取り分は決まっているのでそれを調べると勝率を少しでもあげることができます。

最初に言いました通り、かなりのハイリスクなのでお金を堅実に増やすという目的の方にはあまりおすすめ出来ないです。

 

給料アップには時間がかかる

 

お金を増やす一番の方法は、今の収入を増やすことです。

そうはいってもそれほど簡単ではなく、不況が長引く日本ではベースアップも低いですね。

スキルアップをしたところで、そのスキルを会社に認めてもらうのもそう簡単ではありません。

自分の能力に見合った給料がもらえていないと感じるのなら、一番は転職をすることです。

転職の際には、雇用前に賃金交渉をすることも重要です。

「そんなことが出来るの?」と思う人もいるでしょう。

同程度の能力を持っている人が2人いたとすれば、自分の能力に自信のある人、ない人どちらを会社側は雇いたいと思いますか?

お金を増やすためには、毎月の賃金が少しでも多いことは重要ですので賃金交渉が有効な方法なのです。

スポンサーリンク


支出を減らすこともお金の増やし方

 

自分の能力に自信がない、ベースアップも期待できない、そんな中お金を増やすための簡単な方法は、支出を減らすことです。

支出を減らす方法はどの程度の収入の人で実践できて、毎月の積立額を増やすことの出来る方法です。

とはいっても、手間もストレスもかかる節約はオススメしません。

一番の支出を減らす方法は固定出費を減らす方法です。

今加入している保険の見直し、今住んでいるマンションの住居費の見直し、有料で加入しているサービスに無駄がないか、通信費の削減など一度手続きをすれば自動的に支出を減らすことが出来るメリットがあります。

浮いたお金で貯金をしてもいいですし、自分のスキルアップに投資をして転職を検討するのも良いですね。

 

お金を増やすためには投資の勉強も

 

貯蓄から投資へ、と言われるように現在は政府の政策で投資に対する優遇措置もあります。

NISAや確定拠出年金がそうですが、利益に対しての税金がかからない制度です。

初心者がいきなり株の売買をすることはハードルも高いのですが、まずは投資の勉強をしてお金を増やす方法を学んでみることです。

簡単にお金を増やすことができるわけではありませんが、高配当の株式を購入したり将来に向けてじっくり増やすなら低コストの投資信託の積み立てもいいですね。

若いうちにお金の勉強をすることで、労働以外にもお金を増やす方法があるということを知ることも大切ですね。

スポンサーリンク


基礎編・節約すること

 

まずは今までの生活を見直してみましょう。

あなたは本当に無駄遣いをしていないと言い切れるでしょうか。

特に食費や光熱費、交際費などは節約をしようと思えばどんどんカットできる部分です。

例えば、今まで毎日ペットボトルを自販機で買っていたのを家からお茶を作って持っていくなどするだけで、数千円の節約につながります。

自分がどのようにしてお金を使っているか、どの部分を削れるかということを見極めた上でそこをカットすると、自然とお金は貯まっていきます。

もしくは前もって節約する金額を設定し、その分だけ別口座に給料が出たら入れてしまえば無駄遣いすることはありません。

 

時間がかかる編・投資

 

もう1つは、一気にお金を作りたいという方にはぴったりなものです。

それは投資です。

ただし、投資はいきなり手を出したら失敗するというパターンの方が多いですから、ある程度勉強をしてからしかるべきステップを踏んで投資するのがベストです。

例えば不動産投資、それに株やFX、デイトレードなど、様々なお金の増やし方があります。

まずは小額からもうけを増やしていき、それでうまくいったら徐々に金額を上げて投資していくというようにすれば、うまくいくとかなりのお金をふやすことができます。

いくつかの投資方法をトライし、自分に合ったものを見つけるのが先決です。

スポンサーリンク


努力する人編・副業をする

 

単純に仕事を増やせば収入は増えます。

ですが、メインの仕事が忙しくて時間がないという方、副業が会社で禁止されているという方はたくさんいます。

そういった方は家でできる「副業」をするのです。

今はネット社会ですから、ネットがある環境であればいつでも仕事ができます。

例えば、簡単なのはオークションです。

不要な物を売ってお金にするので、掃除にもなります。

さらに、クラウドソーシングは、ネットの中の派遣仕事という感じですから、仕事は選べますし、自分の特技を生かすことだってできます。

どちらも年間103万円以上稼がなければ所得税はかからず儲けがそのまま貯金となります。

 

お金を増やす方法のまとめ

 

  • ノーリスクなら銀行預金!
  • 年利5%を目指して投資開始!
  • 超ハイリターン?ギャンブルの魅力
  • 給料アップには時間がかかる
  • 支出を減らすこともお金の増やし方
  • お金を増やすためには投資の勉強も
  • 基礎編・節約すること
  • 時間がかかる編・投資
  • 努力する人編・副業をする

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク