お金を借りる方法9つ

あなたはお金を借りる経験をしたことはあるでしょうか。

単純に100円、1000円程度を借りるぐらいなら誰もがあるかもしれませんが、金額が大きくなると、なかなか借りる方法もちゃんと考えなければいけなくなります。

知識がないままお金を借りてしまったら後々大変な目に合ってしまうこともあるので、やはり事前にある程度知っておくべきことは知っておく必要があるでしょう。

そこで今回はお金を借りる方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


お金を借りる方法

 

両親や兄弟姉妹、友人からお金を借りる

 

お金に困った時に一番頼りになるのが両親です。

初めてなら断られる事も少ないですし、利息を併せて返済しなくても大丈夫である事が多いです。

もし両親が近くに居なく頼れる状況ではないと言う時は兄弟姉妹からお金を借りると言う方法があります。

しかし兄弟姉妹が居ない、仲が悪くて貸してくれそうもないと言う時は難しいです。

そんな時は友人からお金を借りると言う方法がありますが、それが原因で仲違いに発展する事があります。

口約束だけでお金を借りているとさらにトラブルに発展しやすいため、友人からお金を借りるのはなるべく避けたほうが良いです。

 

キャッシングやカードローンからお金を借りる

 

誰からもお金が借りられないと言う時に便利なのがキャッシングやカードローンです。

保証人や担保不要でお申し込みが出来る為、保証人になってくれそうな両親や兄弟姉妹が居なくても大丈夫です。

担保になる財産が無くてもお申し込みする事が可能です。

最近ではインターネットで24時間365日お申し込みが出来るようになりました。

即日融資が可能なキャッシングやカードローンも多く急ぎでお金が必要な時にも便利です。

その代わりに審査に合格しないとお金を借りる事は出来ないです。

お金を借りた後は当然返済する事が必要ですが、もし返済期日までに遅れが生じると遅延損害金を請求される事があるので注意して下さい。

スポンサーリンク


質屋に質入れしてお金を借りる

 

キャッシングやカードローンの審査に不安がある時に便利なのが質屋です。

質屋は品物を質入れするとその価値に応じた融資が受けられると言うのが一番の特徴です。

店頭で品物を査定しその場で融資と急ぎの時でも大丈夫です。

品物さえ持っていれば審査を受ける必要はないです。

質入れした品物は3か月の期限内に返済すれば戻ってきます。

3か月以内では厳しい時は利息だけ支払すると延長して貰えます。

万が一返済出来なくなっても質入れした品物が質流れとなるだけです。

どうしても必要な品物であれば質流れした後に買い戻すと言う方法があります。

その代わりにブランド品や高級腕時計など価値のある品物を持っている事が必要です。

 

少額融資、一括返済ならキャシング

 

個人でお金を借りるにも現在様々な方法があります。

では借入を行うに当たってどの方法を選べば一番良いのでしょうか?

まずお金を借りる理由によってその方法も異なります。

今月どうしても生活するためのお金が足りない、病気になってしまったので一時的にお金がいる、などの場合キャシングでお金を借りてはどうでしょう?

キャシングはクレジットカードに付随した小口の短期融資で、1万円単位から借りることが可能です。

借入をした翌月に一括で返済するのが基本となっているので、翌月に返済できる少額借入の場合利用しましょう。

クレジットカード作成時にキャシング機能を付随した方なら銀行やコンビニのATMから利用出来ますので簡単に借入可能です。

スポンサーリンク


大口融資もしたいならカードローン

 

カードローンはクレジットカードのキャシングと違い最大数百万単位まで借入出来るため大口融資も可能です。

返済方法はリボルビング払いが基本で、キャシング同様生活費が足りない場合などの少額でも利用可能となっています。

カードローンを利用するにはまず審査に通る必要があります。

各消費者金融や銀行の窓口やネット、電話で申し込みをし、審査に通れば借入可能です。

審査を申し込む際にはまず本人確認が出来る書類を準備します。

免許証やパスポートなど顔写真が付いたものがベストです。

次に必要なのは収入証明書です。

源泉徴収票や所得証明を準備しておきましょう。

審査に通ればATMなどから利用可能です。

 

車や住宅の購入なら銀行融資

 

生活費などですぐにお金を借りたいのならキャシングやカードローンで十分ですが、車や住宅の購入、子供の教育費で急を要さず大口で融資を受けたいのなら銀行で融資をうけましょう。

車の購入はマイカーローン、住宅の購入なら住宅ローンと専用の借入方法が用意されています。

分割返済が基本で利率もカードローンなどに比べて低く設定されていますが、審査方法は当然カードローンなどより厳しく設定されています。

審査するに当たり勤務先、勤務形態、勤続年数が調べられます。

他に借入がないかも調べられ、借入がある場合は返済が滞ったことがないか厳しくチェックされるでしょう。

審査にはそれ相応の日数が必要なのでギリギリで申し込まないように注意して下さい。

スポンサーリンク


カードローン・消費者金融などを利用する

 

お金を借りる時、カードローン・消費者金融を利用すれば今自分が手元に欲しい分のお金を借りることができます。

スマートフォンでの審査や利用が可能なのでとても手軽で、また即日利用可能なサービスなどもあるので、急に現金が手元に必要になったような時にも良いでしょう。

ですが、カードローン・消費者金融も借りられる額に限度があるので注意です。

正社員ではなくアルバイト生活の人や契約社員の人であれば借りられても借りられる額は少なく、希望額は借りられないかもしれません。

きちんと返済できるかどうかも考え、今自分に本当に必要なのはいくらなのかを把握し、無理なく借りることも必要です。

 

ブランド品を質屋に入れて借りる

 

お金を借りる時、カードを作ったり借金したりするのはちょっと・・と思う人であれば、自分の所有物の中にブランド品はないかを確認してみましょう。

ブランド品も価値のあるものであれば、そのブランド品を質屋に入れることでお金が借りられることもあります。

お給料日などがきてお金が手元に入れば、その時に質屋に借りたお金を返してブランド品を返してもらえればいいので、借金するよりも気持ちも楽でしょう。

手元にお金が入り、質屋から借りた額を返すまでは大事なブランド品も手元に戻りませんから、取り戻すためにもお金を返すことを忘れずに済み良いでしょう。

スポンサーリンク


情を利用して友達や親から借りる

 

お金を借りる時、いつまでに返せるかはっきりと期限を決めるようなことができないような場合もあります。

ですからこういった時は親や友達といった信頼関係をもとにお金を借りても良いでしょう。

今までのよしみや情から借りることができる可能性も高いです。

ですが、必ずきちんと返済するということが大事です。

返さないまま行方をくらましたり、連絡がつかないようなことをしてしまうと信頼関係や絆が壊れるだけでなく、今後一切助けてもらえなくもなります。

情を利用してお金を借りる時は、そういったことも踏まえて借りるようにしましょう。

 

お金を借りる方法のまとめ

 

  • 両親や兄弟姉妹、友人からお金を借りる
  • キャッシングやカードローンからお金を借りる
  • 質屋に質入れしてお金を借りる
  • 少額融資、一括返済ならキャシング
  • 大口融資もしたいならカードローン
  • 車や住宅の購入なら銀行融資
  • カードローン・消費者金融などを利用する
  • ブランド品を質屋に入れて借りる
  • 情を利用して友達や親から借りる

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク